会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > デル新製品(2017年9月29日)

加藤綾子さんをゲストに迎えたデル新製品発表会

更新日:2017年9月30日

 

2017年9月29日、デル株式会社から、狭額縁の液晶を採用し、第8世代インテルプロセッサーを搭載したInspironおよびXPSシリーズの新製品が発表されました。

新製品は、狭額縁&高音質&第8世代CPU

パソコンとスマートフォンの利用目的を見ると、パソコンとスマートフォンでは利用目的に差異があります。特にスマートフォンではコミュニケーションという言葉がトップに来ているのに対し、パソコンでは情報の収集というキーワードが目立ちます。

また、動画・音楽鑑賞などのエンターテイメントをパソコンで楽しむユーザーが多数います。さらに、デルのPCを購入したお客様アンケートにおいても、動画鑑賞を楽しむユーザーが昨年比2桁以上の成長を示しているそうです。

 

こういったユーザーに対して、デルは最高のエンターテイメント体験を可能にするPCを(既に)提供できています。より良い動画鑑賞環境を提供するためには、2つの重要な要素があると考えています。1つ目は「観る」、2つ目は「聴く」という要素です。

まず「観る」に関しては、2015年1月、世界初フレームレス・ディスプレイをXPS13に採用。「聴く」については、XPSとInspironには、WAVES社のMaxx Audio Proという技術を採用しています。WAVES社は、NASAの宇宙ステーションとの通話にも採用された優れた音響処理技術を持った会社です。そこのトップサウンドエンジニアが、XPS、Inspironの1モデル1モデルについて、マイクとスピーカーの最適化を行うような調整を行っているそうです。

この2つの技術を用いて、ユーザーに没入感と言われる最高のエンターテイメント体験を可能にしています。

 

この2つの技術の柱をもとに、本日、下の7機種を発表しました。また、技術だけなく、デザイン性やカラバリの拡充も行っています。

 

また、今回発表された新製品は、すべてのモデルにおいて「第8世代インテルCore プロセッサー・ファミリー」を搭載しています。

New Inspiron 13/15 7000

New Inspiron 13/15 7000は、サンドブラスト加工された非常にエレガントなアルミボディに、ダイヤモンド加工を施したエッジを持つ、スタイリッシュなシリーズです。

液晶は、広色域・高輝度となっており、ヒンジが180°まで開く点が特徴です。カラーバリエーションは、ピンクシャンパンとプラチナシルバーの2色です。

 

New Inspiron 13 7000の筆者の印象としては、液晶がとても綺麗でした。13インチクラスのPCとしては、約1.4kgとそれほど軽くないため、質量はそこまで気にしない方向けの製品だと思います。その代わり、価格は、クーポンを適用すると、9万円台になっていることもあるため、安いと思います。

 

New Inspiron 15 7000の印象は、こちらも"非常に見やすい液晶"という点です。金属系のボディで高級感もあり、国内メーカーのプラスチック感が漂うノートPCとは、一味違う製品を所有したい方に良いと思います。しかも、国内メーカーより安いです。

スリムなフレームを採用することでボディサイズが小さくなったとは言え、テンキーを搭載しても良かったのではないかなーと思います。ただ、他のNew Inspiron 13 7000等と部品を共通化することで、価格が抑えられています。

New Inspiron 13 7000 2-in-1

New Inspiron 13 7000 2-in-1 は、その名の通り、液晶が360度回転し、タブレットにもなる2 in 1 PCで、スリムベゼルを採用し、タッチディスプレイ、アクティブペンにも対応した機種です。

上のクラムシェルの機種と同様に、USB 3.1 Type-Cを搭載し、電源供給、外部ディスプレイ接続が可能となっています。

カラーはグレーの1色です。

 

New Inspiron 13 7000 2-in-1 の第一印象は、ペン対応で高級感もありながら、安いという点です。イラストを本格的に書くには性能不足だとは思いますが、文字を書くだけなら十分でしょう。何でもできるPCです。

クラムシェル型のNew Inspiron 13 7000と価格もそれほど変わらずお買い得です。

ただし、質量は約1.48kg~となっており、モバイルとして使うにはちょっと重いです。

XPS 13

XPS 13は、2015年1月以降、ユーザーから非常に好評なシリーズで、アルミ削り出しボディ&カーボンパームレスト、ゴリラガラスを採用した妥協のないプレミアムスペックのPCです。

ボディに変化はないですが、CPUが第7世代から第8世代のインテルCoreプロセッサーにリニューアルしました。

 

XPS 13は、筆者が大好きな製品の1つです。「剛」の文字がピッタリの硬いボディで、ひねりに強く使っていて故障しにくそうな安心感があります。液晶も綺麗ですし言うことありません。第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したことで、パフォーマンスもグンと上がったことでしょう。ただし、LTEに対応していないのは残念です。

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルについては「XPS 13のレビュー」をご覧ください。

New Inspiron 14 7000

New Inspiron 14 7000 は昨年12月の発売以降、非常に好評なモデルです。ベゼル幅7mmのフレームレス・ディスプレイを採用。素材に関してはアルミボディを用いていますが、天板内部にはマグネシウム合金を採用することで、堅牢性も兼ね備えたモデルとなっています。

 

こちらも、旧モデルとボディは変わっておらず、CPUのみ第7世代から第8世代へと変化しています。

質量は、約1.649kg~となっており、外出先へ持ち運ぶにはちょっと重いですが、室内でちょっと移動する分には十分軽くて持ち運びしやすいです。液晶も綺麗でデザインも良い割には、クーポンを使うと8万円台で購入できるので非常に安いです。

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルについては「Inspiron 14 7000のレビュー」をご覧ください。

New Inspiron 15/17 5000

New Inspiron 15/17 5000 は、ファミリーユースを意識したモデルで、すべての構成にDVDドライブを搭載しています。また、ミドルセグメントながら、第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載しています。

New Inspiron 15 5000についてはカラーバリエーションは5色、New Inspiron 17 5000はシルバーとブラックの構成となります。New Inspiron 15 5000のローズゴールド、リーコンブルーの2色に関しては、10月の下旬より発売です。

第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載しながら、価格も安く抑えられています。

 

こちらのみフレームがスリムではなく、見た目が普通です。液晶の質も、上で挙げた製品よりやや劣ります。カラバリが多いのはいいと思います。もう少し、価格が下がってくれればいいなと思います。

キャンペーン情報

発売記念キャンペーンとして、デルEメールマガジン登録で、新製品が当たるキャンペーンをやっています。

加藤綾子さんのトークセッション

製品発表会の最後には、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子さん(カトパン)のトークセッションも行われました。お相手は、デル株式会社コンシューマー&ビジネスマーケティング統括本部 コンシューマー マーケティング部 部長、横塚知子さんです。

 

デル横塚さん:先ほど新製品を見ていただいていかがでしたでしょうか?

加藤さん:パッと見た瞬間、とにかく額縁が薄くて、画面が大きくて綺麗。映像だけでなく音もものすごい臨場感があり、最近のパソコンって本当にすごいなと、感動しました。

 

デル横塚さん:デルの製品のイメージって、どんな風に思われています?

加藤さん:パソコンに対して、そこまで詳しくないんですけど、DELLのパソコンというと、ビジネスマンがバリバリ使っているような印象だったんですけど、私みたいな、そんなに使っていない人でも、こうやって楽しめる機能がたくさんあるんだなと思いましたし、とってもかわいらしい色合いなので、印象がガラッと変わりました。

 

デル横塚さん:デルの企業イメージはどういう風に思われてましたか?

加藤さん:みなさん、絵に描いたような外資系企業のバリバリ、かっこよく、スマートに働いているという印象です。

 

デル横塚さん:1年半前にフリーのアナウンサーに転身されて、そのとき時間ができたら旅行に行きたいとおっしゃっていましたが、どこかへ行かれましたか?

加藤さん:先日、友達とニューヨークへ行ってきました。丸4日。朝はゆっくり、そのあと街をブラブラしたり、ブルックリンのほうへ行ったりとか、チェルシーのほうへ行ったりとかしました。ニューヨークの街なので、周りの方たちはものすごくバリバリ働いていて、歩くスピードも速いですし、そんな中でブラブラ歩いているというのが、ちょっと優越感に浸れました。

 

デル横塚さん:仕事の時間がずっと続いたりするのは性に合わなかったりしますか?

加藤さん:20代のころは、とにかくお仕事を頑張りたいと思って、日々勉強だと思って毎日全力でダッシュしているような感じだったんですけど、きっと元々はのんびりのほうが好きなタイプだと思うので、辞めてから働き方は変わったかもしれないです。少しずつ、自分でこういうことにチャレンジしようとか、自分のペースで歩んでいくというお仕事の仕方に変わったと思います。

 

デル横塚さん:ニューヨークに行かれて、他にどんなことをされました?

加藤さん:お買い物をしたりとか、ミュージカルを観に行ったりとかして、本当にオープンに楽しみました。
あとは、昔お世話になったニューヨーク支所にいらっしゃった方たちに、9年ぶりぐらいに会えたりとか、昔の思い出にも浸る旅でした。

 

デル横塚さん:大学時代に音楽を専攻されていて、もしアナウンサーにならなかったら、音楽の先生になるということでしたよね?

加藤さん::ずっと目指して免許もとっていたので、音楽の先生になるのかなと思っていました。

 

デル横塚さん:今回、このパソコンで音楽を聴かれたとおっしゃっていましたけど、どうでしたか?

加藤さん:また楽しみが増えるなと思って、今までパソコンから聴く機会はあまりなかったんですけど、印象がガラッと変わりましたし、映像とともに音の臨場感がものすごいので、映画を観たりなど今まで知らなかった楽しみを発見しました。

 

デル横塚さん:この間、旅行に行かれたとおっしゃっていましたが、そのときの写真とか動画など、携帯の小さいもので観るよりも、パソコンの大きな画面で観たほうが没入感もありますので、加藤さんの生活にマッチするのではないかと思います。

加藤さん:本当にうれしいです。普段の生活もゆっくりしているので、新しいものの刺激がなかったんですけど、音楽、写真などに活用できそうです。料理の連載もやっていて、レシピを携帯の画面で観るのですが、小さくて見えづらいなと思うときもあったので、そういうときにもいいですね。

 

デル横塚さん:最後に、この先、もしかしたら結婚されるかもしれないですし、出産されるかもしれません。どのような人生のチャレンジをし、どんな人生を歩んでいきたいと思いますか?

加藤さん:アナウンサーとしてのお仕事は続けていきたいと思っていますし、結婚もして出産もして子育てをしながら、自分自身も働いていきたいなと思っています。

デル新製品の詳細・購入はこちら

【公式サイト】

デル直販サイト