会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > パソコン工房 > Style∞ M-Class > まとめ

パソコン工房 Style∞ M-Class の実機レビュー(2)

更新日:2017年3月17日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

今回、専用グラフィックスを搭載しておらず、またケースファンに「静音9cmケースファン(山洋製 SF9-S4)」を選択したため、やや低めの動作音です。

欲を言えば、CPUファンも静音性の高いものを選択できたら、なお良かったと思います。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

今回、やや低めの性能のCore i3を搭載していたこともあり、低めの温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

専用グラフィックスを搭載しておらず、CPUもCore i3ということもあり、デスクトップPCとしては低めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

フロント面は光沢感があり綺麗です。ただし、ホコリが付着しやすく、また付いたホコリが目立ちやすいという欠点があります。

 

光学ドライブの画像です。

 

フロントパネルの中央には、ヘッドホン、USB3.0端子などがあります。

 

天面です。電源およびHDDのアクセスランプは天面にあります。

 

側面です。

 

背面です。

 

オンボードのインターフェースです。映像出力ポートはDVI、VGA、DisplayPortの3つがあります。ただし、映像出力できるのは2画面までです。

 

ゴム足は固めです。

ケースの内部のチェック

ケース内部とエアフローです。ケースファンは、背面にのみ配置されています。

 

リア側の静音9cmケースファン(山洋製 SF9-S4)の画像です。径は9cmとやや小さいですが比較的静かです。

 

フロント側にケースファンを選択することは出来ません。

 

ドライブベイは、5インチベイが2つ、3.5インチオープンベイが1つ、3.5インチシャドウベイが2つあります。3.5/2.5インチ兼用内蔵ベイも1つあるらしいのですが、シャドウベイの裏側を指しているのか、フロント側を指しているのかよく分かりませんでした。

 

マザーボードの全体図です。チップセットはH110 Expressです。

 

PCI Expressスロットです。M.2スロットはありません。

 

CPUファンです。

 

メモリスロットは2つです。

 

今回搭載した450Wの電源ユニットです。ケーブルの着脱はできず固定されています。

 

450W電源ユニットの仕様です。

 

斜めから見たケース内部の画像です。

 

反対側の斜めから見た画像です。

まとめ

以上が、Style∞ M-Classのレビューです。

価格の安いミニタワーPCです。

静音性の高い山洋製 SF9-S4のリアケースファンを選択できるのも良いと思います。

ケース内部はシンプルな作りです。

フロント側のケースファンを搭載できないため、GeForce GTX 1060以上の大きくTDPも高いグラフィックカードを搭載する場合は、やや熱が心配です。ゲームをするなら、ゲーミングPCと呼ばれる製品のほうがいいと思います。専用グラフィックカードを搭載しないなら、本製品でも十分だと思います。

フロントパネルは光沢感があり綺麗ですが、ホコリが付着しやすく、目立ちやすいです。また、M.2 スロットはありませんのでご注意ください。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:パソコン工房(Style∞ M-Class) icon