会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ドスパラ > Diginnos DGM-S12Y

ドスパラ Diginnos DGM-S12Yの展示機レビュー

更新日:2016年11月24日

 

2016年11月21日、ドスパラより、低価格な2 in 1 PC「ドスパラ Diginnos DGM-S12Y」が発表されました。発売は11月25日となっています。

ドスパラ Diginnos DGM-S12Yの特徴は次の通りです。

ドスパラ Diginnos DGM-S12Yの特徴

Windows 10 Anniversary Updateの新機能を存分に使用できる

本製品は、Windows 10 Anniversary Updateで実装されたWindows Inkに対応。また、Windows Helloに対応した指紋センサーを搭載し、Cortana With Voiceにも対応しています。


Windows Ink(表示している画面に手書き入力している様子)


Windows Helloに対応した指紋センサー


Cortana With Voice対応(声での問いかけがOK)

外観のチェック

キーボードは、カバーとスタンドを兼用しており、タブレット部分は、Surfaceのようにキックスタンドはありません。

 

アクティブペンの画像です。公表はされていませんが、N-Trig製であると思われます。

 

キーボード部分の拡大図です。カバー兼用のキーボードであるため、やや底つきの衝撃を感じます。また、「Enter」キーが通常のキーよりも高さがなく、いつも「Enter」キーの上のほうを叩く人は、慣れるまでタイプミスするかもしれません。

 

ドッキングしたときの画像です。液晶の傾きは変えられません。

 

インタフェースは、microHDMI、USB3.0、microSD、USB Type-C、ヘッドフォン出力端子と揃っています。

スペック

ドスパラ Diginnos DGM-S12Yのスペックです。

CPUの処理性能、メモリ・ストレージの容量は十分です。ただし、ややバッテリー駆動時間が短いのと、重量が重い点が気になります。

CPU
Core m3-6Y30です。
 
グラフィックカード
インテル HDグラフィックス 515(CPU内蔵) です。
液晶ディスプレイ
12.1型ワイド、光沢、WUXGA(1920x1200)液晶です。
メモリ
4GBのモデルと8GBのモデルがあります(SSD 256GBモデルのみ8GBメモリ)。
SSD
64GB/128GB/256GBモデルがあります。
 
光学ドライブ
内蔵されていません。
 
バッテリー駆動時間
約6時間(JEITA2.0)です。
 
その他
重量はタブレット単体で約935g、タブレット+キーボード+ペンで約1570gです。

 

詳細はこちら
メーカーサイト:ドスパラ(Diginnos DGM-S12Y)

 

 

また、展示会場には、まだ未発表の「Diginnos DG-D11IWV/VL」の試作機も展示されていました。こちらは、しっかりとしたキーボードが付属した2 in 1 PCで、CPUはAtom x5-Z8350、メモリ4GB、ストレージ32GB/64GBとなっています(ただし、仕様は変わる可能性があります)。

 

タブレット部分は、レバーなどを引かなくても、ただ引き抜くと分離できます。

 

Diginnos DGM-S12Yよりも打ちやすいキーボードです。

 

ドッキングして、液晶を閉じた時の画像です。ドッキング部分の出っ張りは特にありません。