会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > Diginnos Mini NUC K3 / NUC K3H

Diginnos Mini NUC K3 / NUC K3Hの実機レビュー

更新日:2018年7月2日
CPU Core i3-7100U
メモリ 4GB ~ 32GB
ストレージ SATA SSD / HDD
K3H:2ドライブ
K3:1ドライブ
価格 6万円台(税別)~

手のひらサイズの小型PC(NUC)

Diginnos Mini NUC K3およびNUC K3Hは、非常にコンパクトなデスクトップPCです。

手のひらに収まるくらいの小ささで、設置場所に困りません。

ノートPCと違い、好きな液晶ディスプレイやキーボードを使うこともできます。

CPUはノート用のCore i3で性能はそれほど高くありませんが、ストレージは大容量のものを選択でき、NUC K3Hならダブルストレージにすることも可能です。

公式サイトはこちら

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

レビュー機の構成

NUC K3:Core i3-7100U、4GBメモリ、120GB M.2 SSD

NUC K3H: Core i3-7100U、4GBメモリ、500GB HDD

目次

お忙しい方は、「Diginnos Mini NUC K3 / NUC K3Hの特徴」のみお読みください。

Diginnos Mini NUC K3 / NUC K3H の特徴

省スペース

Diginnos Mini NUC K3およびNUC K3Hの特徴は、なんといって省スペースな点です。液晶ディスプレイの後ろにちょこっとおいておけば邪魔になりません。VESAマウントもついているので、液晶の後ろ側に取り付けることも可能です。

「省スペースがいいなら、ノートPCでいいんじゃね?」と思う方もいると思いますが、好きな液晶ディスプレイとキーボードを接続できることが大きなメリットです。4K液晶でも、湾曲液晶でも選び放題ですし、メカニカルキーボードやゲーミングキーボードを使うこともできます。

また、ノートPCは手元に届くまで、どのくらい色鮮やかなのか等不明な点も多く、気に入らなくても交換できませんが、別途液晶ディスプレイを用意する場合は、そんな心配もいりません。さらに、HDMIポートと、映像出力可能なUSB Type-Cポートを備えているため、最大2画面まで表示可能です。


省スペース

 

性能はそこまで高くない

PC本体の性能はというと、1世代前のUシリーズのCore i3であるため、それほど性能は高くありません。

 

NUC K3Hのみダブルストレージ構成が可能

Diginnos Mini NUC K3およびNUC K3Hの違いは、2.5インチストレージを搭載できるかどうかです。NUC K3Hのみ搭載でき、M.2 SSDと合わせてダブルストレージ構成にすることが可能です。

 

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

CPUの性能は次の通りです。それほど高い性能ではありませんが、ネット閲覧、動画鑑賞、Office作業程度なら問題なくこなすことができるでしょう。ただし、体感速度を速くするために、できるだけSSDを搭載したほうがいいと思います。


CPU性能の目安
※灰色のバーのCPUは選択できません

 

実機で計測したベンチマーク

以下、本機で計測したCINEBENECH R15のベンチマーク結果を掲載します。NUC K3で計測しています。

他のノートPCと同じくらいのスコアです。

CHINEBENCH R15
(CPU&GPU性能の評価)

Core i3-7100U

 

 


 

以下、静音性、パーツの温度、消費電力の計測結果を掲載していますが、パーツの構成が異なる場合、結果が変わります。なお、今回は、NUC K3のほうで計測しています。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

動作音は小さいです。ただし、アイドル時でもファンが回るため、ノートPCのように無音ではありません。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K
部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

※無響室で測定したわけではないので、数値は不正確です
※選択したCPUやGPUが異なると騒音値は変わってきます
【PCの状態】
左から1番目:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目:TMPGEnc Video Mastering Works でエンコード時(x265)

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

普通の温度です。


 

消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低めの消費電力です。


 

外観のチェック

外観のチェックです。

左がNUC K3で、右がNUC K3Hです。

 

裏面です。本体の高さが違うだけで、NUC K3もNUC K3Hもポート構成は同じです。

 

底面です。ゴム足の4つのネジを外すと、内部にアクセスできます。

 

NUC K3の内部画像です。メモリは2スロットで換装は容易です。M.2 SSDも換装できるでしょう。

 

NUC K3Hには、2.5インチストレージも搭載できるようになっています。

 

ACアダプターは小型です。

 

まとめ

以上が、ドスパラ Diginnos Mini NUC K3 / NUC K3Hのレビューです。

とても小型のPCで、PCを設置するスペースが少ない方におすすめです。

ノートPCと違い、好きな液晶とキーボードを接続できる点がメリットです。

処理性能はそれほど高くないので、動画編集などのクリエイティブな作業の用途には向いていません。

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
ドスパラ Diginnos Mini NUC K3 / K3H

 

関連ページ