会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > YOGA 330

レノボ YOGA 330の特徴

更新日:2018年5月15日
CPU Celeron N4000
メモリ 4GB
ストレージ 128GB eMMC
液晶サイズ 11.6型
液晶種類 1366x768 マルチタッチ
質量 約1.25kg
バッテリー 約10.5時間
価格 41,900円(税込)~
安価な11型のコンバーチブルPC

YOGA 330は、"安さ"が特徴のコンバーチブル型2 in 1 PCです。

購入しやすい価格でありながら、Celeron N4000、128GB eMMCと最低限必要なスペックは備えており、質量とバッテリー駆動時間もまずまずです。

ネットやメール、動画再生などを気軽に外出先でも行いたい方に適しています。

ディスプレイは、HD(1366x768)となっており、解像度は低いですが、画面が大きくはないので、HDでも十分かと思います。ただ、狭額ベゼルではないので、11型の割りには筐体はそれほど小型ではありません。

アクティブ静電ペンには非対応です。また、構成のカスタマイズはできませんし、Microsoft Office付きのモデルもありません。

公式サイトはこちら

YOGA 330の特徴

コスパが高い

価格が安いPCの多くは、ストレージがHDDであったり、容量の小さなeMMCであったりすることが多いですが、YOGA 330は128GB eMMCを搭載しながら、41,900円で購入できます。他の類似機種と比べても、コスパは高いと思います。

CPUはCeleron N4000ですし、メモリも4GBなので、負荷の高い作業はできませんが、Web閲覧、動画鑑賞などの軽めの作業であれば、それほどストレスなく使用できそうです。ハイスペックではありませんが、安く、そこそこ快適に使用できるPCが欲しい方に向いています。

ストレージはeMMC

YOGA 330のストレージは、128GBのeMMCです。HDDよりも高速での起動とデータの読み書きが可能です。SSDよりも耐久性と読み書き速度が劣るものの、価格を抑えつつも、快適な使用ができるという点で、ちょうどよいストレージと言えそうです。

容量も128GBあるので、今後Windowsのアップデートを行っていくとしても、問題ないでしょう。ただ、たくさんのデータを保存することはできません。必要に応じて、SDカードや外付けHDDを使用すると良いでしょう。

ディスプレイはHD

YOGA 330のディスプレイの解像度はHD(1366x768)です。現在の主流はFHD(1920x1080)であるため、比べると見劣りするかもしれませんが、写真や動画の画質にこだわらず、複数のアプリを同時に表示して使うといったことが無ければ、HDでも十分だという方も少なくないと思います。

自在に変形可能

YOGA 330は、コンバーチブル型PCなので、自在に変形可能です。

もちろん、タブレット形状でも使用できますが、ベゼルが太めでディスプレイの表示領域が狭く感じ、見た目はあまりかっこよくないです。


ベゼルは大きめ

 

カスタマイズはできない

YOGA 330には、構成のバリエーションがなく、カスタマイズもできません。

Microsoft Officeを追加もできませんし、Microsoft Office付きのモデルもありません。オフィスソフトの使用を想定していないという訳ではないと思いますが、Microsoft Officeが必要であればバンドルで買った方が安いので、残念です。

不足のないインターフェイス

YOGA 330の左側面には、USB 2.0、SDカードリーダーを備えています。microSDカードリーダーにサイズダウンしている機種が多いので、フルサイズのSDカードが使用できるのは嬉しいです。


左側面のインターフェイス

 

右側面には、HDMI、USB 3.0、USB Type-Cを備えています。USB Type-Cがあるので、最近の周辺機器やマルチアダプターを使用できます。

USB Type-Cは、Power Deliveryとは書かれていないため、このポート経由での充電はできないそうです(後日、実機で確認してみます)。

USB 3.0ポートはPowered USBなので、PCの電源がOFFの時もUSBポート経由で他のデバイスを充電できます。カバンに入っていれば、何かと便利な一台となりそうです。


右側面のインターフェイス

 

いくつかのモデルの比較

価格の安い11型クラスの2 in 1 PCと言えば、デルのNew Inspiron 11 3000 2-in-1が売れ筋なので、こちらの機種と比較してみました。どちらも、現時点でのクーポン適用時の価格です。また、比較しやすいように、どちらの機種も税込み価格で表示しています。

ライバル機種との比較
  YOGA 330
New Inspiron 11
3000 2-in-1
【構成1】
New Inspiron 11
3000 2-in-1
【構成2】
CPU Celeron N4000 AMD A9-9420e AMD A9-9420e
メモリ 4GB 4GB 8GB
ストレージ 128GB eMMC 500GB HDD 128GB eMMC
ディスプレイ HD
インターフェイス HDMI
USB Type-C
USB 3.0
USB 2.0
SDカードリーダー
HDMI
USB 3.1
USB 2.0 x2
microSDリーダー
質量 約1.25kg 約1.475kg 実測1.281kg
サイズ 約294x204
x17.9mm
約291.6x201.9
x20.9mm
バッテリー 約10.5時間 不明 32WHr
価格【税込】 41,900円 47,175円 50,253円

 

両機種のCPUは異なっていますが、PassMarkのベンチマークスコアでは、Celeron N4000が1,542、A9-9420eが1,474となっており、ほぼ同じ程度の性能のようです。

New Inspiron 11 3000 2-in-1は、コスパの高いPCでしたが、比較すると、YOGA 330はそれを上回るコスパのよさとなっています。さらに、YOGA 330は、USB Type-CポートとフルサイズSDカードリーダーを備えており、質量も軽いです。このあたりも、YOGA 330のメリットとなり得ます。

ただし、New Inspiron 11 3000 2-in-1は、モデルがいくつか用意されているのと、Officeをバンドルしたモデルもあるため、目的にあった構成にしやすいです。

YOGA 330は、リーズナブルなPCを、いつでも持ち歩きたいという方にお勧めです。用途がある程度定まっており、それが軽めの作業であれば、満足に使用できるでしょう。

 

後日実機レビュー

YOGA 330は後日実機でレビュー予定です。このページに追記いたします。

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
レノボ YOGA 330

 

 

関連ページ

レノボ PCの一覧とおすすめPC

レノボのパソコンの一覧ページです。売れ筋のThinkPadや、コスパの高いideapadなど掲載し、おすすめのPCも紹介。