会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > セキュリティソフト > インターネットセキュリティ

PC・インターネットセキュリティ

PC・インターネットセキュリティを体系的に整理しました

ウイルスや情報漏洩、詐欺がたくさんありすぎて、パソコン及びインターネット利用時のセキュリティは、何をすればよいのか迷うと思います。そこで、危険度や優先度をつけて、パソコン・インターネットのセキュリティを、体系的に整理してみました。

何をすると危険なの? - インターネットセキュリティ・PCセキュリティ

PCを使うときに起こりうる危険(特にインターネットの危険)を、例を用いて簡単に説明します。 自分には関係ないものは飛ばして下さい。 たとえばP2Pソフト(Winny等)を使わない人は、「P2Pソフトの危険」のところは読み飛ばして下さい。

インターネットの危険

インターネットのセキュリティ Webセキュリティ メールセキュリティ P2Pソフトセキュリティ

インターネット+オフラインでの危険

モバイルPCセキュリティ USBメモリセキュリティ Excel、Word、PDFセキュリティ 無線LANセキュリティ

オフラインでの危険

PC廃棄の危険 PC修理の危険 自宅PC盗難の危険

これで対策! - インターネットセキュリティ・PCセキュリティ

上で紹介した危険を防ぐためには、どんなセキュリティ対策をすればよいかについて簡単に説明します。

必須の対策

セキュリティソフト Microsoft Update 行動対策

できるだけ実施しておきたい対策

ディスク・ファイル暗号化 有害Webサイトフィルタ ハードディスク完全消去

危険と対策の対応表

上の「危険」と「対策」は1対1で対応しているわけではありません。 以下の表にどの対策をすれば、どの危険から回避できるかを示します。 「○」が対策がとれるという意味で、「×」は対策がとれないという意味です。「△」は場合によって対策がとれるという意味です。 状況によって異なる場合もあるので参考程度に見て下さい。

セキュリティ対策関連ソフトの対策範囲
対策一覧
セキュリティソフトのインストール 各ソフトのパッチ適用 行動による対策 OS/ファイルバックアップ ディスク/ファイル暗号化 有害サイトフィルタリング ハードディスク完全消去
危険一覧 インターネットにつなぐ危険 × × ×
Web閲覧の危険 × ×
メールの危険 × ×
P2Pソフトの危険 × × × ×
モバイルPCの危険 × × ×
USBメモリの危険 × × × ×
Excel、Word、PDF等の危険 × × ×
無線LANの危険 △※ × × × × ×
PC廃棄の危険 △※ × × × ×
PC修理の危険 △※ × × ×
自宅PC盗難の危険 △※ × × × ×

※ セキュリティソフトによります。

どこまでやれば良いの?インターネットセキュリティ

セキュリティに、「100% 安心」というものがありません。お金をかけようと思えばいくらでもかけられます。 そのため、どこかで見切りをつける必要があります。

最低限の対策としてインターネットセキュリティソフトのインストールと、Microsoft Updateなどのパッチ適用が必要です。

そして、可能であればディスク/ファイル暗号化や、有害サイトフィルタリングを行えば良いと思います。

 

 

広告枠
キングソフト