会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Pavilion 550 > まとめ

HP ENVY 750(750-180jp/CT)の実機レビュー(2)

更新日:2016年6月8日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力の計測結果を掲載していますが、パーツの構成が異なる場合、結果が変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし動作音が大きいと、作業に集中しづらいです。

動作音は"やや低め~普通"です。なお、「ELSA GeForce GTX 970 S.A.C」のGeForce GTX 970搭載時の騒音値は、ここでは掲載していませんが、計測してみたところ下図とほぼ同じでした。S.A.C(サイレント エアクーリング)とありますが、GTX 980Tiのカードとほぼ同等の動作音でした。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度は普通です。GPU温度はGeForce GTX 980Tiの高性能グラフィックスを搭載していることもあり、やや高めです。



消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。


外観のチェック

外観のチェックです。

フロント面です。光学ドライブやポートが一切見えず、正面から見るとパソコンとは思えません。

 

ヘアライン加工が施されており、シンプルで上品なデザインです。

 

光学ドライブをオープンするときは、フロントのカバーを開き、イジェクトボタンを押します。光学ドライブを2台以上内蔵することはできません。

 

天面は小物が置けるようにくぼみがあります。ただし、なぜか光沢感のある素材になっており、ホコリなどが目立ちやすいです。

 

天面には電源ボタン、USB、ヘッドホン、カードスロットなどもあります。PC本体をデスクの下に置いているときはポート類にケーブルなどを接続しやすいですが、デスクの上に置いているときはポートが見えないため接続しにくいです。

 

側面です。

 

前面側のみゴム足が付いています。振動を抑制するために、後ろ側にも付けて欲しかったです。

 

背面です。 グラフィックカードの映像出力ポート類は搭載するパーツによって異なります。下図はGeForce GTX 980Tiを搭載したときの画像です。

 

下図はGeForce GTX 970を搭載したときの画像です。

 

サイドカバーを固定するネジは、素手でも回せるようになっています。

ケースの内部とエアフローのチェック

ケース内部とエアフローです。

下図は、GeForce GTX 980Ti搭載時のケース内部です。GeForce GTX 980Tiのカードの場合、重いため、サポートバーが搭載されています。

 

以下はGeForce GTX 970搭載時のケース内部の画像です。

 

ハードディスク/SSDを収納する3.5インチベイです。

 

フロント側にも3.5インチベイがあります。

グラフィックカードの下に、PCIe SSDもあります。

 

メモリスロットは4つです。

 

GeForce GTX 980Tiのグラフィックカードです。

 

GeForce GTX 970のグラフィックカードです。

 

PCI Express x1は、1スロットのみです。

 

500Wの80PLUS BRONZE電源を搭載しています。

 

斜めから見たケース内部の画像です。

 

反対側の斜めから見た画像です。

まとめ

以上が、HP ENVY 750(750-180jp/CT)のレビューです。

2015年夏に、デザインを一新し、ポート類が一切なくヘアライン加工されたフロントパネルは、シンプルで高級感があります。どんな部屋へ置いてもマッチすると思います。

海外メーカーのパソコンですが、国内向けへ発送するPCは東京生産ということで信頼性があります。世界シェアも高く、安心して利用できます。また他の海外メーカーと比べて納期が早い(最短5営業日)です。

グラフィックスも高性能なGeForce GTX 980Tiなどを選択可能で、美しいグラフィックでゲームをプレイすることが可能です。

価格も高くありません。

デザイン、性能、価格、ブランド力と、バランスのとれたPCだと思います。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:HP Directplus