会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > ENVY 13(13-ad000、13-ad100)

HP ENVY 13(13-ad000、13-ad100)の実機レビュー

更新日:2017年10月22日

高級感ありつつお手頃価格

ENVY 13は、高級感のあるデザインで、スペックも十分でありながら、8万円台から購入可能な、コストパフォーマンスの高い13.3型モバイルノートパソコンです。

天板およびキーボード面がアルミニウム素材、底面がマグネシウム素材で、表面梨地処理が施されており、高級感のあるデザインです。

Core i プロセッサーに、IPSフルHD液晶、PCIe SSDを搭載しており、スペックは十分で、質量は約1.24kg、バッテリー駆動時間は約14時間と、モバイルPCとしての性能もまずまずです。

2017.10.22 第8世代CPUの各種計測結果を追記しました。


※レビュー機は、1台が当サイトの購入品、2台がメーカーからの貸出機です

目次

お忙しい方は、「1」の特徴のみお読みください。

ENVY 13の特徴

この性能・素材で、88,800円~

HP ENVY 13は、アルミニウムやマグネシウムなどの高級素材を用い、Core iプロセッサー、PCIe SSDの十分なスペックで、視野角の良いIPS液晶を搭載し、約1.24㎏と比較的軽量なボディです。

こういった構成の場合、15万円くらいの価格でもおかしくないですが、HP ENVY 13は最小構成なら88,800円(税抜)という安さで、非常に高コストパフォーマンスなモバイルノートPCです。

また、左右の液晶ベゼルが細く、今流行りのデザインとなっており、ボディも比較的コンパクトです。ちなみに、ベゼルが狭いモバイルノートPCの元祖と言えば、デルのXPS 13ですが、この機種とPC本体のサイズを比較すると横幅はほぼ一緒です。ただし、縦幅に関してはXPS 13のほうがやや短かったです。


キーボード面はアルミニウム素材


底面はマグネシウム素材


ナローベゼル(狭い液晶フレーム)

比較的長いバッテリー駆動時間

ENVY 13は、比較的多めのバッテリーを搭載しており、バッテリー駆動時間が、モバイルノートPCの中でも長めです。バッテリー駆動時間の長いPCは、質量が重いケースもありますが、ENVY 13は1.2kg台とまずまずの重さに抑えられています。

バッテリー駆動時間の詳細は「バッテリー駆動時間のチェック」をご覧ください。

性能が上がった第8世代インテルCoreプロセッサーを選択可能に!

ENVY 13は、第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したモデルも、新たに登場しました。旧世代の第7世代インテルCoreプロセッサーと比べると約1.4倍はベンチマークスコアが伸びています。エンコードのような長時間かかる処理を行うような方は、第8世代インテルCoreプロセッサーをおすすめします。

ただし、Web閲覧、文書作成などの一般的にモバイルノートPCで行うような作業のみを行う方であれば、第7世代Coreプロセッサーでも良いと思います。

メモリはオンボードのシングルチャンネル

ENVY 13のメモリは、シングルチャンネルとなっています。デュアルチャンネルのメモリに比べて、処理速度がやや遅くなります。特に、CPU内蔵グラフィックスの処理性能が落ちます。ただし、ベンチマークなどを実行すると、違いが分かりますが、実際に使用しているときは、違いはほぼ分からないと思います。

タッチパッドはやや使いにくい

詳しくは後述しますが、個人的に、タッチパッドがやや使いにくいと感じます。詳細は「キーボードおよびタッチパッドのチェック」をご覧ください。個体差や個人差もあると思うので、気になるならモバイル用マウスの使用をおすすめします。

主な仕様

主な仕様は次の通りです。なお、第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載したモデルは「ENVY 13-ad000」というシリーズ名となり、第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したモデルは「ENVY 13-ad100」というシリーズ名となります。

本製品の特徴的な部分は赤字にしています。※2017年10月20日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

ENVY 13のスペック
  ENVY 13-ad000 ENVY 13-ad100
液晶 13.3型 FHD IPS 光沢
CPU Core i3-7100U
Core i5-7200U
Core i7-8550U
メモリ LPDDR3 4GB / 8GB
(オンボード)
LPDDR3 8GB
(オンボード)
グラフィックス インテル HD
グラフィックス 620
インテル UHD
グラフィックス 620
ストレージ 256GB SSD PCIe
512GB SSD PCIe
512GB SSD PCIe
バッテリー 約14時間
(MobileMark 2014)
約13時間
(MobileMark 2014)
質量 約1.24kg 約1.24kg
薄さ 14~16mm 14~16mm

今回は次の3種類の構成ベンチマークなどを計測しています。

  • Core i3-7100U、メモリ4GB、256GB PCIe SSD
  • Core i5-7200U、メモリ8GB、512GB PCIe SSD
  • Core i7-8550U、メモリ8GB、512GB PCIe SSD

液晶ディスプレイのチェック

ENVY 13の液晶ディスプレイのチェックです。

最大輝度は、当サイトによる計測では323 cd/m2でした。比較的明るいです。

広い視野角です。斜めから見ても色合いの変化が少ないです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、若干明部が暗めに調整されていますが、どの色もずれが少なく、自然は発色となっています。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はノートパソコンとしては、やや広めです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

光沢液晶であるため、画面への映り込みがあります。

画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

ENVY 13のキーボードとタッチパッドのチェックです。

メーカーのスペック表を確認すると、キーピッチは18.6x18.6mm、キーストロークは約1.8mmとなっています。キーピッチは十分な広さです。ただ、キーストロークは、筆者が実際に測ると、1.0~1.2mmくらいしかありません。ただ、押し心地は普通だと思います。

キー配列は、「Home」、「Pg Up」などのキーが右端にあるのが気になります。このせいで、通常右端にある「Enter」キーや「BackSpace」がタイプミスしやすいです。「Enter」キーは通常よりも大きいのでまだマシですが、「BackSpace」キーが割とタイプミスしやすいです(個人差あります)。

また、パームレストがやや小さく、手の大きい筆者だと、パームレストから手の平がはみ出ます。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2


キーの拡大図3


キーの拡大図4

 

キーボードバックライトを搭載しています。なお、明るさに段階はなく、ONかOFFのどちらかのみとなっています。


バックライトキーボード

 

実際にPCを操作していて気になったがタッチパッドです。

クリックボタンを押してから、センサーに到達するまで、車のクラッチのような遊びがあります。クリックボタンを押すと、センサーに届くと1回「カチッ」と音が鳴り、さらに押し込むと「カチッ」というクリック音がまた鳴るようになっており、1クリックするたびに2回音が鳴るので気になります(下の動画参照)。また、この影響と、タッチパッドとクリックボタンが一体になっていることから、クリックするときにマウスカーソルが少しズレることがあります。また、ファイルなどをドラッグする操作(左クリックをしながらマウスを移動させる操作)をすると、途中でドラッグが解除されてしまい、ファイルが意図しないところへ移動されることもありました。


タッチパッドのクリックボタンを押したときの様子(1クリックすると2回音が鳴る)

 

ただ、個体差もあるようです。今回3台のPCでレビューをしていますが、そのうち1台は2回クリック音が鳴る件について、それほど気にならず、2台はドラッグ操作のミスが起こりません。

また、慣れてくると、この場所をクリックすると、クリック音が2回鳴りにくいとか、マウスカーソルが動きにくいとかが分かってくるので、なんとかなるレベルだと思います。また、指や部屋が乾燥していると操作しにくい面がありますが、指が湿っていたり部屋の湿度が高いと、誤動作しにくくなるようです。

 

もし、気になるようでしたら、モバイル用のマウスを購入しておくのも良いと思います。HP ENVY 13の購入画面で、以下のようなBluetoothマウスやワイヤレスマウスを購入できます。なお、BluetoothマウスのほうがUSBポートを1つ塞がないので便利ですが、電池の持ちは悪いです。一方、ワイヤレスマウスは、電池の持ちがいいですが、アダプターをUSBポートに接続しなくてはなりません。


Z5000 Bluetoothマウス


Z3700ワイヤレスマウス

パフォーマンスのチェック

ENVY 13のパフォーマンスのチェックです。

CPU

本製品は、標準的な性能の「Uシリーズ」のCoreプロセッサーを搭載しています。第7世代のCore i3とCore i5が選択可能でしたが、新たに第8世代のCore i7も選択できるようになりました。

編集系の作業をするならCore i7-8550Uを、ネット閲覧やOffice作業をするならCore i5-7200U、価格を抑えるならCore i3-7100Uが良いと思います。


CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

ストレージには高速なPCIe SSDを搭載しています。多くの作業が快適でしょう。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

HP ENVY 13で計測したベンチマーク

以下、本機でのベンチマークスコアです。

なお、CINEBENCH R15は、Core i5-8250Uでのみ計測しています。

CINEBENCH R15
(CPU性能の評価)

【第8世代CPU】Core i5-8250U
PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i3-7100U


Core i5-7200U


【第8世代CPU】Core i7-8550U
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)

Core i3-7100U、インテル HD グラフィックス 620


Core i5-7200U、インテル HD グラフィックス 620


【第8世代CPU】Core i7-8550U、インテル UHD グラフィックス 620
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i3-7100U Core i5-7200U 【第8世代CPU】
Core i7-8550U
x265でエンコード (※1) 53分29秒 48分24秒 30分10秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 5分01秒 4分49秒 3分40秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

256GB SSD


512GB SSD

質量のチェック

ENVY 13の質量のチェックです。

メーカー仕様表を確認すると、「約1.24kg」となっています。

当サイトによる計測値は下図の通りで、PC本体のみで1.235kgと、ほぼ仕様通りです。最近は1kg以下や1kgちょっとのモバイルノートパソコンが多くなってきており、これらと比べると重いですが、モバイルノートパソコン全体で見ると、やや軽量な部類かなと思います。

ACアダプターは、281gと普通の重さです。電源ケーブルが太くて重いため、HP Spectre x2のようにウォールマウントプラグが付属していたら良かったとも思います。


質量の実測結果

 

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間のチェックです。

バッテリー容量は53.61Whとなっています。モバイルノートPCの中には70Wh台の製品もありますが、一般的には40Wh台のモバイルノートPCが多いため、本製品は比較的多いバッテリー容量であるといえます。

バッテリー駆動時間は、メーカーサイトには約14時間(MobileMark 2014にて計測)と書かれています。当サイトの計測によるバッテリー駆動時間は下表の通りです。一般的なモバイルノートPCに比べて、比較的長い駆動時間です。

また、Core i7のモデルよりCore i5のモデル、さらにCore i5のモデルよりもCore i3のモデルのほうがバッテリー駆動時間は長くなります。CPU性能は落ちてしまいますが、バッテリー駆動時間を長くするためにあえてCore i3のモデルを選ぶのも良いと思います。

バッテリー駆動時間
  Core i3-7100U Core i5-7200U Core i7-8550U
PCMark 8 Home テスト ※1 7時間01分 5時間55分 5時間24分
PCMark 8 Work テスト ※2 9時間15分 7時間56分 6時間27分
動画再生時 ※3 9時間51分 9時間24分 8時間51分
※画面輝度を約120cd/m2に調整して計測
※1 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行
※3 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生

 

 

  1 2 次へ
  目次