HPから、4K 10bit表示が可能なクリエイター用ノートPC、ENVY 15-ep1000が発売

更新日:
CPU Core i9-11900H
Core i7-11800H
GPU GeForce RTX 3050 Ti /
RTX 3060
メモリ 16GB / 32GB
ストレージ PCIe NVMe SSD
液晶サイズ 15.6インチ
液晶種類 FHD IPS / 4K 有機EL
質量 約2.15kg
バッテリー 最大 約8時間
価格[税込] 23万円台~
4K 10bit表示が可能

HPから、高めのスペック構成ながら、質量が約2.15kgと持ち運びがしやすいクリエイター用ノートPC、ENVY 15-ep1000が発売されました。

4K 10bit表示が可能な有機ELディスプレイを搭載したモデルもあり、本格的なフォトグラファーや、動画クリエイターに適しています。

最大で、第11世代Core i9-11800H、GeForce RTX 3060という構成で、メモリやストレージ容量にも余裕があります。

場所に縛られず、想像力を存分に活かして作業できる、力強いツールとなりそうな1台です。

公式サイトはこちら

 

製品の特徴

持ち運べる高性能ノートPC

ENVY 15-ep1000は、最大でCore i9-11900H、RTX 3060、4K 有機EL液晶という構成が可能な、性能高めのクリエイター向けノートPCです。この構成で、質量が約2.15kgしかないので、持ち運びがしやすいです。

クリエイターのテレワーク用ノートPCとしても使いやすいと思います。

 

最大でCore i9-11900Hを搭載

ENVY 15-ep1000は、Core i7-11800H、もしくは、Core i9-11900Hを搭載しています。

仕様やベンチマークのスコアを見ると、第11世代のTiger Lake-Hシリーズプロセッサーとしては、高い性能を備えていることが分かります。

そこまでCPUの処理能力にこだわらないのであれば、Core i7-11800Hでも十分快適に使用できるでしょう。

インテル第11世代Core(Tiger Lake)Hシリーズ プロセッサー
  コア/
スレッド
Max
Boost
[GHz]
Base
[GHz]
Cache TDP
Core i9-11980HK 8 / 16 5.0 2.6 - 3.3 24MB 45-65W
Core i9-11900H 8 / 16 4.9 2.1 - 2.5 24MB 35-45W
Core i7-11800H 8 / 16 4.6 1.9 - 2.3 24MB 35-45W
Core i5-11400H 6 / 12 4.5 2.2 - 2.7 12MB 35-45W
Core i5-11260H 6 / 12 4.4 2.1 - 2.6 12MB 35-45W
Core i7-11370H 4 / 8 4.8 3.0 - 3.3 12MB 28-35W
Core i5-11300H 4 / 8 4.4 2.6 - 3.1 8MB 28-35W
CINEBENCH R23(マルチコア性能)
Ryzen 9 5900HX 13382
Core i9-11900H 13266
Ryzen 7 5800H 12604
Core i7-11800H 12501
Core i5-11400H 8110
Core i7-11370H 7123
Core i7-10750H 6839
Core i5-10500H 6805
Ryzen 5 5500U 6250

 

GPUはRTX 3050 Ti / RTX 3060

ENVY 15-ep1000は、外部グラフィックスとしてGeForce RTX 3050 Ti、もしくはRTX 3060を搭載しています。

実際のパフォーマンスを左右する最大グラフィクスパワーは不明ですが、下のグラフの黄色で表示した範囲の性能が大まかな目安となります。

一段と高いグラフィックス性能となるRTX 3060であれば、4K動画の編集を快適に行なえますし、3DCG作成などにも向いていると思います。

3DMark Time Spy(DX12) - Graphics score
ハイエンド RTX 3080 16GB 165W 12077
RTX 3080 16GB 140W 11552
RTX 3080 16GB 130W 11361
RTX 3070 130W 10327
RTX 3080 8GB 105W 10258
ミドルレンジ RTX 3070 95W 9220
RTX 3070 85W 8838
RTX 3060 130W 8297
RTX 3060 95W 7519
RTX 3060 75W 7047
RTX 3060 65W 6450
GTX 1660Ti   5667
エントリー RTX 3050Ti 60W 5292
RTX 3050 95W 5054
RTX 3050Ti 40W 4560
RTX 3050 40W 3980
GTX 1650Ti   3700
GTX 1650   3494
 :GeForce RTX 3050 Ti / RTX 3060
W(ワット)は最大グラフィックスパワー

 

10bit表示が可能な有機ELディスプレイ

ENVY 15-ep1000には、以下の2種類のディスプレイを搭載したモデルがあります。

ENVY 15-ep1000 の搭載するディスプレイ

1. FHD、IPS、400nit、最大1677万色、非光沢
2. 4K UHD、有機EL、タッチ、400nit、最大10.7億色、DCI-P3 100%クラス

 

1のディスプレイも比較的色域の広い液晶ではないかと思いますが、おすすめなのは2の4K解像度の有機ELディスプレイです。色域がDCI-P3 100%クラスと広く、最大10.7億色の10bit表示が可能です。色差もΔE < 2と人の目では差を区別することが難しいレベルで、正確な色表現が可能です。プロ用の写真・動画の編集作業も行えそうです。

 

インターフェース

ENVY 15-ep1000のインターフェイス構成は、下の画像のようになっています。USB x2、USB-C x2、HDMI、microSDカードリーダーを備えています。

USB-Cポートの機能は、モデルにより多少異なります。RTX 3050 Ti搭載モデルのUSB-Cポートは、DisplayPort対応です。一方、RTX 3060搭載モデルは、Thunderbolt 4、Power Delivery、DisplayPortに対応しています。Thunderboltドックを使用でき、データ転送速度も高速なので、RTX 3060搭載モデルの方が有利です。

 

セキュリティ機能としては、指紋認証センサーを搭載しています。

 

各モデルの構成比較

これらの特徴をふまえて、最後にENVY 15-ep1000の3つのモデルの構成を比較してみます。

4K液晶を必要としない、ウェブコンテンツの作成などの比較的ライトなクリエイティブ作業であれば、パフォーマンスモデルでも良さそうです。一方、プロのフォトグラファーや、4K動画の編集といった作業であれば、4K液晶を搭載したモデルがいいでしょう。クリエイター用ノートPCとしてバランスがいいのは、パフォーマンスプラスモデルだと思います。

各モデルの構成比較
  パフォーマンス
モデル
パフォーマンス
プラスモデル
クリエイター
モデル
CPU Core i7-11800H Core i9-11900H
GPU GeForce RTX 3050 Ti GeForce RTX 3060
メモリ 16GB 32GB
ストレージ 1TB SSD 2TB SSD
ディスプレイ 15.6型
FHD IPS
15.6型
UHD 有機EL タッチ
インターフェイス USB x2
USB-C x2
(DisplayPort対応)
HDMI
microSDカードリーダー
USB x2
USB-C x2
(Thunderbolt 4,DisplayPort, Power Delivery対応)
HDMI
SDカードリーダー

 

 

購入先

ENVY 15-ep1000は、下のHPオンラインストアから購入可能となっています。

HPオンラインストアはこちら

 

関連ページ