会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 富士通 > ESPRIMO DHシリーズ WD2/A3

富士通 ESPRIMO DHシリーズ WD2/A3

更新日:2016年11月8日

貴重な国内メーカーのデスクトップPC

国内メーカーのセパレート型デスクトップパソコンは、ずいぶん少なくなってしまいましたが、"安心感"の面で、国内メーカーのデスクトップPCが欲しい人は多いと思います。

そういった中、本製品は、国内メーカー「富士通」の貴重なセパレート型デスクトップPCです。

CPUの選択肢が広く、用途に合ったパーツを選択できることでしょう。ストレージには約1TB SSDが選択可能になり、大容量で高速なストレージアクセスを実現できます。

直販サイト:富士通WEBMART(ESPRIMO WD2/A3)

クーポン:ODS106LSJ
21%OFFで購入できる特別クーポン

目次

ESPRIMO WD2/A3 の基本スペック

ESPRIMO WD2/A3の仕様を掲載します。特徴的な部分は赤字にしています。

CPU
第6世代インテルCore、Celeronを選択できます。本機はCore i7-6700を搭載しています。
マザーボード
インテル B150 Express チップセットです。
 
グラフィックカード
CPU内蔵またはGeForce GTX 745Quadro K620です。本機はGTX 745です。
メモリ
最大32GBまで選択できます。本機は32GBです。
1st ストレージ
約500GB~2TB HDDまたは約256GB~1TB SSDを選択可能です。本機は約1TB SSDです。
2nd ストレージ
3TB HDDを選択可能です。本機は搭載していません。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイドライブ(スリムドライブ)を選択可能です。
 

特徴1 - 貴重な国内メーカー製タワーPC

ESPRIMO WD2/A3は、国内メーカーのセパレートタイプ(本体と液晶が分かれているタイプ)のタワーPCです。東芝やVAIOではセパレートタイプのタワーPCを販売していないため、貴重な製品です。


国内メーカー製タワーPC

特徴2 - 充実したマニュアル

海外メーカーやBTOメーカーのPCは、マニュアル類が少ない場合が多いです。パソコンの操作に慣れた方であれば、それでも問題ないですが、不慣れな方は操作方法に戸惑うかもしれません。富士通のパソコンであれば、冊子のマニュアルや、ソフトのマニュアルが充実しています。


どのソフトを使えばよいかを簡単に探せる「@メニュー」


Windows 10 の使い方などを調べられる「富士通アドバイザー」

特徴3 - SSD+HDD構成が可能

ESPRIMO WD2/A3は、スリムケースを採用していながら、SSDとHDDを両方搭載することが可能です。また、スリムケースの割にはメンテナンス性が良く、ストレージの換装も簡単に行えると思います(ただし未実施)。

また、2016年10月発売モデルでは、SSDに約1TBもの大容量パーツを選択できるようになりました。


SSD+HDD構成が可能

特徴4 - フルサイズのPCI Expressカードを装着可能

スリムタワーのデスクトップPCは、ロープロファイルのPCI Expressカードしか装着できない場合が多いですが、本製品はフルサイズのPCI Express カードを装着可能です。グラフィックカードは、冷却性や電源容量を考慮すると高性能なパーツは搭載できませんが、普通のスリムタワーよりもパーツの選択肢は広くなると思います。


フルサイズのPCI Expressカードを装着可能

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

高性能なグラフィックカードは搭載できませんが、第6世代のCore i7、最大32GBのメモリ、約1TB SSDと、その他は高性能/大容量なパーツを選択可能です。

CPUの選び方

CPUに関しては、Celeron G3900、Core i3-6100、Core i5-6500、Core i7-6700を選択できます。どのCPUを選べばよいかは、下図をご覧ください(筆者の見解であり、人によって考え方は異なります)。


CPUの選び方(筆者の独自判断)

グラフィックスの選び方

グラフィックスは、GeForce GTX 745とQuadro K620を選択可能です。GeForceはゲーム向け、Quadroは3D制作等向けとなっており、どちらもエントリー向けの性能です。GeForce GTXシリーズの中で、GeForce GTX 745は下図のような位置づけとなっています。解像度&グラフィック品質設定を低くすれば、ゲームを快適にプレイできるでしょう。

ゲームや3D制作などをしないなら、GeForce GTX 745やQuadro K620は選択せず、CPU内蔵のグラフィックスで十分です。


グラフィックスの選び方(筆者の独自判断)

ストレージの選び方

ストレージは、SSDまたはHDDを選択可能です。PCIe-NVMe M.2 SSDは選択できません。どのストレージを選べばよいかは、下図をご覧ください(筆者の見解であり、人によって考え方は異なります)。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)

ESPRIMO WD2/A3で計測したベンチマーク

以下、Core i7-6700、GeForce GTX 745、32GB メモリ、約1TB SSDの構成でのベンチマーク結果を掲載します。

PassMark Performance Testのスコアについては、Percentile:パーセンタイル(全体を100としてどのくらいの割合に位置するか表したもの)を見れば、各パーツがどのくらいの性能なのかが分かりやすいと思います。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i7-6700
PassMark Performance Test 9.0 3D GRAPHICS MARK
(グラフィックス性能の評価)

GeForce GTX 745
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)


Core i7-6700、GeForce GTX 745
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENCが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-6700
x265でエンコード (※1) 17分54秒
NVENCでエンコード (※2) 実行できず
QSVでエンコード (※3)
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark 5.1.2
(ストレージの評価)

約1TB SSD
CrystalDiskMark 5.1.2
(SDカードスロットの評価)
<SDカードスロットなし>

ゲームベンチマーク

ESPRIMO WD2/A3は、GeForce GTX 745やQuadro K620を選択可能ですが、それほど高性能なグラフィックカードではないです。

GeForce GTX 745搭載時のベンチマークスコアは次の通りです。1920x1080の解像度の場合、低画質の設定でも、平均フレームレートが60pfsを超えないゲームが多いです。ただし、解像度を1280x720まで落としても大丈夫なら、快適に動くゲームが多いです。

ゲームベンチマーク
製品名 富士通 ESPRIMO WD2/A3
基本スペック Core i7-6700
GeForce GTX 745
解像度 1920x1080 1280x720
ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド
(DirectX 11)
標準 ★ 4611 (快適) 9186 (非常に快適)
最高 2084 (普通) 4246 (快適)
ドラゴンズドグマオンライン
4822 (快適) 8608 (とても快適)
最高 3977 (快適) 6546 (快適)
ファンタシースターオンライン2 EP4 描画:3 11457 (快適) 27853 (快適)
描画:6 2091 (標準的) 6290 (快適)
バイオハザード6 RANK B (3488) RANK S (6180)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 4433 8879
ドラゴンクエストX 標準 10695 (すごく快適) 16562 (すごく快適)
最高 7903 (とても快適) 13814 (すごく快適)
★「標準品質(デスクトップPC)」の設定にしています。
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルドは、約7700スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)

 

GPU-Zで確認したGeForce GTX 745の情報は次の通りです。


GeForce GTX 745のグラフィックカードのスペック

 

 

 

 

  1 2 次へ
  目次