会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > ENVY15-j100

HP ENVY15-j100の実機レビュー

更新日:2014年1月23日

ワンランク上の性能でコスパも高い

HP ENVY15-j100は、クアッドコアCPUに、専用グラフィックスを搭載し、通常のノートパソコンよりもワンランク上の性能を持った15.6型ノートパソコンです。

グラフィックスはGeForce GT740MまたはGT750Mから選択することが可能です。

Webやメールはもちろん、動画編集、画像編集、ブルーレイ再生など、色々やりたい方に適したノートパソコンです。

ボディ(の一部)にはアルミニウムを採用し、薄型で、デザインも良いPCです。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス

※レビュー機は当サイトでの購入製品です

目次

HP ENVY15-j100の基本スペック

ENVY15-j100の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年1月22日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第4世代インテルCPUを選択可です。本機は、クアッドコアのCore i7-4702MQです。
グラフィックカード
NVIDIA GeForce GT740MまたはGT750Mです。本機はGT750Mです。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイドの光沢液晶です。解像度は1920×1080(フルHD)です。
メモリ
最大8GBまで選択可能です。本機は4GBです。
 
ハードディスク/SSD
HDD+キャッシュ用mSATA SSDです。 本機は1TBのHDD+24GBのSSD (mSATA) です。
光学ドライブ
非搭載です。
 
バッテリ駆動時間
メーカー公表値で最大 約6時間です。
 
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - ワンランク上の性能でコスパも高い

ENVY 15-j100は、ミドルスペックの専用グラフィックスを搭載し、通常の(CPU内蔵グラフィックスの)ノートPCよりもワンランク上のスペックとなっているノートパソコンです。

4コアのCore i7-4702MQ、GeForce GT750Mと人気のスペックに構成することが可能です。このスペックでも約10万円で販売されており、コストパフォーマンスも高いです。

世界シェアNo.1の一流メーカーですし安心感もあります。薄型のデザインで見た目も良いです。


ENVY 15-j100の特徴

特徴2 - GeForce GT750Mを搭載

HP ENVY15-j100は、GeForce GT750Mを搭載しており、ゲームをすることも可能です。

ただし、本製品に搭載されているGeForce GT750Mは、DDR3のメモリを搭載しています。GDDR5のメモリを搭載したGeForce GT750Mよりも性能が落ちるため、ご注意ください。ちなみに、GDDR5のメモリを搭載したGT750Mは、DDR3のメモリを搭載したGT750Mの約1.5倍は性能が良いと思います。GDDR5のメモリを搭載したPCについては、こちらをご覧ください。

 

下の表に、各ゲームベンチマークソフトの結果を掲載します。なお、グラフィックドライババージョンは332.21です。

また、本製品はGeForce GT740Mを搭載することも可能です。HP ENVY TouchSmart 15-j000で、GeForce GT740Mのゲームベンチマークを計測したことがあるので、こちらのスコアも合わせて掲載します。

下記結果では、GT750M(DDR3)は、GT740Mの約1.2~1.5倍はスコアが高かったです。

ゲームベンチマーク
製品名 HP ENVY
15-j100
HP ENVY
TouchSmart 15-j000
基本スペック Core i7-4702MQ
GeForce GT750M
(4GB DDR3)
Core i7-4700MQ
GeForce GT740M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK C(25.1fps) RANK C(16.0fps)
1280x720 RANK B(37.4fps) RANK C(24.9fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920x1080 1705(重い) 1252(動作困難)
1280x720 3206(やや快適) 2454(やや重い)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (標準品質 ノートPC)
1920x1080
5244(とても快適) 3764(快適)
1280x720 9355(非常に快適) 6862(とても快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 3690(標準) 2412(標準)
1280x720 9361(快適) 6376(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK C(2642) RANK C(1961)
1280x720 RANK A(4513) RANK B(3372)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 3386 2196
1280x720 6484 4346
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX(標準品質) 1920x1080 7409(とても快適) 5211(快適)
1280x720 9102(とても快適) 7653(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK A RANK B
1280x720 RANK S RANK S

 

人気のPCゲーム「ファイナルファンタジー 新生エオルゼア」のベンチマークについては、下記の6つのグラフィック品質で計測しました。参考にして下さい。

FF 14 新生エオルゼア キャラクター編 のベンチマーク結果
製品名 HP ENVY15-j100
基本スペック Core i7-4702MQ
GeForce GT 750M
1920x1080 最高品質 2440(普通)
高品質 (ノートPC) 3134(やや快適)
標準品質 (ノートPC) 5244(とても快適)
1280x720 最高品質 4631(快適)
高品質 (ノートPC) 5973(とても快適)
標準品質 (ノートPC) 9355(非常に快適)

 

他のグラフィックカードのベンチマーク結果は、「ゲーム用パソコンの比較」や「FF XIV ベンチマーク」をご覧ください。

特徴3 - 超初心者向け解説書も同梱

外資系メーカーのパソコンは、マニュアル類がほとんど入っていない場合が多々あり、初心者にはあまり適しません。しかし、ENVY 15-j100は、超初心者でも分かりやすい解説書「HP パソコンナビ」が同梱されています。

中身を見てみましたが、パソコンの起動方法やインターネットの使い方など、かなり初心者向けに書かれています。Windows 8 から導入されたタイル画面の操作方法についても解説されています。初めてパソコンを使う方や、初めてWindows 8 を使う方でも安心して購入することができます。


超初心者向け解説書「HPパソコンナビ」


目次


内容の一部

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が下げ調整となっています。このことから、やや寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンとしては標準的な広さだと思います。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素はシンプルです。ギラつきは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは縦:19mm、横:18mm、キーストロークは約1.8mmです。キートップは、ほぼフラット、またはわずかに凹んでいるように感じます。素材は滑りにくいです。普通の打ちやすさのキーボードだと思います。

キーボードバックライトも搭載しています。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2


キーボードバックライトです。

 

タッチパッドでのマウスポインタの操作はしやすいです。ジェスチャー操作も問題なくできます。ただし、タッチパッド一体型のクリックボタンは、普通の硬さです。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスは通常の国産ノートPCよりは良いです。ただし、どんなゲームも快適に行えるようなハイスペックなノートPCではありません。

4コアのCore i7-4702MQ、GeForce GT750M、キャッシュ用SSD付HDD、メモリ4GBでのベンチマークは下記の通りです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

PCMark 8

動画のエンコード時間

今回はメモリが4GBでしたが、8GBにすればもう少しエンコード時間は短くなる可能性があります。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4702MQ
x264でエンコード 14分41秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 9分8秒
CUDAでエンコード 9分25秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク

PC起動・シャットダウン時間のチェック

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 14秒
PCシャットダウン時間 10秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの対応カードと速度のチェックです。

スロットは本体の左側面にあります。挿入後、SDカードの出っ張りはほとんどありません。


SDカード挿入後の外観

 

カードリーダー/ライターの速度は速いです。


 

 

 


  1 2 次へ
  目次