MSI GS60 2PE-040JPの実機レビュー(PR)(2)

更新日:2014年6月27日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時でもやや動作音が聞こえます。高負荷時も、他のノートパソコンと比べて騒音値は高めです。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

本製品はダブルの冷却ファンを搭載していますが、薄型ボディにGeForce GTX 870Mという高性能なグラフィックスを搭載している影響で、ゲームプレイ時のGPU温度が高いです。夏場などは、エアコンの風が当たるような場所に本体を置いたり、長時間のプレイは避けたりしたほうが良いと思います。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

低負荷時は普通の温度です。ゲームプレイ時はキーボード上部がやや熱くなりますが、指先はそれほど不快ではありません。ただし、裏面はかなり熱くなります。膝の上にPCをのせてゲームをするのはやめたほうが良いです。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。

高性能グラフィックス、CPU、高解像度液晶を搭載している影響で、消費電力は高めです。


外観のチェック

外観のチェックです。

ボディにはマグネシウム・リチウム(Mg-Li)合金を採用しています。ヘアライン加工が施された黒いメタリックなボディに、赤いドラゴンのロゴをあしらったデザインはカッコいいと思います。

 

天板です。

 

電源ボタンとスピーカーです。

 

アクセスランプの画像です。

 

フラットな底面です。

吸気口近くには、柔らかいシートのようなものが貼られています。表面への熱を伝わりにくくするためなのか、衝撃を吸収するためなのかは分かりません。

 

ACアダプターの画像です。大きいですが薄型です。

ACアダプターの容量は、150W(19.5V, 7.7A)です。

 

側面のポートです。USB3.0、HDMI、Mini-DisplayPort、LAN、メモリカードスロット、マイク、ヘッドホンなどがあります。光学ドライブは搭載していませんのでご注意ください。

 

液晶が開く角度です。

 

外箱にもこだわっており、オシャレなデザインです。

 

PC用ケースも付属しています。

まとめ

以上が、MSI GS60 2PE-040JPのレビューです。

GeForce GTX 870Mという高性能なグラフィックスを搭載しながら、薄型・軽量な15.6型ノートパソコンです。

液晶画面も見やすいですし、キーボードも打ちやすいです。

また、SSD RAID、4スピーカー+サブウーファー、金メッキのオーディオジャック、Killer LANと細部にまで高性能なパーツを用いています。

筆者が知る限り、2kgを切るノートパソコンとしては、最も高性能な製品ではないかと思います。

ただし、高い負荷をかけると、GPU温度が高かったです。薄いボディに高性能グラフィックスを搭載しているため、ここは仕方のない部分だと思います。夏場は冷房が効いている部屋でゲームをするとか、長時間はプレイしないとか工夫をしたほうが良いかと思われます。

また騒音値もやや高めです。ヘッドホンをしていれば気になりませんが、していない場合はゲーム中に少し気が散るかもしれません。

詳細はこちら
製品情報:マイルストーン(GS60 2PE-040JP)
販売店:Genkibuy.com