会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > Lenovo Tablet 10

レノボ Lenovo Tablet 10の特徴

更新日:2018年4月17日

ペンやLTEに対応したキーボード着脱可能タブレット

Lenovo Tablet 10は、ペンやLTEに対応したタブレットです。専用のキーボードドックもオプションで販売されており、多くの用途で使えるのではないかと思います。

CPUには、Gemini Lake世代のCeleronを搭載しています。詳しい性能は分かりませんが、エントリー向けのCPUとなっています。後日ベンチマークを計測してみます。

タブレット本体の質量は、約647gです。このサイズのタブレットとしては、特別軽量ではありませんが、十分持ち運べる重さと言えるでしょう。別売りのキーボードを装着しても約1.18kgなので、モバイルノートPCのようにも使用できます。

ディスプレイは、解像度がHD(1280x800)とWUXGA(1920x1200)の2種類あります。

直販モデルの初期構成では、ペンは選択されていますが、キーボードやLTEは選択されていませんので、ご注意下さい。

後日、実機でレビューします。

CPU Celeron N4000
Celeron N4100
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
液晶サイズ 10.1型
液晶種類 1280x800 IPS タッチ
1920x1200 IPSタッチ
質量 本体:約647g~
本体+キー:約1.18kg~
価格 69,984円(税込)~

 

Lenovo Tablet 10の特徴

Gemini Lake世代のCeleronを搭載

Lenovl Tablet 10は、最新のGemini Lake世代のCeleronを搭載してます。

まだベンチマークスコアを見つけることができませんでしたが、現在主流のCeleronよりも性能が向上していることでしょう。

なお、Celeron N4000は2コア、Celeron N4100は4コアとなっています。カスタマイズ項目では、2,160円の差額でCeleron N4100を選択できました。この価格差であれば、4コアのCeleron N4100がよいと思います。

性能の低い方のN4000で、どこまで快適に動作するか気になったので、今回はCeleron N4000を搭載した製品を購入しました。後日ベンチマークを計測し、公開します。

Celeron N4100とCeleron N4000の仕様比較
  Celeron N4100 Celeron N4000
開発コード名 Gemini Lake
コア数 / スレッド数 4 / 4 2 / 2
ベース動作周波数 1.10 GHz 1.10 GHz
バースト周波数 2.40 GHz 2.60 GHz
キャッシュ 4MB 4MB
内蔵グラフィックス Intel UHD
Graphics 600
Intel UHD
Graphics 600
TDP / SPD 6W / 4.8W 6W / 4.8W

ThinkPad X1 Tablet Thinキーボードに対応(?)

Lenovo Tablet 10は、カスタマイズ時に、着脱可能な専用のキーボードドックを選択することが可能です。

ただ、このキーボードの名称が「ThinkPad X1 Tablet Thinキーボード」となっています。


キーボード選択画面

 

名前だけ見るとThinkPad X1 Tablet用の【こちら】のキーボードに見えますが、製品ページに公開されている画像を見ると、次のようになっています。


製品ページのキーボードドックの画像

上の画像のキーボードが同梱されてくるとは思いますが、製品が届いたら確認してみます。上のキーボードでも、トラックポイントは無いものの、キーは湾曲しており、打ちやすそうです。

タブレット本体は狭額縁ではなく、フレームが結構広いですが、その分、タブレットと同サイズのキーボードも大きくなっており、十分なキーピッチが確保できていそうです。

WWANに対応

Lenovo Tablet 10は、WWANも選択可能です。

しかも、カスタマイズ画面では、WWANを選択しても、追加料金は0円です。

0円なので、本当に使えるのかや、速度が遅くないか不安な面もあるため、後日テストしてみます。


キーボード選択画面

USB Type-Cドックが使える

Lenovo Tablet 10は、USB Type-C、USB3.0、HDMI、microSDカードリーダーを備えています。また、キーボードドックには、USB3.0を2ポート備えています。


左右サイドのインターフェイス(キーボードドック付き)

 

USB Type-Cドックが使えるようなので、自宅(社内)にいるときは、ディスプレイなどを拡張できます。

また、HDMIポートも搭載しているので、Netflixなどの動画を再生し、テレビにつないで表示することも可能です。


USB-Cドックで拡張性アップ

 

Lenovo Tablet 10 Active Penが使用可能

Lenovo Tablet 10は、Lenovo Tablet 10 Active Penが使用可能となっており、初期構成で選択されています。

ペンは本体に収納できます。レノボの他のペンの性能を考えると、筆圧感知が可能ですが、傾き検出機能は無しかと予想しています。

簡単なスケッチや、メモをとるのに使えそうです。ペンは使用しないので必要ないという方は、カスタマイズでペンなしを選択することもできます(その場合、安くなります)。


Lenovo Tablet 10 Active Penが使用可能

 

後日、実機でレビューします。

実機で確認しないと分からない点も多いので、後日、実機でレビューします。

詳細・購入はこちら

【販売サイト】

レノボ・ショッピング(LENOVO TABLET 10)

関連ページ

レノボ PCの一覧とおすすめ

レノボのパソコンの一覧ページです。売れ筋のThinkPadや、コストパフォーマンスの高いideapad、おすすめのPCも紹介。