会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > XPS 13(9350)

デル XPS 13(9350)の実機レビュー

更新日:2015年11月24日

第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake」搭載の後継モデルが発売されました。

後継モデルのレビューはこちら

New XPS 13(第7世代Coreプロセッサー搭載モデル)のレビュー

狭額ディスプレイで本体が小さい

XPS 13は、第6世代インテルCPU「Skylake」を搭載した13.3型液晶搭載のモバイルノートパソコンです。

液晶ディスプレイの枠(ベゼル)が狭く、他社の13.3型液晶搭載ノートPCよりも本体サイズが小さく、カバンへ収納しやすいです。

また、比較的軽量で、比較的バッテリー駆動時間も長く、アルミとカーボンを用いたボディはデザインも美しく、バランスの良いモバイルノートパソコンだと思います。

2015年10月発表モデルから、ストレージにPCIe接続のSSDも選択可能になりました。

2015.11.24追記 QHD+タッチパネル搭載モデルの情報を追記しました。

デル直販サイト:XPS 13 (2015/10/20発売)


※レビュー機は、1台は当サイトの購入品、1台はメーカーからの借用品です

目次

XPS 13の基本スペック

主な仕様は次の通りです。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年11月17日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

なお、現在は製品名に「New」が付いていますが、時期が経つと取れて「XPS 13」になります。

CPU
Uシリーズの第6世代インテルCPUを選択できます。
グラフィックカード
CPU内蔵のインテル HD グラフィックス 520です。
液晶ディスプレイ
13.3型ワイドです。FHD(1920x1080)非光沢液晶、またはQHD+(3200x1800)タッチパネル光沢液晶です。
メモリ
4~8GBです。
 
ストレージ
128GB SSDまたは、PCIe接続の256GB SSDです。
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは非搭載です。
 
バッテリー駆動時間
最大18時間です(メーカー公表値。計測方法不明)。
その他
薄さは9 - 15 mm。重量は約1.20 kg(タッチパネル非搭載時)、約1.29kg(タッチパネル搭載時)です。

 

今回は、以下の構成の製品でレビューしています。

  • プレミアム【Core i5-6200U, 8GB メモリ, 256GB PCIe SSD, FHD液晶】
  • プラチナ・QHD+タッチパネル・ゴールド【Core i7-6500U,8GB メモリ,256GB PCIe SSD, QHD+タッチ液晶】NEW

特徴1 - 狭額ディスプレイで本体サイズが小さい

XPS 13は、液晶ディスプレイの枠(ベゼル)が約5.2mmと非常に狭いのが特徴です。

同じ13型クラスのパソコンよりも、本体サイズが小さくなっており、持ち運びに便利です。しかも、ベゼル部分は薄型でも、頑丈そうで、ねじれにも強そうでした。



狭額液晶ディスプレイ


ベゼルは割と頑丈

 

下図は、筆者が所持している12.1型、13.3型のノートパソコンと、本製品のサイズを比較した写真です。液晶サイズが同じでも、メーカーによって本体サイズが異なるため参考程度に見て欲しいのですが、本製品は12.1型ノートパソコンよりもやや大きいものの、13.3型ノートパソコンよりは一回り小さいサイズでした。


12.1型ノート、本製品、13.3型ノートパソコンとのサイズ比較(背面/正面幅の比較)


12.1型ノート、本製品、13.3型ノートパソコンとのサイズ比較(側面幅の比較)

特徴2 - やや長いバッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間のチェックです。

メーカーの公表値では、バッテリー駆動時間が最大18時間、容量が56WHrとなっています。ただし、バッテリー駆動時間の計測方法は不明です。

当サイトで計測したバッテリー駆動時間は、下の表の通りです。比較的長い駆動時間です。なお、QHD+、Core i7を搭載したモデルはやや駆動時間が短くなります。

バッテリー駆動時間
  FHD(1920x1080)液晶
Core i5-6200U
QHD+(3200x1800)液晶
Core i7-6500U
動画再生時 ※1 7時間58分 6時間59分
PCMark 8 Home のバッテリーライフテスト ※2 5時間30分 4時間39分
PCMark 8 Work のバッテリーライフテスト ※3 6時間38分 5時間20分
※画面輝度を約120cd/m2に調整して計測
※1 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

※3 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行

特徴3 - やや軽量

メーカーが公表している重量は、FHD液晶搭載時で約1.20kg、QHD+タッチパネル液晶搭載時で約1.29kgです。最近は1kgを切るようなモバイルノートパソコンもあるため、非常に軽量というわけではないですが、標準的なモバイルノートよりは軽量だと思います。

当サイトの計測値は下図の通りです。PC本体はほぼ公表値通りです。ACアダプターについては普通の重量かなと思います。


重量の計測結果(PC本体)


重量の計測結果(ACアダプター)

特徴4 - PCIe接続のSSDを選択可能

本製品は、非常に高速なPCIe接続のSSDを選択可能です。下図のベンチマーク結果のように、非常に高速です。


256GB PCIe SSD(CrystalDiskMark 5 で計測)

特徴5 - Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート搭載

本製品は、次世代規格のThunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポートを搭載しています。

Type-Cのポートは、ケーブルをどちらを上にしても挿すことができます。今までのUSBケーブルのように向きを気にする必要がありません。今はまだ対応している周辺機器が少ないですが、これからは、どんどん発売されると思います。


Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

本製品は、FHD(1920x1080)非光沢液晶とQHD+(3200x1800)タッチパネル光沢液晶があり、それぞれの特性について記載します。

FHD(1920x1080)非光沢液晶

当サイトで計測した最大輝度は、327cd/m2です。

視野角も非常に良いです。メーカーサイトには記載されていませんが、視野角と画素形状から察するとIPSパネルだと思います。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。何度も試したのですが計測がうまく出来なかったのか、ややカクカクしている線ですが、1:1の直線に近いです。比較的自然な発色です。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はノートパソコンとしては、やや広めです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は下図の通りです。ピントをずらしたときにやや輝度ムラがあるせいか、ややギラつきを感じますが、気になるほどではありません。


 

非光沢液晶であるため、画面への映り込みが低減されています。

画面への映り込み

QHD+(3200x1800)タッチパネル光沢液晶

当サイトで計測した最大輝度は、363cd/m2と高めです。

視野角も非常に良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。やや青色が下げ調整ですが、1:1の直線に近いです。比較的自然な発色です。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

ノートパソコンとしては、色域は広めです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は下図の通りです。ギラ付きは感じません。


 

光沢液晶であるため、画面への映り込みがあります。

画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mm×縦:約18mmと十分な広さです。キーストロークは約1mmと浅めです。キートップはほぼフラットで滑りにくい素材です。「Enter」キーの下部の横幅がやや狭いため、慣れないとたまにタイプミスします。

実際に打ってみた感覚としては、キーストロークの浅さが気になるものの、問題なく打てるキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

キーボードバックライトも搭載しています。


キーボードバックライト

 

タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。クリックボタンの押しやすさも普通ですが、クリックしたときにやや大きな音がします。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

モバイルノートパソコンとしては標準的な処理性能です。ベンチマーク結果は次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0


↑Core i5-6200U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD


↑Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD

3DMark


↑Core i5-6200U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD


↑Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD

PCMark 8 - Home accelerated


↑Core i5-6200U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD


↑Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB PCIe SSD

動画のエンコード時間

2015年10月24日より、エンコードのテスト内容を変更しました。以前のテストとは数値を比較できませんのでご注意ください。

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Core i5-6200U Core i7-6500U
x265でエンコード (※1) 50分18秒 45分45秒
x264でエンコード (※2) 20分29秒 18分55秒
NVENCでエンコード (※3)
QSVでエンコード (※4) 実行できず 実行できず
XAVC Sの動画(約5分、4K)をMP4(FHD)へ変換。x265はH.265/HEVC、それ以外はH.264/AVCへ変換
※1 4Kや8Kにも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが、出力ファイル容量は従来の約半分
※2 H.264エンコーダーの中で、現在人気の高いエンコーダー。ほどほどの速度で高画質
※3 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載される最新ハードウェアエンコーダー。従来のCUDAより速度、画質とも向上
※4 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー。エンコードが高速

ストレージのベンチマーク


256GB PCIe SSD(CrystalDiskMark 5 で計測)

薄さのチェック

薄さのチェックです。

メーカー仕様表では9 ~ 15 mm(突起物含まず)となっています。タッチパネル液晶を搭載しても薄さは変わりません。

ゴム足を含めた高さの実測値は、約19.5mmでした。ゴム足を含めても比較的薄いです。


高さの計測

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターのチェックです。

SDカード挿入後の出っ張りはややあります。


SDカードスロットの位置(底面から見た画像)

 

速度は速いです。UHS-Ⅱにも対応しています。


UHS-Ⅱ対応のSDカード(CrystalDiskMark 5で計測)

 

 

 

  1 2 次へ
  目次