会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Stream 11-r000

HP Stream 11-r000の実機レビュー

更新日:2016年1月8日

27,700円~

HP Stream 11-r000は、27,700円から購入できる安さが魅力の11.6型ノートパソコンです。

内蔵ストレージが少ない代わりに、Microsoft OneDrive 100GBが2年間無料で使用できます。

比較的軽量で、バッテリー駆動時間も長めです。

天板から底面、ゴム足まで、ブルーで統一されたカラーも特徴的です。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス


※レビュー機はメーカーからの借用品です

目次

HP Stream 11-r000の基本スペック

HP Stream 11-r000の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2016年1月7日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
Celeron N2840です。
 
グラフィックカード
CPU内蔵(インテル HDグラフィックス)です。
 
液晶ディスプレイ
11.6型ワイド、非光沢、HD(1366x768)の液晶です。
メモリ
2GBメモリです。
 
ストレージ
32GB eMMCです。
 
光学ドライブ
非搭載です。
 
バッテリー駆動時間
約10時間30分(MobileMark 2014による計測)です。
その他
重量は約1.18kg、薄さは18.4mmです。
 

特徴1- 27,700円(税、送料抜き)と低価格

本製品は、27,700円から購入することが可能です。とても安いです。ただし、消費税と送料を含めると、33,156円からとなります。


27,700円~と低価格

特徴2 - Microsoft OneDrive 100GBが2年間無料

HP Stream 11-r000は、内蔵ストレージ容量が32GBしかありません。大きなプログラムをたくさんインストールする方や、内蔵ストレージにデータを保存したい人には適しません。

その代わり、クラウドストレージサービス「Microsoft OneDrive」の100GBプランを、2年間無料で使用できる特典コードが付いています。クラウドサービスへデータを保存する運用をしている方・運用ができる方に適した製品となります。


OneDriveの100GBのストレージを2年間使用可能

比較的軽量

重量も比較的軽いです。当サイトでの計測値は下図の通りです。


重量

バッテリー駆動時間も比較的長い

バッテリー駆動時間のチェックです。

まずBatteryInfoViewのソフトでバッテリー容量を確認したところ、37,453mWhでした。11.6型ボディにしては多めの容量を搭載しています。当サイトでのバッテリー駆動時間の計測値は下表の通りです。他のモバイルノートパソコンと比べてやや長めです。

バッテリー駆動時間
  バッテリー駆動時間
動画再生時 ※1 8時間21分
PCMark 8 Home のバッテリーライフテスト ※2 6時間36分
PCMark 8 Work のバッテリーライフテスト ※3 6時間57分
※画面輝度は約120cd/m2で計測
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行
※3 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。液晶は価格なりで、それほど見やすくはありません。

視野角は悪いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色がかなり下げ調整となっています。このことからかなり寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はやや狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状はシンプルです。ギラつきは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

メーカー仕様表を確認すると、キーピッチは約18.9 x 18.9mmと小さいボディの割には十分な間隔です。キーストロークは約1.5mmと最近のノートパソコンとしては普通です。キートップはほぼフラットで、滑りにくい素材です。

実際に打った感想としては、キートップの手触りに安っぽさを感じますが、普通に打てるキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの使いやすさも普通です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUにはCeleron N2840を採用しており性能は低めです。メモリも2GBしかありません。内蔵ストレージも32GBです。スペックは全体的に低めで、クリエイティブな作業には適しませんが、Webページの閲覧程度なら問題ないです。

ベンチマーク結果は次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け
※FIRE STRIKEは実行できませんでした

PCMark 8 - Home accelerated

動画のエンコード時間

2015年10月24日より、エンコードのテスト内容を変更しましたので、ご注意ください。

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Celeron N2840
x265でエンコード (※1) 時間がかかりすぎるため省略
x264でエンコード (※2) 1時間29分02秒
NVENCでエンコード (※3)
QSVでエンコード (※4) 40分54秒
XAVC Sの動画(約5分、4K)をMP4(FHD)へ変換。x265はH.265/HEVC、それ以外はH.264/AVCへ変換
※1 4Kや8Kにも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが、出力ファイル容量は従来の約半分
※2 H.264エンコーダーの中で、現在人気の高いエンコーダー。ほどほどの速度で高画質
※3 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載される最新ハードウェアエンコーダー。従来のCUDAより速度、画質とも向上
※4 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー。エンコードが高速

ストレージのベンチマーク


32GB eMMC
(CrystalDiskMark 5 で計測)

SDカードのベンチマーク


UHS-Ⅰ対応カード
(CrystalDiskMark 5 で計測)

 

 

 

  1 2 次へ
  目次