会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ideapad 330S(14)

レノボ ideapad 330S(14) の特徴

更新日:2018年5月3日

宅内モバイル向けPC - 割と軽量で低価格

ideapad 330Sは、宅内モバイルPC向けの低価格ノートPCです。

質量が1.67kgとなっており、据え置きPCとしては非常に軽く、室内で持ち運ぶのに適した製品です。

モバイル専用PCとしては多少重いですが、質量はそれほど気にしない方や、車での移動が主な方であれば、モバイルPCとしても十分利用できると思います。

それでいて、価格は5万円台からと非常に安いです。5万円台で購入するには、Pentium 4415UのCPUにする必要がありますが、ベンチマークスコアを見ると、そこまで悪いスコアではないです。

第8世代インテルCPUを搭載して、高性能なPCに構成することも可能です。

CPU Core i7-8550U
Core i5-8250U
Core i3-7020U
Pentium 4415U
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 128GB / 256GB
PCIe SSD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 FHD IPS 非光沢
質量 約1.67kg
バッテリー駆動 約12.4時間
価格 5万円台~(税込)

 

ideapad 330Sの特徴

低価格な宅内モバイルPC

本製品の魅力は、質量が1.67kgと据え置きPCとしては非常に軽量なことと、価格が5万円台からと非常に低価格なことです。

軽量であるため、自分の部屋からリビングへPCを持って作業をするときや、自席から会議室へPCを持っていくときなどに便利です。

ThinkPad X1 Carbonなどのモバイルに特化した製品と比較すると、やや重くなってしまいますが、多少重くても気にしない方はモバイル機(外出先へ持ちだす用のPC)としても活用できるでしょう。その場合、モバイル兼メインPCとして利用できます。

CPUの選択幅が広い

ideapad 330Sは、CPUの選択肢が広いことも特徴です。

第8世代Core i7-8550U、第8世代Core i5-8250U、第7世代Core i3-7020U、Pentium 4415Uを搭載した異なるモデルがあります。下記の表にPassMarkのベンチマークスコアを掲載しました(Core i3-7020Uは、発売されて間もないため、データがありませんでした)。

CPUのベンチマーク値の比較
  Core i7-8550U Core i5-8250U Core i3-7020U Pentium 4415U
ベンチマーク値 9372 8587 不明 3189

 

一番低いスペックのPentium 4415Uでも、そこそこの性能となっています。Core i3-6006Uくらいのスコアがあります。軽作業であれば、それほどストレスなく使用できるでしょう。

Web閲覧や動画鑑賞しかしないので価格を抑えたい方はPentium 4415U、動画編集や画像編集などをしようと思っている方はCore i5-8250Uを選択するなど、用途によってCPUを選べます。

ストレージは高速なPCIe NVMe SSD

ideapad 330Sのストレージは、高速なPCIe NVMe SSDとなっています。容量は、CPUスペックの上位2機種が256GB、CPUスペックの下位2機種が128GBとなっています。カスタマイズで容量を変更したり、HDDとのデュアルドライブ構成は選択できません。

HDDよりもかなり高速での読み書きが可能なので、Pentiumuモデルでも快適な起動と動作で使用できそうです。

IPS液晶ディスプレイ搭載

ideapad 330Sは、5万円台から購入できるPCですが、フルHDのIPS液晶を搭載しています。通常、安めのPCだと、解像度がHDだったり、視野角がそれほど良くないディスプレイを搭載することで価格を抑えていることが多いですが、ideapad 330Sはそうではありません。

また、ディスプレイのベゼルは5.7mmと狭く、見た目もすっきりしています。


狭額ベゼルのディスプレイ

 

ツートンカラーでスタイリッシュ

ideapad 330Sは、ディスプレイ部分と本体部分の色が異なる、ツートンカラーとなっています。カラーバリエーションはありませんが、かっこいいです。


ツートンカラー

 

そこそこのバッテリー駆動時間

ideapad 330Sは、約12.4時間のバッテリー駆動が可能です。実際の使用では、もう少し短くなるとは思いますが、外出先でもバッテリーを気にせず使用できそうです。

また、バッテリーは急速充電にも対応しています。1時間で約80%の充電が可能なので、いざという時にも安心です。

カスタマイズはできない

ideapad 330Sは、それぞれのCPUを搭載した4つのモデルがあり、構成を細かくカスタマイズすることはできません。

また、現在Microsoft Officeをバンドルして購入することもできませんでした。Officeソフトが必要な方は、別途購入する必要がありますので、ご注意ください。

インターフェイスはシンプル

ideapad 330Sは、USB Type-C、USB 3.0 x2、HDMI、SDカードスロットを備えています。LANおよび光学ドライブは搭載してません。

USB Type-Cがありますし、メモリーカードスロットも普通サイズのSDカードに対応しています。シンプルな構成ではありますが、使用頻度の高そうなインターフェイスは揃っており、通常の使用であれば十分でしょう。

レノボの低価格14型ノートPCの価格比較

レノボには、低価格な14型ノートPCが他にもあります。これらの機種と比較してみます。

ideapad 330Sは、「S」がideapad 330の軽量版となっていますが、ディスプレイがIPSパネルだったり、SSDがPCIeであったりと他にもメリットがあります。ただ、ideapad 330はデュアルストレージにできるのが強みです。

ThinkPad E480はカスタマイズが可能で、キーボードも打ちやすく、堅牢性も高いですが、ideapad 330Sに比べるとやや高めで、メモリカードスロットもmicro SDとなっています。

レノボの14型ノートPCの比較
  ideapad 330S ideapad 330 ThinkPad E480
CPU Core i5-8250U
メモリ 8GB
SSD PCIe 256GB SATA 128GB PCIe 256GB
HDD 1TB
液晶 14型 FHD IPS 14型 FHD TN 14型 FHD IPS
質量 1.67kg 2.1kg 1.75kg~
価格 87,033円 83,570円 93,506円

ライバル機種との比較

14型で、軽量で、価格も安いライバル機種として、まず思い出すのが、デルのInspiron 14 7000です。Core i5-8250Uを搭載したモデルについて、スペックをできるだけ同じにし、価格などを比較してみました。どちらも、現時点でのクーポン適用時の価格です。レノボのPCは税込み価格となっていますが、分かりやすく比較するため、税抜き価格に換算して表示しています。タイミングによって価格が変動するのでご了承ください。

ライバル機種との比較
  ideapad 330S Inspiron 14 7000
CPU Core i5-8250U
メモリ 8GB
SSD PCIe 256GB SATA 256GB
液晶 FHD IPS 非光沢 FHD IPS 光沢
インター
フェイス
HDMI
USB 3.0 x2
USB Type-C x1
SDカードスロット
HDMI
USB 3.0 x2
USB 2.0 x1
SDカードスロット
有線LAN
質量 1.67kg 1.649kg~
バッテリー 約12.4時間 不明 42Whr
価格(税別) 80,586円 75,984円

 

価格については、今回はInspiron 14 7000のほうが安かったです。またOfficeをバンドルした製品を選べることもメリットです。

ただし、ideapad 330Sは、USB Type-Cポートを搭載している点や、SSDがPCIe接続である点、ディスプレイが非光沢である点はメリットかなと思います。また、Inspiron 14 7000は、これ以上スペックを下げて価格を安くすることはできませんが、ideapad 330SはPentium 4415Uを搭載して価格を下げることが可能です。

後日実機レビュー

当サイトでは、こちらの製品を購入しました。後日、実機でのレビューを行います。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

レノボ(ideapad 330S ページ)

関連ページ

モバイルノートパソコンの比較

モバイルノートパソコンの比較ページ。ThinkPadやレッツノートなどの人気の製品や、カテゴリ別におすすめの製品を掲載しています。

レノボ PCの一覧とおすすめPC

レノボのパソコンの一覧ページです。売れ筋のThinkPadや、コスパの高いideapadなど掲載し、おすすめのPCも紹介。