会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ideapad 330

レノボ ideapad 330の実機レビュー

更新日:2018年6月5日
CPU Celeron N4000
Core i3-7020U
Core i5-8250U
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 128GB SSD /
128GB SSD + 1TB HDD
光学
ドライブ
DVDスーパーマルチ
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 HD / FHD 非光沢
質量 約2.1kg
バッテリー 最大約7.8時間
価格 4万円台~(税込)
SSD搭載でも約4万円で買える14型PC

ideapad 330は、SSDを搭載しつつも、価格を抑えた14.0型ノートPCです。Celeronのモデルなら約4万円、Core i3のモデルでも5万円台で購入可能です。

いくつかCPUが用意されていますが、CeleronとCore i3-7020Uのモデルは、光学ドライブを搭載しており、Core i5-8250Uのモデルは光学ドライブが無い代わりにSSD + HDDの構成になっています。

メーカー仕様値では2.1kgとなっていますが、当サイトの計測では1.7kg台となっており、思ったほど重くありませんでした。宅内移動であれば十分な軽さだと思います。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、当サイトの購入品です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

Core i3-7020U、4GBメモリ、128GB SSD

目次

お忙しい方は、「ideapad 330の特徴」のみお読みください。

ideapad 330の特徴

3つのモデルがあるが仕様が割と異なる

ideapad 330には、Celeronモデル、Core i3モデルと、Core i5モデルの3種類があり、割と仕様が異なるため注意が必要です。

CeleronモデルとCore i3モデルは、光学ドライブを搭載していますが、液晶はHD(1366x768)と低めです。

一方、Core i5モデルは、光学ドライブが無い代わりに、SSDに加えてHDDも同時搭載しており、さらに液晶はFHD(1920x1080)と解像度が高くなっています。

Core i3とi5のモデルの比較
  Cleron
モデル
Core i3
モデル
Core i5
モデル
CPU Celeron N4000 Core i3-7020U Core i5-8250U
メモリ 4GB 8GB
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
+1TB HDD
液晶サイズ 14型
液晶種類 HD TN 非光沢 FHD TN 非光沢
DVD あり あり なし
価格 40,850円
(64,532円)
53,033円
(78,052円)
83,570円
(106,223円)
※価格欄の()の金額は、Microsoft Office付きの価格です

 


Celeron、Core i3モデルのみ光学ドライブを搭載

 

ディスプレイはTN液晶

ideapad 330は、Celeron、Core i3モデルはHDのディスプレイ、Core i5モデルはフルHDのディスプレイを搭載してます。見やすさを考えると、フルHDの方が良いと思います。

ただし、どちらのディスプレイもTN液晶となっています。兄弟機種のideapad 330Sと比べると視野角は劣ります。また、HD液晶の実機を確認すると色域も広くありません。ディスプレイにこだわる方や画像を頻繁に扱う方であれば、他のPCの方がよいでしょう。

 

180度開くディスプレイ

ideapad 330のディスプレイは、写真のように180度開きます。

写真のようにフラットで使用することはあまりなくても、ディスプレイの角度を自由に調整できるので、ひざの上で使用するときなどに便利です。また、視野角の悪さを多少カバーできるかもしれません。


180度開くヒンジ

 

カスタマイズはできない

ideapad 330は、各CPUを搭載した3つのモデルがあり、Microsoft Office付きのモデルもそれぞれありますが、構成をカスタマイズすることはできません。

 

Core i3搭載のライバル機種との比較

Core i3モデルと、ライバル機種を比較します。

ここでは、コスパが非常に高いInspiron 15 3000と比較します。価格は税込みで統一しています。

Inspiron 15 3000のほうが、価格が安くなっており、特にOffice搭載時の価格が安くなっています。また液晶サイズも大きいです。据え置きで(移動しないで)使うならこちらのほうがいいでしょう。

ただし、ideapad 330のほうが、CPU性能がやや良くなっており、Core i3-7020UはCore i3-6006Uの約1.1~1.2倍のスコアです。また、質量も軽くなっており持ち運びに便利です。別の部屋へPCを持っていったりすることがあるなら、こちらのほうがいいと思います。

Core i3搭載のライバル機種との比較
  ideapad 330 Inspiron 15 3000
(3567)
CPU Core i3-7020U Core i3-6006U
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
液晶 14型
HD TN 非光沢
15.6型
HD TN 非光沢
光学ドライブ あり あり
質量 2.1kg
実測では1.768kg
2.246kg
価格(税込) 53,033円
(78,052円)
51,311円
(58,733円)
レビュー  ― レビュー
※価格欄の()の金額は、Microsoft Office付きの価格です
※クーポン適用後の税込み価格です
※価格は変動するため詳細はメーカーサイトでご確認下さい

Core i5搭載のライバル機種との比較

次は、Core i5-8250Uモデルと、ライバル機種を比較します。Core i5-8250U搭載モデルの中では、おそらくコスパが最も高いideapad 520と比較します。

ideapad 520のほうが、価格が安く、液晶もIPSパネルになっており、光学ドライブも搭載し、コスパが高いです。

ideapad 330は、SSD + HDDの構成になっている点が魅力です。また、ideapad 520には及ばないものの、他のPCと比較した場合は、十分コスパは高いです。また、質量はideapad 330のほうが軽くなっています。

Core i5搭載のライバル機種との比較
  ideapad 330 ideapad 520
CPU Core i5-8250U
メモリ 8GB
ストレージ 128GB SSD
+ HDD 1TB
256GB SSD
液晶 14型
FHD TN 非光沢
15.6型
FHD IPS 非光沢
光学ドライブ なし あり
質量 2.1kg
実測では1.768kg
2.2kg
価格(税込) 83,570円
(106,223円)
80,136円
(102,060円)
レビュー レビュー
※価格欄の()の金額は、Microsoft Office付きの価格です

 

液晶ディスプレイのチェック

ideapad 330の液晶ディスプレイのチェックです。

今回はHD TNパネルの特性を紹介します。

品質は低めの液晶です。

液晶型番は「AUO B140XTN02.E」でした。視野角は狭いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、寒色系の画面であることが分かります。


 

色域は狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は下図の通りです。ギラつきはあまり感じません。


画素の拡大図

 

非光沢液晶であるため、映り込みは低減されています。


画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは、横:約19mm、縦:約19mm、キーストロークは約1.5mmと、標準的な数値です。ややたわみを感じますが、普通の打ちやすさだと思います。

「Backspace」キーの上が「電源」ボタンになっており、打ち間違えると「電源」を押してしまうことがあるので気をつけましょう。

また、英語キーボードと共通化している影響で、「Enter」キーの隣のキーがくっ付いており、ややかっこ悪いです。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

クリックボタンの操作性は普通です。クリックボタンはやや固めかなと思います。


タッチパッド

 

パフォーマンスのチェック

ideapad 330のパフォーマンスのチェックです。

CPU

以下の3種類のCPUを選択可能です。目的に応じて選んで下さい。よく分からなかったら、Core i3-7020Uが無難だと思います。動画編集や画像編集などをやってみたいと思っている方は、Core i5-8250Uがいいでしょう。ネットだけ見られればいいという方はCeleron N4000でもいいと思います。


CPU性能の目安
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

ストレージは、SATA SSDで、十分な速度です。


ストレージ性能の目安
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

本製品で計測したベンチマーク

以下、実機で計測したベンチマークスコアを掲載します。

今回初めてCore i3-7020Uを試しましたが、一般ユーザーには十分な性能かと思います。

CINEBENCH R15
(CPU性能の評価)

Core i3-7020U
PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i3-7020U
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i3-7020U
x265でエンコード (※1) 57分10秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 6分05秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

128GB SATA SSD

 

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターのチェックです。

挿入すると、カードが半分くらい出っ張ります。

速度も遅いです。


SDカードのベンチマーク(UHS-Ⅰのカードで測定)

 

質量のチェック

ideapad 330の質量のチェックです。

メーカー仕様表では、約2.1kgとなっており、14型PCにしては重いなと思っていましたが、実際に計測してみたところ、約1.768kgしかありませんでした。外出先へ持って歩くのはどちらにしろ厳しいですが、室内でパソコンを移動させるケースであれば、十分軽い質量ではないかと思います。

また、ACアダプターの容量も軽く160gしかありませんでした。


質量の計測結果

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は約30Whと少なめです。

当サイトで計測したバッテリー駆動時間は、下の表の通りで短めです。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
PCMark 8 Home テスト ※1
PCMark 8 Work テスト ※2 4時間7分
動画再生時 ※3
※画面輝度を約120cd/m2に調整して計測
※1 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行
※3 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生

 


 

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

動作音(静音性)のチェック結果です。うるさいと図書館や講義室などで使うときに、周りの人の迷惑になります。

動作音は普通です。


騒音値の計測結果

パーツの温度のチェック

温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

Core i3の場合は低めの温度です。Core i5になると温度はもっと高くなると思います。


表面温度のチェック

表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

低めの温度です。使っていて不快になりません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

今回、HD(1366x768)の液晶であるということもあり、低めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

パームレスト部分は、ヘアライン加工が施されたメタル風の質感で、安っぽく見えません。

 

天板もシルバーで、見た目がよく、指紋も付きにくくて実用的です。

 

ヒンジ部分の拡大図です。

 

液晶フレームは、ややプラスチック感があります。

 

底面はフラットです。バッテリーの取り外しはできません。

 

スピーカーは底面に配置されています。勝手に点数をつけると、10点満点で4点の音質です(普通が5点で、筆者の独断の評価です)。

 

液晶は180度開きます。

 

右側面には光学ドライブが搭載されています(Core i5モデルは非搭載)。

左側面はLAN、HDMI、USB、USB Type-C、メモリカードスロットが搭載されています。なお、Celeronモデルの仕様を確認すると、USB Type-Cが書かれてないので、搭載されていないと思われます。

 

ACアダプターの容量は45Wです。

まとめ

以上が、ideapad 330のレビューです。

SSDを標準搭載しながら、約4万円で購入できる14型ノートPCです。Core i3 モデルでも、5万円台という安さです。

質量も実測値では約1.7kgと軽く、室内でパソコンを持ち運んで使うような方に適しています。

外観も安っぽくないですし、Core i3モデルの場合なら、温度も心配ありません。

ただし、液晶の品質はあまりよくありません。ここは妥協する必要があります。

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
レノボ(ideapad 330ページ)

関連ページ

レノボ PCの一覧とおすすめPC

レノボのパソコンの一覧ページです。売れ筋のThinkPadや、コスパの高いideapadなど掲載し、おすすめのPCも紹介。

モバイルノートパソコンの比較

モバイルノートパソコンの比較ページ。ThinkPadやレッツノートなどの人気の製品や、カテゴリ別におすすめの製品を掲載しています。