会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HP Pavilion 15-p200

HP Pavilion 15-p200の実機レビュー

更新日:2015年2月28日

第5世代インテルCPU搭載で約5万円~

HP Pavilion 15-p200は、第5世代インテルCPU(Broadwell-U)を搭載しながら、約5万円から購入可能な15.6型ノートパソコンです。

旧モデルよりも価格が下がり、お買い得です。

つなぎ目のないユニボディの底面や、線形テクスチャ―が施された天板など、安価な割にデザインも良いです。珍しいアクアブルーカラーも用意されています。

また、GeForce 840Mを搭載したモデルもあります。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

HP Pavilion 15-p200の基本スペック

主な仕様は次の通りです。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年2月26日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第5世代インテルCPUを搭載しています。本機はCore i3-5010Uを搭載しています。
グラフィックカード
CPU内蔵、またはGeForce 840Mです。本機はCPU内蔵グラフィックスです。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド光沢液晶です。解像度はHD(1366x768)です。
メモリ
4GBまたは8GBです。本機は4GBです。
 
ストレージ
500GBまたは1TB HDDです。本機は500GB HDDです。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 
バッテリー駆動時間
メーカー仕様表では最大約6.5時間です(MobileMark 2012で計測)。
その他
薄さ24 - 27.5 mm、重量約2.27kgです。
 

特徴 - 第5世代インテルCPUで約5万円~

本製品は、最新の第5世代インテルCPUを搭載しながら、約5万円から購入可能な安さが魅力の製品です。

線形テクスチャ―の天板、ユニボディの底面、薄型ボディ、メタリックなパームレストとデザインも良く、安価なパソコンには見えません。


デザインも安価には見えない

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、かなり寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状はシンプルで、ギラつきはありません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

メーカーの仕様表を確認すると、キーピッチは18.7 x 18.7mm、キーストロークは1.5mmです。普通の押しやすさのキーボードです。ただし、「backspace」キーの小ささがやや気になります。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。ただし、クリックボタンがやや固いです。据え置き型のノートパソコンですので、マウスを使ったほうが良いと思います。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

UシリーズのCore i プロセッサーです。モバイルPCに使われていたCPUですが、最近は据え置きA4ノートにも良く使われるため、普通の性能であると言えます。ただ、SSDを搭載できないのは残念です。

Core i3-5010U、4GBメモリ、500GB HDDのベンチマーク結果は下の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※画像内のCPU名はソフトの誤表示です
※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け

PCMark 8 - Home accelerated

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i3-5010U
x264でエンコード 36分05秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 16分43秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


500GB HDD

SDカードのベンチマーク

高速です。ただし、UHS-Ⅱには対応していません。


UHS-Ⅰ対応カード

ゲームベンチマーク

今回レビューに使用している製品は、専用グラフィックスを搭載していないため、ゲームのベンチマークは計測していません。

ただ、旧モデルのHP Pavilion 15-p000では、GeForce 840Mを搭載していたため、ゲームベンチマークを計測しています。スコアはそれほど変わらないと思うため、ご興味のある方はご覧下さい。→ HP Pavilion 15-p000の実機レビュー

なお、本製品は、UシリーズのCore i プロセッサーを搭載しています。ゲーミングノートPCに多く搭載されるMQまたはHQシリーズのCore iプロセッサ―よりも性能が劣るため、GeForce 840M本来の性能が出ていません。ゲームをするなら、HP OMEN 15などの他の機種のほうが良いと思います。

 

 


  1 2 次へ
  目次