会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > ALIENWARE 17

デル ALIENWARE 17の実機レビュー

更新日:2013年8月29日

デザイン、性能共に良し

ALIENWARE 17は、LEDイルミネーションでボディを飾った近未来的なデザインのゲームノートパソコンです。

グラフィックスは、ノートPC用GPU最高峰のGeForce GTX780Mや、人気のGTX770M、コストパフォーマンスに優れたGTX765Mから選択可能です。グラフィックスを選択できるノートは珍しいです。

CPUはHaswellに対応し、最大でノートPC用CPU最高峰のCore i7-4930MXを選択することができます。

液晶は17.3型の非光沢液晶です。TNパネルではあるものの、ギラつきが少なく、映り込みもなく比較的見やすい液晶です。

メーカー直販サイト:ALIENWAREノートブック

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

ALIENWARE 17の基本スペック

ALIENWARE 17の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2013年8月28日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
HaswellCore i7を選択可能です。最大でCore i7-4930MXを選択可能です。本機はCore i7-4900MQを搭載しています。
グラフィックカード
Optimus対応のGeForce GTX780M or GTX770M or GTX765Mを選択可能です。本機はGTX780Mです。
液晶ディスプレイ
17.3型ワイドの非光沢液晶ディスプレイです。解像度は1920×1080のフルHDです。
メモリ
8GBまたは16GBを選択できます。本機は16GBを搭載しています。
ハードディスク/SSD
HDD+キャッシュ用SSD、または単体mSATA SSD+単体HDDの構成です。 本機は750GB HDD+キャッシュ用64GB mSATA SSDです。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイディスクドライブを搭載できます。本機はブルーレイディスクドライブを搭載しています。
バッテリ駆動時間
メーカー公表値は不明です。
 
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - 近未来的なデザイン

ALIENWARE 17は、LEDイルミネーションをボディにまとい、映画のトロンやマトリクスの仮想空間に出てきそうな近未来的デザインです。キーボード、側面、ロゴ、タッチパッドなど10個のゾーンに分けられ、それぞれのゾーンについて色を変えることが可能です。時間とともに色を変えたり、点滅させたりすることもできます。他にはないデザインのノートパソコンです。


ゾーンごとにLEDの色やアクション(色変化やグラデーション、点滅など)を変えられる「AlienFX」

 

下に様々な角度の外観を撮影したので、ご覧ください。














特徴2 - GeForce GTX780M or GTX770M or GTX765M を搭載可能

ALIENWARE 17は、ノート用GPU最高峰のGeForce GTX780Mや、人気のGTX770M、コストパフォーマンスの高いGTX765M の中から、グラフィックカードを選択可能です。グラフィックカードを選べるノートパソコンは割と珍しいです。

各グラフィックのFF XIV 新生エオルゼアとファンタシースターオンライン2のベンチマークを下記に掲載します。選択の目安にして下さい。なお、下の表には掲載していませんが、FF XIV 新生エオルゼアにおいて最高画質で「非常に快適」の結果を出すには、GeForce GTX780Mのグラフィックカードが必要になります。

各グラフィックのゲームベンチマーク
グラフィックス GTX780M GTX770M GTX765M
ファイナルファンタジー XIV
新生エオルゼア ワールド編(標準品質)
1920*1080 11760(非常に快適) 8363(非常に快適) 7688(非常に快適)
1280*720 16527(非常に快適) 12119(非常に快適) 12074(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920*1080 33649(快適) 20186(快適) 10202(快適)
1280*720 57050(快適) 38602(快適) 22444(快適)
※グラフィックスのドライバーバージョンおよびCPUやメモリなどの他の環境によってスコアは変わります

 

下記に、その他のゲームベンチマークの結果を掲載します。

なお、グラフィックドライバーは「Ver. 311.48.1.3.24.2」です。もっと新しいバージョンのドライバーが公開されていますが、NVIDIAのサイトから直接ダウンロードして更新することが出来ませんでした。デルのホームページからドライバーをダウンロードしなければならないようですが、デルのホームページでは、まだ「Ver. 311.48.1.3.24.2」のドライバーしか提供されていませんでした。

ゲームベンチマーク
製品名 デル ALIENWARE 17
基本スペック Core i7-4900MQ
GeForce GTX 780M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK A(62.9fps)
1280x720 RANK A(75.0fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920x1080 4264(やや快適)
1280x720 6293(とても快適)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
ワールド編(標準品質)
1920x1080
11760(非常に快適)
1280x720 16527(非常に快適)
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (標準品質 ノートPC)
1920x1080
13269(非常に快適)
1280x720 18693(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 33649(快適)
1280x720 57050(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK A(5239)
1280x720 RANK S(10461)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 10920
1280x720 17926
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX(標準品質) 1920x1080 9499(とても快適)
1280x720 12091(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK S
1280x720 RANK S
リアル彼女(ハイクオリティ) 1280x720 RANK S(59 REAL)

 

GPU-Zで確認したGeForce GTX 780Mの情報は次の通りです。


GeGorce GTX 780Mのグラフィックカードのスペック

特徴3 - ダブルストレージ搭載可能

ALIENWARE 17のストレージは、次のような構成が可能です。

 (1)HDD + キャッシュ用mSATA SSD(ISRTによって高速化)
 (2)mSATA SSD Boot + HDD

(1)は、64GBの容量の小さなmSATA SSDをキャッシュ用として使い、HDDへの読み書きを高速化しています。(2)は、大容量のmSATA SSDにOSを入れ、HDDはデータ保存用に空になっています。

 

下図は、底面のフタを取ったときの画像です。mSATA SSDはここからは確認できませんでした。HDDは中央にありました。また、右下に2.5インチスロットがもう1つありました。空きになっていますが、ここにHDDを接続すれば認識すると思われます。ただし未検証です。

特徴4 - ノートPC最高峰 Core i7-4930MXを搭載可能

ALIENWARE 17は、インテル第4世代CPU「Haswell」の4コアプロセッサーCore i7を搭載可能です。選択できるCPUの中で最上位のCPUは、ノート用CPU最高峰の「Core i7-4930MX」です。

下記にALIENWARE 17で選択できるCPUとそのベンチマークスコアを掲載します。選択の参考にして下さい。

2013年8月28日現在でALIENWARE 17に搭載可能なCPU
  Core i7-4930MX Core i7-4900MQ Core i7-4800MQ Core i7-4700MQ
コア数 4 4 4 4
スレッド数 8 8 8 8
動作周波数 3.0GHz 2.8GHz 2.7GHz 2.4GHz
Turbo Boost 3.9GHz 3.8GHz 3.7GHz 3.4GHz
キャッシュ 8MB 8MB 6MB 6MB
消費電力 57W 47W 47W 47W
PassMark CPUスコア ※1 9596 9238 8929 7960
※1 PassMark Software社で公開している PassMark CPUのスコア値は日々更新されています。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

 

TNパネルだと思われるため視野角はそれほど良くないです。ただし真正面から見れば、全く問題ないです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色がかなり下方へ補正されています。そのため実際の画面は寒色系となっています。ただし、テレビなどは同じく寒色系の画面が多く、我々はそれに慣れているためそれほど気にならないと思います。ゲームや映画鑑賞をするなら、むしろ見やすいと感じる人も多いでしょう。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

ノートPCの中では色域が広いです。


 

ノングレア処理面を見ると、凹凸が少ないです。そのためギラつきが少なく見やすいです。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは横:約19mm×縦:約19mmと十分な広さです。キーストロークも約2mmとなっており十分な深さです。キーの素材が柔らかく、また下へ湾曲しているため、指がフィットして押しやすいです。パームレストもマットな素材で肌触りがよいです。打ちやすいキーボードだと思います。

ただし、本体が分厚く、テーブルの位置よりも手の位置がかなり高くなるため、場合によってはアームレストなどを腕とテーブルの間に挟むと良いかもしれません。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドおよびクリックボタンも押しやすいと思います。

タッチパッドに触るとLEDが点灯し、しばらく触れずにおくと消灯します。

また、エイリアンコマンドセンターというソフトの「AlienTouch」という機能を用いれば、タッチパッドの感度を調節することも可能です。


タッチパッド


「AlienTouch」機能 にてタッチパッドの感度を調節可能

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU、GPUとも非常に高い性能のパーツを選択可能です。パフォーマンスは良いです。

以下に、Core i7-4900MQ、16GBメモリ、750GB HDD+キャッシュ用 64GB mSATA SSD(ISRT構成)、GeForce GTX780Mの構成でのベンチマーク結果を掲載します。なお、グラフィックドライバーは「Ver 311.48.1.3.24.2 」です。ドライバーによってスコアが大きく変わる場合があります。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5 による動画のエンコード時間のチェックです。

今回、クイック・シンク・ビデオとCUDAを使ったエンコードは正常に完了したのですが、x264でのエンコードが正常に完了しませんでした。エンコードが始まってすぐに電源が切れてしまいます。CPU負荷や消費電力はまだ余裕があるように見える点と、必ず同じところでダウンする点と、解像度を少し変えると正常に完了する点から、ハードが悪いわけではないと思います。突然電源が切れることから、何度もテストできないため、原因を深くは追求しませんでした。

なお、クイック・シンク・ビデオとCUDAを使ったエンコードは非常に高速でした。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4900MQ
x264でエンコード 実行できず
クイック・シンク・ビデオでエンコード 6分40秒
CUDAでエンコード 7分43秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

PC起動・シャットダウン時間のチェック

PCの起動・シャットダウン時間と、ディスクのベンチマーク結果です。

PCの起動・シャットダウン時間は次の表の通りです。今回、Windows 7 を搭載しているため、Windows 8 と比べるとあまり速くはありません。

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 30秒
PCシャットダウン時間 15秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

CrystalDiskMarkのベンチマーク

Crystal DiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。今回の構成では、HDD+キャッシュ用mSATA SSDを搭載しISRT(インテル・スマートレスポンステクノロジー)でディスクへのアクセスを高速化しています。ISRTのモードは「拡張」であるため、読み込み速度は速いものの、書き込み速度はHDD並みです。


ストレージのベンチマーク結果

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの速度のチェックです。

高速なリーダー/ライターです。


 

 

 


  1 2 次へ
  目次