会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > GeForce GTX 1060のベンチマークと搭載PC

GeForce GTX 1060のベンチマークと搭載PC

更新日:2016年11月28日

2016.07.22 初稿 MSI GTX 1060 GAMING X 6Gのベンチマークを掲載
2016.07.22 MSI GTX 1060 GAMING X 6Gのゲームベンチマーク、3DMarkスコアを追記
2016.09.03 LUV MACHINESのカードと、GTX 1060搭載ノートPCのベンチマークを追記

2016.09.29 LUV MACHINESのカードとMSI GTX 1060 GAMING X 6Gのベンチマークを一部削除
      その代わり、リファレンス仕様のGeForce GTX 1060 3GBと6GBのベンチマークを追加
2016.11.28 レビュー記事およびおすすめPCの追記

3つのGeForce GTX 1060カードでテスト

7月19日に、NVIDIA GeForce GTX 1060のグラフィックカードが発売されました。GeForce GTX 1060は、新アーキテクチャの「Pascal」を採用したGPUで、GeForce GTX 10シリーズの中ではミドルレンジのモデルとなります。

ここでは、3つのGeForce GTX 1060カードでベンチマークを計測した結果を掲載します。1つ目はメモリ容量が6GBのカード、2つ目はメモリ容量が3GBのカード、3つ目はノートPC向けのカードです。

その1:GeForce GTX 1060 6GB の「ASUS TURBO-GTX1060-6G」

ベンチマークを計測する1つ目のカードは、メモリ容量が6GBのGeForce GTX 1060「ASUS TURBO-GTX1060-6G」です。

その2:GeForce GTX 1060 3GB の「Palit NE51060015F9-1061F」

ベンチマークを計測する2つ目のカードは、メモリ容量が3GBのGeForce GTX 1060「Palit NE51060015F9-1061F」です。

その3:ノートPC用のGeForce GTX 1060カード

ベンチマークを計測する3つ目のカードは、ドスパラ GALLERIA QSF1060HGSのノートPCに搭載されていたノートPC向けのGeForce GTX 1060カードです。デスクトップ向けのカードに比べ、ベースクロックや、ブーストクロックがやや下げられていますが、それ以外はデスクトップ向けカードとほぼ同等です。

各GeForce GTX 1060の仕様の比較

以上3つのカードは、下表のようにクロック周波数がやや異なります。

GeForce GTX 1060 6GB > GeForce GTX 1060 3GB > ノートPC搭載カードの順番で性能が高くなっています。

各GeForce GTX 1060の仕様の比較
  GeForce GTX 1060 6GB
GeForce GTX 1060 3GB
ノートPC搭載カード
ベースクロック 1506MHz 1506MHz 1405MHz
ブーストクロック 1708MHz 1708MHz 1671MHz
メモリクロック 8008MHz相当 8008MHz相当 8008MHz相当
メモリ容量 6GB 3GB 6GB

各GeForce GTX 1060のゲームベンチマーク

ベンチマークスコアを下の表に掲載します。

いずれも高いベンチマークスコアです。フルHD(1920x1080)の解像度なら、どのカードを使っても、快適にゲームをプレイできるでしょう。

なお、GeForce GTX 1060 6GBと、旧世代のGeForce GTX 960と比較すると、約1.6倍もの高いスコアが出ており、またGTX 980とほぼ同等のスコアです。

GTX 1060 3GBは、GTX 1060 6GBの95%程度のスコアです。GTX 1060 3GBは2万円台前半から、GTX 1060 6GBは約3万円から購入できることを考慮すれば、コストパフォーマンスは高いと思います。

GALLERIA QSF1060HGSのノートPCは、ややスコアが落ちますが、ノートパソコンでこれだけのスコアが出れば十分だと思います。ノートでも旧世代のGeForce GTX 970に近いスコアが出ています。

ゲームベンチマーク(1920x1080)
製品名 GeForce
GTX 1060
6GB
GeForce
GTX 1060
3GB
GALLERIA QSF1060HGS
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1060 6GB
Core i7-6700
GTX 1060 3GB
Core i7-6700HQ
GTX 1060 6GB
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド (DirectX 11) 標準品質 ★ 19612 (非常に快適) 19435 (非常に快適) 17315 (非常に快適)
高品質 ★ 14264 (非常に快適) 13589 (非常に快適) 14354 (非常に快適)
最高品質 12893 (非常に快適) 12091 (非常に快適) 11491 (非常に快適)
ドラゴンズドグマオンライン
低品質 11483 (とても快適) 11198 (とても快適) 9777 (とても快適)
標準品質 11470 (とても快適) 11151 (とても快適) 9750 (とても快適)
最高品質 11054 (とても快適) 10790 (とても快適) 9425 (とても快適)
ファンタシースターオンライン2 EP4 描画:3 72444 (快適) 78952 (快適) 49148 (快適)
描画:6 49388 (快適) 46775 (快適) 36837 (快適)
バイオハザード6 RANK S (17931) RANK S (17009) RANK S (15000)
MHF 第三弾(大討伐) 26132 24046 24088
ドラゴンクエストX 標準品質 19522 (すごく快適) 19257 (すごく快適) 17664 (すごく快適)
最高品質 19436 (すごく快適) 19123 (すごく快適) 17493 (すごく快適)
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 153 fps 147 fps 136 fps
中品質 105 fps 97 fps 96 fps
最高品質 80 fps 71 fps 72 fps
ファークライ プライマル 低い 116 fps 108 fps 100 fps
高い 87 fps 81 fps 77 fps
最高 66 fps 61 fps 59 fps
ドラゴンエイジ:インクイジション 低品質 175 fps 170 fps 142 fps
高品質 96 fps 89 fps 88 fps
最高品質 65 fps 60 fps 59 fps
GRID Autosport ウルトラロー 315 fps 320 fps 300 fps
ミディアム 167 fps 174 fps 155 fps
ウルトラ 132 fps 129 fps 112 fps
Metro Last Light Low 144 fps 142 fps 126 fps
High 125 fps 119 fps 113 fps
Very High 104 fps 97 fps 94 fps
スリーピングドッグス 低品質 216 fps 211 fps 180 fps
高品質 150 fps 145 fps 133 fps
最高品質 86 fps 78 fps 77 fps
★デスクトップPCの場合は「標準品質(デスクトップPC)」と「高品質(デスクトップPC)」、ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※通常の液晶ディスプレイは60Hz駆動であるため、ゲームを快適にプレイするには平均60fpsは欲しいです。ただし、平均fpsが60でも最小fpsはもっと小さいため、60fpsを切らないようにプレイするには平均80~100fpsは欲しいです。また、120Hz駆動の液晶ディスプレイを使用している方は、平均120fpsは欲しいです。

 

以下のゲームについても平均フレームレートを計測しました。実際にゲームをプレイし、Frapsで平均フレームレートを求めています。1920x1080の解像度であれば、最高設定でも快適にプレイできるゲームがほとんどです。

ゲームベンチマークのスコア2(1920x1080)
製品名 GeForce
GTX 1060
6GB
GeForce
GTX 1060
3GB
GALLERIA
QSF1060HGS
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1060 6GB
Core i7-6700
GTX 1060 3GB
Core i7-6700HQ
GTX 1060 6GB
エルダー・スクロールズ
・オンライン
100fps(上限) 100fps(上限) 100fps(上限)
100fps(上限) 100fps(上限) 100fps(上限)
最高 80 fps 76 fps 75 fps
オーバーウォッチ 273 fps 260 fps 250 fps
158 fps 146 fps 145 fps
エピック 105 fps 96 fps 95 fps
ダークソウル3 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
最高 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
フィギュアヘッズ Low 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
Middle 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
High 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
ストリートファイター V Low spec 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
最高 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
Fallout 4 143 fps 139 fps 127 fps
108 fps 101 fps 98 fps
最高 87 fps 81 fps 81 fps
スターウォーズ バトルフロント 200 fps 200 fps 198 fps
141 fps 131 fps 135 fps
最高 115 fps 102 fps 98 fps
黒い砂漠 VERYLOW 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
MIDDLE 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
VERYHIGH 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
ウィッチャー 3 106 fps 90 fps 94 fps
64 fps 54 fps 56 fps
最高 47 fps 40 fps 41 fps
バトルフィールドハードライン
200 fps 200 fps 200 fps
141 fps 131 fps 135 fps
最高 90 fps 85 fps 86 fps
ウォッチドッグス 158 fps 151 fps 132 fps
106 fps 93 fps 92 fps
最大 90 fps 78 fps 79 fps
メタルギア ソリッド V ファントム・ペイン Medium 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
High 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
Extra High 60 fps(上限) 60 fps(上限) 60 fps(上限)
The Elder Scrolls V SKYRIM Low 238 fps 224 fps 190 fps
High 180 fps 173 fps 140 fps
Ultra High 141 fps 138 fps 93 fps
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値および最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください

各GeForce GTX 1060の3DMarkのスコア

3DMarkのスコアです。

3DMarkのスコア
製品名 GeForce
GTX 1060
6GB
GeForce
GTX 1060
3GB
GALLERIA
QSF1060HGS
ノートPC
基本スペック Core i7-6700
GTX 1060 6GB
Core i7-6700
GTX 1060 3GB
Core i7-6700HQ
GTX 1060 6GB
Score 4101 3799 3686
Graphics score 4018 3678 3631
CPU test 4651 4677 4035
Score 5745 5352 5124
Graphics score 6093 5630 5453
Physics score 11536 11537 9559
Combined score 2635 2463 2386
Score 10732 10087 9694
Graphics score 12767 11847 11655
Physics score 11558 11560 9542
Combined score 4661 4377 4333
Score 27049 26082 24278
Graphics score 40176 37131 38083
Physics score 10824 10918 9158
Combined score 22508 22715 19549

4Kでのゲームベンチマーク

続いて、4K(3840x2160)解像度でのゲームベンチマークスコアを掲載します。

ベンチマークを計測したカードは、オーバークロック対応の「MSI GTX 1060 GAMING X 6G」です。オーバークロック対応で、上で掲載したリファレンス仕様のカードよりも高性能です。

また、MSI独自の高性能冷却機構「TWIN FROZR VI」を採用。風圧が22%向上することで高い冷却性を実現しています。さらに、低負荷時にはファンを停止する「Zero Frozr」も搭載し、静音性にも優れたカードです。

 

このカードは、「OCモード」、「ゲーミングモード」、「サイレントモード」の3つの動作モードが用意されています。ここでは、ゲーミングモードに設定し、テストを実施しています。

各動作モードの比較
  OCモード ゲーミングモード サイレントモード
ベースクロック 1594MHz 1569MHz 1506MHz
ブーストクロック 1809MHz 1784MHz 1708MHz
メモリクロック 8100MHz相当 8008MHz相当 8008MHz相当

 

ベンチマークスコアは次の通りです。

高めのグラフィック設定だと、フレームレートが60 fps以下であるケースが多いです。低めのグラフィック設定であれば、快適にプレイできると思います。ただ、4Kでプレイするなら、GeForce GTX 1060よりも、GeForce GTX 1080やSLI構成のカードが良いと思います。

ゲームベンチマーク(3840x2160)
製品名 MSI GTX 1060 GAMING X 6G
※ゲーミングモードで動作
基本スペック Core i7-6700
GeForce GTX 1060 6GB
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド
(DirectX 11)
標準品質 ★ 8781 (非常に快適)
高品質 ★ 4679 (快適)
最高品質 4047 (快適)
バイオハザード6 RANK S (6812)
MHF 第三弾(大討伐) 7683
ドラゴンクエストX 標準品質 15418 (すごく快適)
最高品質 12491 (すごく快適)
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 55 fps
中品質 36 fps
最高品質 28 fps
ファークライ プライマル 低い 35 fps
高い 28 fps
最高 24 fps
ドラゴンエイジ:インクイジション 低品質 67 fps
高品質 32 fps
最高品質 21 fps
GRID Autosport ウルトラロー 296 fps
ミディアム 127 fps
ウルトラ 67 fps
Metro Last Light Low 76 fps
High 43 fps
Very High 35 fps
スリーピングドッグス 低品質 121 fps
高品質 46 fps
最高品質 20 fps
エルダー・スクロールズ
・オンライン
100fps(上限)
100fps(上限)
最高 67 fps
オーバーウォッチ 164 fps
102 fps
エピック 70 fps
ダークソウル3 40 fps
28 fps
最高 25 fps
ストリートファイター V Low spec 60 fps(上限)
60 fps(上限)
最高 31 fps
Fallout 4 60 fps
37 fps
最高 31 fps
スターウォーズ バトルフロント 85 fps
47 fps
最高 40 fps
黒い砂漠 VERYLOW 60 fps(上限)
MIDDLE 40 fps
VERYHIGH 31 fps
ウィッチャー 3 30 fps
23 fps
最高 20 fps
バトルフィールドハードライン
81 fps
42 fps
最高 27 fps
ウォッチドッグス 70 fps
35 fps
最大 33 fps
メタルギア ソリッド V ファントム・ペイン Medium 60 fps(上限)
High 60 fps(上限)
Extra High 52 fps
The Elder Scrolls V SKYRIM Low 160 fps
High 77 fps
Ultra High 68 fps
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインとファンタシースターオンライン2 EP4は4K非対応であるため省略しています。

GeForce GTX 1060を搭載したゲーミングPC

ここでは、GeForce GTX 1060搭載のBTOパソコンを紹介します。

納期についてはドスパラのGALLERIAシリーズが早いです。デザイン・性能のバランスで言えば、マウスのNEXTGEARかパソコン工房のLevel∞ R-Classが良いと思います。品質でいえば、高信頼性・高静音性のパーツが選べるサイコムが良いと思います。

GeForce GTX 1060 搭載パソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR
パソコン工房
Level∞ R-Class
サイコム
G-Master
2日で出荷~ 7日後頃で出荷 1~2週間以内で出荷 7日営業日以内で出荷
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト

GeForce GTX 1060を搭載したPCのレビュー

マウス LUV MACHINES

レビュー記事

高いコスパのミニタワー

マウス LUV MACHINESは、コストパフォーマンスの高いミニタワーPCです。特に高スペックにしたときの価格が、他社よりも安い傾向にあります。

2015年に、デザインが刷新されました。マットブラックのボディに、シルバーのボタン類と、ブルーLEDのアクセスランプを組み合わせたデザインになっており、安価でも地味ではないデザインになっています。

「安心パックサービス」も魅力的です。安心パックサービスとは(1)最短当日修理返却、(2)初期不良期間内の新品交換、(3)専用ダイヤルの提供の3つのサービスのパックです。この充実したサービス内容でも、3,000円(1年,税別)から加入できます。

公式サイト:マウス(LUV MACHINES)


マウス NEXTGEAR-MICRO

レビュー記事

メッシュケースに4つのファン搭載

NEXTGEAR-MICROは、メッシュのPCケースで通気性が良く、吸気用ケースファンを2つ、排気用ケースファンを2つ搭載し、冷却性の優れたミニタワー・デスクトップパソコンです。

メッシュのボディの奥に見える黄色いファンもかっこいいです。

サイドパネルを、アクリルパネルへ変更することが可能です。

グラフィックカードも、エントリーモデルからハイエンドモデルまでのシングルGPUがラインナップされており、好みのカードを選ぶことができます。

公式サイト:マウス(NEXTGEAR-MICRO)


サイコム G-Master Mace H170

レビュー記事

ワンランク上のゲーミングPC

サイコム G-Master Mace H170は、コストは抑えながらも、ワンランク上の品質にできるゲーミングPCです。

PCケースは、冷却性・拡張性・メンテナンス性に優れ、オプションで、LEDを透明のアクリルパネル越しに点灯させることができ、見た目も良いです。

グラフィックカード、電源、ストレージ、CPUファンなどは、"信頼性の高いパーツ"や、"静音性の高いパーツ"を選択可能。型番も明記されているため安心です。



レビュー記事

コンパクトでも高性能GPU搭載

パソコン工房 Level∞ C-Classは、ミニタワーよりも一回り小さいコンパクトタワーケースを採用したゲーミングPCです。

デザインが変り、フロント面に大きな円状のエアベント(空気口)が取り付けられました。このエアベントは3Dプリンターで自作することも可能です。

コンパクトなPCケースでありながら、シングルGPU最高峰のGeForce GTX 1080を搭載することもできる製品です。

CPUには水冷式CPUクーラーを搭載することも可能です。

ゲーミングPCが欲しいけど、でかいタワーPCを設置するスペースがないような場合に最適です。



レビュー記事

ミニタワーでも高性能

ドスパラ オリジナルKTMケースを採用したミニタワーゲームPC、GALLERIAのレビューです。

ミドルタワーケースよりも一回り小さいミニタワーケースを採用していながら、高性能なグラフィックカード、大容量の電源を搭載することが可能です。

注文してから出荷されるまで2日という短納期も魅力です。

GeForce GTX 750TiからTITAN Xまでの、ミドルレンジからハイエンドまでのグラフィックスを搭載したモデルが用意されています。

本レビュー記事では、GTX 1060 3GBを搭載したGALLERIA DTでレビューします。

公式サイトドスパラ GALLERIA シリーズ
※KTMケースは、D、Mシリーズです


ドスパラ GALLERIA QSF1060HGS

レビュー記事

ノートPCでもGTX 1060搭載

GALLERIA QSF1060HGSは、GeForce GTX 1060を搭載した高性能ゲーミングノートPCです。

デスクトップ向けのGeForce GTX 1060より少しクロック周波数が落ちる程度で、大きな性能差はありません。多くのゲームを"最高設定"のグラフィック品質でプレイできることでしょう。

また、G-SYNCにも対応し、GPU側のフレームレートに合わせて、ディスプレイ側のリフレッシュレートを動的に変更させることで、ティアリングやカク付き(スタッター)を抑えることが可能です。

液晶の質、静音性、表面温度なども良好で、完成度の高いゲーミングPCだと思います。


マウス NEXTGEAR-NOTE i5530

レビュー記事

GPUファンを2基搭載

マウス NEXTGEAR-NOTE i5530は、人気の高いGeForce GTX 1060を搭載した15.6型ゲーミングノートパソコンです。

また、「GPU Switch」という機能を搭載し、グラフィックスをGeForce GTX 1060に固定することも可能です。

高さが27mmと薄いボディであることも特徴です。薄いPCは放熱性が気になりますが、本製品はGPU冷却ファンを2基も搭載しており、ゲーム中でもGPU温度は低めに抑えられています(CPU冷却ファンは独立してもう1つあります)。

液晶は、視野角が良いIPS液晶です。

メーカー直販サイト:
マウス(NEXTGEAR-NOTE i5530) icon


デル ALIENWARE 15(R3)

レビュー記事

GTX 1060/1070搭載

デル ALIENWARE 15は、LEDイルミネーションが特徴的な近未来的デザインの15.6型ゲーミングノートパソコンです。

GeForce GTX 1060/1070を搭載可能で、デスクトップPCと変わらない性能を持っています。Oculus RiftやHTC ViveのVRシステムも動作可能です。

液晶はフルHD IPSや、UHD IPSなどが用意されており、G-SYNCに対応した液晶もあります。


関連ページ

GeForce GTX 1080と1070と1060の比較

 

ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較

ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較