会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ideapad S540

レノボ ideapad S540 の特徴

更新日:2019年4月26日
CPU Core i5-8265U
Core i3-8145U
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.8kg
バッテリー 約17.3時間
価格[税別] 5万円台
コスパ最強の15型ノートPC

ideapad S540は、とにかくコストパフォーマンスが高い15.6型のノートPCです。

第8世代Core i5、フルHD IPS液晶、8GBメモリ、256GB SSDという鉄板構成で、税込み7万円台と、他にはない安さです。

第8世代Core i3、4GBメモリの構成なら、税込み5万円台という価格の設定ミスかと思うくらいに安いです。

安いだけでなく、薄型のアルミボディなので、15型としてはコンパクト、かつ軽量に仕上がっています。

非常に満足度の高いPCとして、人気機種になりそうです。

公式サイトはこちら

目次

お忙しい方は、「ideapad S540の特徴」のみお読みください。

ideapad S540 の特徴

類を見ないコスパの高さ

ideapad S540は、スペックの割に価格が安く、コスパが非常に高いノートPCです。

15型のノートPCだと、過去には、レノボのideapad 520という、フルHDのIPS液晶、第8世代Core i5、256GB SSDで約8万円(税込)のコスパ最強の15型ノートPCがあり、当サイトでも実機レビューを行っていました。

しかし、ideapad S540は、フルHDのIPS液晶、第8世代Core i5、512GB SSDの構成で約8万円(税込)とさらにコスパが高くなっており、他では見たことがないほどです。

また、もう少し価格を抑えたければ、フルHDのIPS液晶、第8世代Core i3、256GB SSDの構成で5万円台半ば(税込)のモデルもあります。一般的な軽作業であれば、こちらでも十分のスペックで、驚きのコスパの高さです。

価格の割に性能が高く、お得なPCを探しているのであれば、これ以上のPCはなかなか見つからないと思います。

 

フルHDのIPS液晶搭載

価格を抑えたPCは、HD液晶だったり、フルHDであっても視野角の狭い液晶を搭載することで、コストダウンが図られていることが多いです。しかし、ideapad S540は、価格がぐっと抑えられたPCなのに、フルHDのIPS液晶を搭載しています。

とにかく、この価格でフルHDのIPS液晶を搭載しているのは、セールスポイントの一つです。

液晶の詳細については、「液晶ディスプレイのチェック」の部分をご覧ください。

 

15型でも2kgを切る軽量さ

ideapad S540の質量は、約1.8kgと15型PCとしては軽量です。そのため、車での移動などで重さを気にしないでよければ、十分持ち運びにも対応できます。また、宅内モバイルとして、家の中や社内で移動するといった使い方にも適しています。もちろん、軽量であれば取り回しがしやすくなるので、持ち運びしない場合でもメリットがあります。

以前は、15型ノートと言えば、光学ドライブを備え、質量も重めだったので、持ち出しには適していませんでした。しかし、最近では比較的コンパクトで軽量な15型ノートPCが増えてきました。ideapad S540も、そんなトレンドに合わせた軽量なPCとなっています。

 

バッテリー駆動時間が長い

ideapad S540は、バッテリー駆動時間が約17.3時間と長いです。大きめの液晶を備えている15型ノートとしては、かなり長い駆動時間のPCだと思います。電源レスでの使用をかなり意識した構成となっています。

さらに、高速充電にも対応しており、約1時間で80%まで充電することが可能です。

 

メモリの増設は基本的には不可

ideapad S540は、基本的にはメモリの増設ができません。

Core i3搭載モデルは4GBのオンボードメモリとなっており、メモリスロット数は0(空き0)となっています。

Core i5搭載モデルは4GBのオンボードメモリの他に、メモリスロットが1つあって、そこに4GBのメモリが刺さり合計8GBとなっているようです。1つのメモリが換装可能かは後日確認してみます。

メモリの容量を考慮すると、長く使用するのであればメモリが8GBのCore i5搭載モデルの方がいいと思います。

 

光学ドライブは非搭載

ideapad S540は15型のノートPCですが、光学ドライブは搭載していません。それ以外は、USBポート、USB Type-Cポート、HDMIを備えており、標準的な構成です。また、フルサイズSDカードリーダーを備えているのも、地味に嬉しい構成です。

前述したように光学ドライブは搭載していませんが、最近では光学ドライブを使用する頻度がかなり減ってきたので、問題はないでしょう。たまに光学ドライブを使うのであれば、外付けの光学ドライブがかなり安く入手できるので、準備しておけば対応できます。

インターフェイス

 

液晶ディスプレイのチェック

ideapad S540は、フルHDのIPS液晶を搭載しています。

解像度は、15.6型のノートPCとして標準的です。IPS液晶なので視野角が広く見やすいです。

FHD・IPS液晶搭載

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

ideapad S540は、テンキー付きキーボードを備えています。また、バックライトも付いているので、薄暗い場所でもキー入力がしやすいです。

下の写真はUSキーボードですが、テンキーはサイズがやや小さくなっています。日本語キーボードも同様だと思われます。また、エンターキーが上のキーとくっついているのを見ると、日本語キーボードでも、エンターキーと左隣の「む」キーがくっついているideapadでよくある作りになりそうな気がします。これまでと同様で見た目が気にならないのであれば、使い心地にはそれほど影響はないと思います。

タッチパッドは大きめで、操作がしやすそうです。

パームレストの右端には指紋センサーを搭載しており、指紋を登録しておけば、Windowsへのログインが簡単になります。

キーボード

 

パフォーマンスのチェック

ideapad S540は、第8世代のWhiskey Lake-Uプロセッサーを搭載しており、Core i5とCore i3を選択することができます。Core i5は、オフィスワークのような作業に加えて、趣味で行う写真や動画のライトな編集のような作業であっても十分に対応できます。いろいろやってみたい場合は、Core i5搭載モデルがいいでしょう。

Core i3も処理能力は決して悪くないです。オフィスソフトの使用やWeb閲覧、動画の再生などであれば、十分快適に使用できます。軽めの作業しかしなければCore i3がおすすめです。

CPU性能の目安
~ CINEBENCH R15 マルチコア ~
Core i7-8565U 602
Core i7-8550U 580
Core i5-8265U 542
Core i5-8250U 536
Core i3-8145U 340
Core i3-8130U 313
Celeron N4100 229
※緑色のバーが、本製品で選べるCPUです
※スコアは他のPCで計測した代表値です
※実際の製品で計測したわけではありません

 

外観のチェック

ideapad S540のボディは、薄型のアルミボディで、カラーはミネラル グレーです。

この価格帯のPCでアルミボディというのはポイントが高いと思います。Lenovoのロゴも端にあって控えめなのが好印象です。全体的に派手ではありませんが、チープさは感じません。

シンプルな背面

 

下の写真のように、ディスプレイはフラットになります。画面を好みの角度に調整できるので、使いやすいです。

フラットになるディスプレイ

 

まとめ

ideapad S540は、驚くほどコストパフォーマンスが高い15型のノートPCです。

ただ価格が安いだけでなく、CPU、ストレージ、液晶といった基本的な構成のスペックが高いです。さらに、比較的コンパクトで軽量なボディなのに、バッテリー駆動時間がとても長く、隙が見当たりません。

サイズと質量からしてモバイル専用機ではないものの、取り回しがしやすく、重さとサイズが気にならなければ、持ち出すこともできそうです。様々な状況での使用にマルチに対応でき、快適に作業を行うことができるでしょう。

コスパだけでなく、完成度も高いPCなので、多くのユーザーにおすすめです。

コスパ最強の15.6型ノートPC

ideapad S540

特徴

  • 他に類を見ないコスパの高さ
  • 15型の割にコンパクトで軽量
  • フルHDのIPS液晶搭載
  • 最大約17.3時間の長いバッテリー駆動時間

こんなあなたに

  • コスパの高い15型ノートが欲しい
  • 15型ノートでも取り回しがしやすい方がいい
公式サイトこちら

 

後日、実機レビュー予定

後日、実機でのレビューを予定しています。記事公開後、通知しますので、よろしければブックマークや、twitterfacebookでのフォローをしていただけると、嬉しいです。

 

関連ページ