会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > PCゲーム > フォーオナー のベンチマークとおすすめPC

フォーオナー のベンチマークとおすすめPC

更新日:2017年3月16日

2017.2.15 初稿 ベータ版でのベンチマーク、プレイ内容などを掲載
2017.2.23 製品版でベンチマークを計測しなおしたものを掲載
2017.3.04 ノートPC用GTX 1080のベンチマークを追記

2017.3.16 ノートPC用GTX 1050のベンチマークを追記

For Honorをプレイ

ユービーアイソフトの放つ新作剣戟アクション

2月16日にユービーアイソフトの完全新作「フォーオナー(For Honor)」が発売されました。フォーオナーはユービーアイソフトの放つ新規タイトルで、プレイヤーは「ナイト」「ヴァイキング」「侍」の3つの勢力に分かれて戦場で争う剣戟アクションとなっており、プレイヤー対プレイヤーが主な、競技性のあるゲームデザインです。

熱い読み合いと駆け引き

対戦型マルチプレイの剣戟アクションと言えば、個人的には1対1では「ダークソウル」リーズ、攻城戦では「Chivalry: Medieval Warfare」や「Mount&Blad」を思い浮かべますが、このゲームは「ダークソウル」と「Mount&Blad」をかけ合わせた感じと言いましょうか。まず一対一の対戦では左、上、右の構えがあり、相手が左の構えから攻撃してくると、こちらも左に構えていればガードが成立します。この三すくみによるじゃんけんに加え、回避、投げ、パリィなどの読み合いがあります。ちなみに、キーボードとマウスよりもゲームパッドの方がやりやすいです。

行動はダークソウルのようにスタミナ依存となっており、攻撃や回避、ガードでスタミナが減ります。もちろん強攻撃をぶんぶん降れば即座にスタミナが切れて相手の格好の的なので、スタミナ管理も大事になってくるわけですね。つまり、格闘ゲームのような読み合いに加え、スタミナとの駆け引きも重要になってきます。相手のモーションや判定を覚える必要もありますが、読み合いが分かってくると、楽しくなってきます。対戦型アクションとしては完成度は高いと思います。剣を振るモーションや走り方も、「ナイト」「ヴァイキング」「侍」それぞれ特徴があって、とてもかっこいいですね。

対戦ルールではドミニオン、ブロウル、デュエル、スカーミッシュ、エリミネーションの5つのマルチプレイモードがあり、最もオーソドックスなのがドミニオン。4人対4人の2チームに分かれて、3つのエリアを奪い合うモードで、バトルフィールドで言うとこのコンクエストみたいなものでしょうか。個人的には3ラウンド制の2人対2人で決闘をおこなうプロウルが好きです。フレンドとボイスチャットで掛け合いながら対戦するのも面白いですね。

ドミニオンでは、プレイヤー自体は4人対4ですが、兵士であるミニオンが大勢いるため、疑似的な攻城戦みたいになります。プレイヤーはこのミニオンからすると、将軍的な位置に辺り、相手のミニオンをバッタバッタと倒し、自軍のミニオンの勢力(ライン)を押し上げていき、エリアを奪い合います。こういう所はリーグ・オブ・レジェンズやDOTA2などのRTSに近いところがあります。途中プレイヤー同士での対戦も勃発しますが、プレイヤー同士が熱く一騎打ちしていると、横からズバズバ切られることもあるので、スタミナ管理と自軍ミニオンの数、仲間の位置など、戦場での立ち回りもかなり重要になってきます。



一騎打ちでは駆け引きが大事

ミニオンを倒し自軍のラインを押し上げる

選択できる3つの勢力と戦闘スタイル

プレイヤーはまず「ナイト」「ヴァイキング」「侍」の3つの勢力から自身に合ったヒーローを選択します。選択した勢力でシーズンとラウンド区切りで成績を争うのですが、もちろんヒーローによっても役職が別れています。侍だと、刀を持った剣聖、棍棒を持った守護鬼、忍者のような大蛇など、それぞれ戦闘スタイルも異なり、戦場で発揮する能力も変わります。

また装備もゲーム内で取得できるマネーからトレジャーボックスのようなものを購入でき、刀や鎧なども自由にカスタマイズすることができます。能力の高いレアな装備もあるので、ついついやり込みたくなるゲーム設計です。

どのヒーローも鎧のディテールが作り込まれており、美しいですね。個人的には脳筋が好きなので、「ヴァイキング」がお気に入りですが、マルチプレイではダントツで「侍」が人気でした。海外でも侍は人気なのでしょうか。

マルチプレイ面ではルールによってはまだまだ調整不足や不満な点も感じますが、何よりこれまでのマルチプレイゲームとは一風変わった、攻城戦や読み合いや駆け引きを楽しめる、全く新しい剣戟アクションということで、楽しめると思います。


各勢力に分かれてシーズンとラウンド区切りで対戦

武器や防具のカスタマイズも

フォーオナー のベンチマークとおすすめPC

最低動作環境と推奨動作環境

最低動作環境と推奨動作環境は、海外Ubisoftのブログにて公開されています。最低動作環境はおそらく、720p、30fpsを想定されており、推奨動作環境は、1080p、60fps、High設定を想定していると思います。下記の通り、推奨動作環境でも求められるグラフィックカードは思っていた以上に低く、サポートされるNVIDIAビデオカードも幅広いです。

  最低動作環境 推奨動作環境
OS
Windows 7/Windows 8.1/Windows 10
(各64ビット版)
Windows 7/Windows 8.1/Windows 10
(各64ビット版)
CPU
Intel Core i3-550、AMD Phenom II X4 955 相当 Intel Core i5-2500K、AMD FX-6350 相当
メモリ 4GB 8GB
GPU NVIDIA GeForce GTX660/GTX750ti/GTX950/GTX1050
(2GB VRAM)以上
GTX680/GTX760/GTX970/GTX1060
(2GB VRAM)以上
AMD Radeon HD6970/HD7870/R9 270/R9 370/RX460
(2GB VRAM)以上
R9 280X/R9 380/RX470
(2GB VRAM)以上
※「https://support.ubi.com/en-gb/Faqs/000025843/System-requirements-for-For-Honor」のページを参照

グラフィック設定画面

垂直同期はオフにすることができ、フレームレートは60fps以上出すことが可能です。グラフィック設定では品質プリセットが低、標準、高、超高とあり、使用しているグラフィックカード(グラフィックメモリ)に応じて、推奨設定を教えてくれます。また本作にはベンチマーク機能が付いています。


ディスプレイ設定画面

グラフィック設定画面

ベンチマーク機能

ベンチマークでは本作が快適に動作するかのテストをゾーンごとにフレームレートを計測してくれます。ゾーンでは開けたマップから大量の兵士たちによる乱戦、爆発シーンなど、負荷によってシーンが別れています。ベンチマークが終わると最後に結果が表示されるので、ここで最小フレームが30fpsを割らず、総合平均フレームが60以上なら快適に動作します。実際に人気のグラフィックカードで計測してみたので、下記を参考にどうぞ。


ベンチマーク計測中

ベンチマーク計測結果画面

フォーオナー のベンチマーク結果

記載しているスコアは総合の平均フレームになります。結果は下記の通り、高設定でもGeForce GTX1050Tiだと平均fpsは60fps以上とかなり負荷の軽いゲームです。グラフィックはとても綺麗で、表示する兵士も多いのですが、これほど負荷を抑えているのは凄いですね。

目安としては、GeForce GTX1050Tiだと、ゾーンによっては一部60fpsを下回っていたので、現状ではデスクトップ、ノートともに、GeForce GTX1060(3GB)のグラフィックカードが快適にプレイする上でベストだと思います。GTX 1070以上のカードになると、フルHD以上の解像度でのプレイも視野に入れることができます。


ノートパソコン
グラフィックス GeForce
GTX1080
GeForce
GTX1070
GeForce
GTX 1060 (6GB)
GeForce
GTX 1050Ti
(2GB)
GeForce
GTX 1050
GeForce
GTX 965M
GeForce
GTX 960M
使用したPC
NEXTGEAR
-NOTE i7901
デル ALIENWARE 15 デル ALIENWARE 17 GALLERIA GKF1050TNF FRONTIER
NZ
デル ALIENWARE 15 マウス
m-Book W
1920x1080
268 fps 174 fps 148 fps 103 fps 82 fps 68 fps 58 fps
標準
191 fps 149 fps 104 fps 68 fps 55 fps 47 fps 41 fps
182 fps 143 fps 100 fps 64 fps 52 fps 45 fps 38 fps
超高 134 fps 106 fps 74 fps 46 fps 37 fps 31 fps 27 fps
3840x2160
96 fps - - -   - -
標準
60 fps - - -   - -
57 fps - - -   - -
超高 41 fps - - -   - -

デスクトップパソコン
グラフィックス TITAN X GeForce
GTX1080
GeForce
GTX1070
GeForce
GTX1060
(6G)
GeForce
GTX1060
(3G)
GeForce
GTX1050Ti
GeForce
GTX1050
使用したPC ドスパラ GALLERIA
1920x1080
263 fps 237 fps 210 fps 170 fps 159 fps 107 fps 98 fps
標準
221 fps 188 fps 156 fps 115 fps 107 fps 70 fps 64 fps
212 fps 180 fps 149 fps 109 fps 102 fps 65 fps 61 fps
超高 160 fps 133 fps 108 fps 78 fps 72 fps 47 fps 43 fps
3840x2160
113 fps 94 fps 76 fps - - - -
標準
73 fps 60 fps 48 fps - - - -
69 fps 57 fps 46 fps - - - -
超高 49 fps 41 fps 33 fps - - - -

画質を比較してみる

品質プリセットの低設定と超高設定での画質比較です。テクスチャはもちろんのこと、草木の表示量、影の品質が大きく異なります。グラフィックは負荷に反してとても綺麗なので、プレイする際は超高設定がおすすめです。


画質比較

フォーオナーをプレイするにはGeForce GTX 1060(3GB)を選択するべし!

上記のベンチマークの通り、ゲームの負荷はそれほど高くなく、デスクトップとノートパソコンともに、GeForce GTX 1060(3GB)なら超高設定で、60fpsを下回ることなく快適にプレイできると思います。GeForce GTX 9シリーズモデルならGTX 960やGTX 970辺りなら大丈夫でしょう。

おすすめのノートパソコン
デル
ALIENWARE 15(R3)
ドスパラ
GALLERIA GKF1060NF
HP
OMEN by HP 17-w200
GTX 1060 GTX 1060 GTX 1060
15.6型 17.3型 17.3型
近未来的デザイン 光学ドライブあり PCIe NVMe SSD標準搭載
レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト
   

おすすめのデスクトップパソコン
ドスパラ
GALLERIA
マウス
NEXTGEAR-MICRO
パソコン工房
Level∞ R-Class
サイコム
G-Master
高い拡張性 高いコスパ 高バランス 高い品質
レビュー レビュー レビュー レビュー
メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト メーカーサイト

関連ページ

フォーオナー 公式サイト

■ゲーム用ノートパソコン比較:ゲームノートパソコンの比較 - the比較

■ゲーム用デスクトップパソコン比較:ゲームデスクトップパソコンの比較 - the比較