富士通 LIFEBOOK EHの実機レビュー

更新日:2020年11月13日
CPU Core i3-1115G4
メモリ 4GB
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 13.3型
液晶種類 FHD IGZO
質量 約988g
バッテリー 約16.8時間
価格[税別] 10万円台~
子どもの学習用に開発されたノートPC

LIFEBOOK EHは、キッズPCからのステップアップにもちょうどいい、子どもの学習用に適したノートPCです。

1kgを切る軽さでありながら、約16.8時間のバッテリー駆動が可能となっており、子どもでも扱いやすく、家でも外でも使うことができます。

見やすいディスプレイ、打ちやすいキーボードを備えていますし、オンライン学習にも使いやすいマイク構成、HDMI入出力端子など、使いやすさにもこだわりが見られます。

ただし、CPU、メモリ、ストレージは控えめです。負荷が高めの作業には適していませんので、学習用と割り切って使う必要があるでしょう。

公式サイトはこちら

 

今回使用しているレビュー機は、メーカーからお借りした評価機です。量産品とは予告なく外観・仕様の変更などが行われる場合があります。また、Windows 10 Sモード搭載機のため、今回、ベンチマークなどは計測しておりません。

[お得]富士通パソコンで使えるクーポン

当サイト限定のクーポンを利用することで、富士通パソコンを、通常よりも安く購入することが可能です。

 

目次

お忙しい方は、「LIFEBOOK EHの特徴」のみお読みください。

 

LIFEBOOK EHの特徴

エデュケーションノートPC

LIFEBOOK EHは、主に子どもたちによる学習用としての使用を想定した、他にはあまりないエデュケーションノートPCです。小学生向けのキッズPCの次のステップという感じで、中学生~高校生ぐらいの使用に適していると思います。

学習用としての使いやすさがしっかり考慮された機種と言える理由を含めて、以下に特徴をご紹介します。

 

1kgを切るコンパクトボディ

LIFEBOOK EHは、仕様値で988g、実測値でも975gと1kgを切る質量が特徴的です。軽いため子どもでも取り扱いがしやすいですし、友人宅や図書館などに持ち運んで、使用することもできます。

また、約15.8mmと薄型で、13.3型のコンパクトボディなので、カバンへの収まりもいいです。

軽量、かつコンパクトでも、落下や圧迫などのアクシデントも想定した、堅牢性試験もクリアしており、宅内に限定せず、アクティブに活用することができるでしょう。

約988gと軽い

 

53Wの大容量バッテリーを搭載

LIFEBOOK EHは、上記のように軽量機種ですが、13.3型のノートPCとしてはトップクラスとなる53Whの大容量バッテリーを搭載しており、約16.8時間の長時間バッテリー駆動が可能となっています。

自分の部屋でも、リビングでも、外でもACアダプターをつながずに自由に使えるのは、スマホやタブレットに触り慣れた子供たちにとって、必須だと思うので、このロングバッテリー駆動が可能なのは重要なポイントです。

 

7.5Wの充電にも対応

LIFEBOOK EHは、Power Delivery対応のUSB-Cポートを使用して本体への給電を行います。付属しているのは65WのACアダプターですが、7.5W以上の充電器が利用できます。

現実的には30W程度のPD充電器がおすすめです。30Wでも以下のような小さな充電器が販売されています。

RAVPower USB-C 急速充電器 30W

 

見やすいIGZO液晶搭載

LIFEBOOK EHは、高輝度、高色純度、広視野角の液晶を搭載しています。メーカーサイトでは、IGZO液晶と紹介されていることもあり、とても見やすいと思います。

子どものことを考えると、見やすくて、目の負担が少ない液晶がおすすめなので、価格優先で低品質の液晶を採用していないことに好感が持てます。

ただし、液晶は光沢表面です。一見すると画像など綺麗に見えますが、使用する場所によっては映り込みがあります。

見やすいIGZOパネル採用
ただし光沢パネルなので映り込みがある

 

HDMI入力が可能

LIFEBOOK EHは、ノートPCとしては珍しく、入出力に対応したHDMIポートを備えています。

デジカメやゲーム機などを接続して、LIFEBOOK EHの画面をディスプレイとして使用することもできます。

入出力に対応したHDMIポート

 

Windows 10 Sモードを搭載

LIFEBOOK EHの搭載するOSは、Windows 10 Sモードです。

Windows 10 Sモードには、ブラウザがEdge、検索エンジンがBingに固定されたり、Microsoft Storeにあるソフトのみがインストールできるといった制限がありますが、セキュリティとパフォーマンスを維持しやすいというメリットもあります。

Windows 10 Sモードを解除し、Windws 10 Homeに切り替えることもできます。ただし、一度Sモードを解除すると、再度Sモードに戻すということはできません。

それで、子どもの年齢に合わせて、最初はSモードで使用し、PCやセキュリティに関する理解が深まってきたら、必要に応じてWindows 10 Homeに切り替えて使う、というのもおすすめです。

 

メモリ・ストレージは最小限

LIFEBOOK EHは、メモリは4GB、ストレージは128GBで固定されており、必要最小限の構成となっています。また、メモリはオンボードなので、購入後の増設にも対応していないようです。

写真を加工したい、動画を編集してみたい、といった希望が出てくると、物足りないスペック構成です。あくまでも、学習用と割り切って使う機種だと思います。

 

オンライン授業に適した機能

LIFEBOOK EHは、ボイストラッキング機能を備えたクアッドマイクを搭載しています。

声のする方向を判別し、広範囲に声を拾ってくれるので、最近増えているオンライン授業や、オンライン英会話などでの先生や相手との会話もしやすいです。

一般的なノートPCでは、デュアルマイク搭載が多いですが、コロナ禍なども考慮した、子どもが学習に使いやすい構成になっていると思います。

 

Windows Helloの顔認証に対応

LIFEBOOK EHは、Windows Helloに対応したウェブカメラを搭載しており、顔認証で素早くWindowsにログインすることができます。

 

ディスプレイのチェック

LIFEBOOK EHのディスプレイのチェックです。

貸出機がWindows 10 Sモードだったので、色域等の計測はできませんでしたが、IGZO液晶を採用しており、見やすかったです。ただし、輝度を低めにするとフリッカーが発生していたので、あまり輝度を下げすぎないほうがいいと思います。

  • 色域
  • RGB
    発色特性
  • 視野角
  • 画素・
    ギラつき
  • 映り込み
  • フリッカー

今回、貸出機がWindows 10 Sモードであったため、測定用のアプリをインストールできずテストしていません。

こちらも今回テストしていません。

視野角は広いです。

視野角(斜めから見たときの見やすさ)

画素形状です。ギラつきは感じません。

画面拡大

光沢液晶なので、映り込みがあります。

画面への映り込み

PWM調光によるフリッカー(ちらつき)の有無の確認結果です。輝度設定を25%以下にすると、フリッカーが発生していました。

PWM調光の有無の確認
※フォトディテクターにオシロスコープを繋げて計測

 

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

キーピッチが約19mm、キーストロークは約1.7mmとやや深めです。標準的な配列で、サイズが小さくなっているキーもないため、ブラインドタッチを覚えるのにも適しています。軽めのタッチで打てるキーボードなので、子どもや学生にとっても普通に打ちやすいと思います。

キートップには、かなが印字されておらず、スッキリしています。バックライトは付いていません。

タッチパッドは普通の面積で、独立したクリックボタンを備えています。

キーボード全体図
キーの拡大図

 

パフォーマンスのチェック

LIFEBOOK EHのパフォーマンスのチェックです。

ただし、今回使用しているレビュー機は、メーカーからの貸出機であり、Windows 10 Sモードを搭載しているので、ベンチマークなどは計測しておりません。そのため、他のPCで計測した代表的なベンチマークスコアをご紹介します。

メーカーの設定や、筐体によって性能が変動するため、参考までにご覧ください。

CPU

本製品は、インテル第11世代のCore i3-1115G4を搭載しています。

他のPCで測定したスコアですが、下のグラフでは、CPU性能の比較を行っています。第10世代Core i3 (U)から処理性能が上がっており、ネットやメール、オフィスソフトなどの使用、オンライン授業など負荷の高くない用途であれば、割と快適に動くと思います。 

CPU性能の比較 ~ CINEBENCH R20 マルチコア ~
Ryzen 9 4900HS 4250
Ryzen 7 4800H 3944
Core i9-10980HK 3860
Core i7-10875H 3557
Ryzen 5 4600H 3260
Core i7-10750H 2965
Ryzen 7 4700U 2908
Core i7-10710U 2211
Ryzen 5 4500U 2180
Core i5-10300H 2113
Core i5-1135G7 2102
Core i7-1165G7 1975
Ryzen 3 4300U 1637
Core i7-1065G7 1484
Core i5-1035G4 1464
Core i3-1115G4 1098
Core i3-1005G1 948
Pentium Gold 5405U 516
Celeron N4100 459
 :LIFEBOOK EHの搭載するプロセッサー(他のPCで計測した参考値)

 

メモリ

メモリは4GBと少ないです。多くのアプリを起動すると、メモリ不足になるので注意しましょう。

 

グラフィックス

グラフィックスはCPU内蔵です。Core i3-1115G4は、末尾が「G4」なので、Intel Iris Xeグラフィックスではなく、Intel UHDグラフィックスとなります。

下のグラフでは、他機種での測定となりますが、グラフィックス性能を示すベンチマークスコアを比較しています。Core i3-1115G4のスコアは、シングルチャネルメモリ(4GBx1)の他機種で計測したスコアとなります。第10世代Core i5-10210Uの内蔵グラフィックスよりも高いグラフィックス性能となっていますが、メモリ容量も少ないですし、負荷の高い作業には適していません。

グラフィックス性能の目安
~ 3DMark Night Raid - Graphics score ~
GeForce GTX 1050 25325
Intel Iris Xe
(Core i7-1165G7)
20052
Intel Iris Xe
(Core i5-1135G7)
18718
GeForce MX330 16714
AMD Radeon
(Ryzen 9 4900HS)
16322
GeForce MX250 15406
AMD Radeon
(Ryzen 7 Pro 4750U)
14302
AMD Radeon
(Ryzen 7 4700U)
13861
AMD Radeon
(Ryzen 5 4500U)
11999
Intel Iris Plus
(Core i7-1065G7)
11084
Radeon Vega 8
(Ryzen 5 3500U)
10014
AMD Radeon
(Ryzen 3 4300U)
9800
Intel Iris Plus
(Core i5-1035G4)
9188
Intel UHD
(Core i3-1115G4)
7304
Intel UHD
(Core i5-10210U)
5800
Intel UHD 620
(Core i5-8265U)
5274
 :LIFEBOOK EHの搭載するプロセッサー(他のPCで計測した参考値)

 

質量のチェック

LIFEBOOK EHの質量のチェックです。

当サイトによる計測値は975gで、ほぼ仕様値と同じでした。ACアダプターは、普通の重さです。

質量の計測結果(当サイトによる実測値)
  質量
PC本体 975g
ACアダプター+電源ケーブル 249g

 

外観のチェック

外観の画像を掲載します。

ボディカラーは、ダークシルバーです。

 

天板は、シンプルです。ロゴマークが目立たないように配置されているのもいいと思います。

 

閉じた状態です。厚みもそれほどなく、カバンへの収まりもいいと思います。

 

ステレオスピーカーを搭載しています。ノートPC基準で点数をつけると、10点満点で4点の音質です(普通が5点で、筆者の独断の評価です)。

 

ウェブカメラとマイクです。ウェブカメラは、約92万画素のHDカメラで、Windows Helloの顔認証にも対応しています。マイクは、クアッドマイクを内蔵しています。

 

液晶が開く最大の角度です。開く角度は大きいですが、フラットにはなりません。

 

側面のインターフェイスです。

種類は多くありませんが、USB-CポートはThunderbolt 4、Power Delivery、DisplayPortに対応しています。また、特徴でも書きましたが、HDMI入力・HDMI出力兼用端子を搭載しており、ディスプレイとして使用することもできます。

 

底面です。

 

ACアダプターは、普通のサイズです。容量は65Wです。電源ケーブルは太くはありません。

 

まとめ

以上が、富士通 LIFEBOOK EHのレビューです。

子どもの使用を考慮して開発されたエデュケーションノートPCというだけあって、子どもが快適に学習用に使用できる機種に仕上がっています。

1kgを切る軽さと、コンパクトなボディで、しかも約16.8時間のロングバッテリー駆動が可能なので、宅内でも外でも自由に使えます。また、見やすい液晶、打ちやすいキーボードを備え、オンライン学習にも使いやすく、HDMI入力によりディスプレイとしても使用できます。

よく考えられた、安心して子どもに使わせることができる機種だと思います。

ただ、スペック構成はやや低めです。子どもの学習用としては申し分ありませんが、ワンランク上のCore i5、8GBメモリ、256GB SSDぐらいの鉄板構成であれば、もっと広範囲に、長く使用できるかもしれません。

子どもの使いやすさを追求したエデュケーションノートPC

LIFEBOOK EH

特徴

  • 約988gの軽くてコンパクトなボディ
  • 見やすいIGZO液晶搭載
  • HDMI入出力端子

こんなあなたに

  • キッズPCからのステップアップに
  • 子どものことを考えられたPCを希望する親御さん
  • 価格10万円台[税別]~
  • the比較限定特別割引クーポン
  • 一言もう少しスペックが高くても・・
公式サイトはこちら

 

 

関連ページ