パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > Inspiron 620s

デル Inspiron 620s の実機レビュー

更新日:2011年6月6日
デル Inspiron 620s の概要

スリムボディで省スペース

Inspiron 620sは、スリムで省スペースなエントリー向けデスクトップPCです。

スリムケースの場合、HDDや拡張カードを抜き差ししづらい場合が多いですが、本機はネジなしで、HDD、拡張カード、光学ドライブを簡単に換装することができます。定期的な掃除にも便利です。

価格も他社と比較して安価で、コスト重視ならおすすめのPCです。

欠点は、動作音がやや大きいことです。前面の給気ファンがうるさいので、机に上にPCを設置すると、やや音が気になります。周りがうるさい環境や、音は気にしない方なら問題ないです。

今回は、このようなInspiron 620sについてレビューします。

メーカーHPはこちら:Inspiron 620s

目次

Inspiron 620s の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2011年6月4日現在の情報です。BTOパソコンという特性上、時期が経つと選択できるパーツは異なります。

CPU
第2世代インテルCPUのCore i3-2100またはCore i5-2300を選択可能です。本機は、Core i3-2100です。

マザーボード
OEM製です。
チップセットはH61です。ちなみにInspiron 620([s]なし)と同じ物でした。
グラフィックカード
インテルHDグラフィックスのみです。独立したグラフィックカードは選択できません。
メモリ
PC3-10600のメモリを搭載可能です。本機は4GBです。
ハードディスク
500GB~1.5GBまでのHDDを搭載可能です。本機は500GBです。中身はWD5000AAKX-753CA1でした。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチを搭載しています。それ以外の光学ドライブは選択できません。
電源
250W電源です。


拡張性
PCI Express x16が1ポート、PCI Express x1が3ポート空いています。

※パーツの中身はロットによって変更されますのでご注意ください

特徴1- スリムなボディ

Inspiron 620sの特徴は、横幅が狭いスリムなボディであるため床設置面積が小さい点です。

下図は、Inspiron 620との比較です。高さと奥行きの長さはほぼ一緒ですが、横幅はご覧の通り Inspiron 620sのほうが短いです。

ただし、他社メーカーのスリムタワー型PCと比べると奥行きと高さがやや長いかなという気がします。

特徴2 - 価格が安い

2つ目の特徴は価格の安さです。

Core i3-2100、4Gのメモリ、500GBのハードディスクという構成で、他社のスリムタワー型PCと比較してみたところ、Inspiron 620sが最も安かったです。HPのs5シリーズはチップセットがH67であるためやや高めです。マウスコンピューターのLUV MACHINES SlimはUSB3.0ポートを搭載し電源も他より多いためか、Inspiron 620sよりやや高かったです。尚、構成や時期によって価格は変わります。

各社のCore i3-2100モデルの 価格比較(2011/6/5調査)
仕様 DELL
Inspiron 620s
HP
Pavilion Desktop PC
s5-1050jp/CT
マウスコンピューター
LUV MACHINES Slim
Lm-iS613E
CPU Core i3-2100 Core i3-2100 Core i3-2100
チップセット H61 H67 H61
メモリ 4GB 4GB 4GB
ハードディスク 500GB 500GB 500GB
電源 250W 270W 300W
価格 49,980円 70,560円 52,080円
※価格は変動します。実際にはメーカーHPをご確認下さい。

特徴3 - スリム型でもパーツ交換しやすい

スリムなデスクトップPCは、ハードディスクなどのパーツの取り外しに苦労する製品も多いですが、Inspiron 620sは簡単に、しかもネジなしで取り外しができます。光学ドライブ、ハードディスク、拡張カードなどの取り外し方を下図にまとめましたのでご覧ください。

総合ベンチマーク

Inspiron 620sのベンチマークのスコアです。

本機はローエンドのCore i3-2100を搭載していますが、第2世代インテルだけあって、プロセッサ関連のスコアは高めです。ただし、第2世代Core i5やCore i7と比べると見劣りします。

Windows エクスペリエンス インデックス

CrystalMark 2004R3 ベンチ & PassMark Performance Test ベンチ

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

TMPGEnc Video Mastering Works 5で、動画のエンコード時間を計測しました。

本機に搭載されているCore i3-2100は、クイック・シンク・ビデオに対応しているため、このときのエンコード時間も計測しました。尚、TMPGEncでクイック・シンク・ビデオを使用するには、「Intel Media SDK Hardware」を選択します。

テストの結果は、x264(CPUによる処理)でエンコードしたときが31分53秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときが11分45秒でした。

エントリー向けCPUのCore i3-2100でも十分高速でした。尚、本機では搭載できませんが、Core i7-2600でエンコードすると、約半分の時間で完了します。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 31分53秒
GPGPU(クイック・シンク・ビデオ)でエンコード 11分45秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

静音性のチェック

続いては、Inspiron 620sの静音性のチェックです。

下記の3つの状態のときに、騒音値を測定しました。

(1)アイドル時
(2)バイオハザード5ベンチマーク実行時(解像度:1280x720、テストA)
(3)TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時(x264、解像度1280x720でエンコード)

テストの結果は、全体的に動作音がうるさかったです。

計測した騒音値は次の図の通りです。私の部屋を極力無音にしても40.4dBあり、この値を基準にすると(1)で+7.0dB、(2)で+7.7dB、(3)で+9.0dBでした。尚、無反響室で測定したわけではないので、騒音値は正確な値ではありません。値は参考程度にしてください。

今まで計測してきたパソコンの中でトップクラスの騒音値です。


Inspiron 620sの騒音値

 

動作音がうるさいのは、フロント側の給気ファンです(下図)。

今回はパソコンを机の上に設置したため、給気ファンが手前側の顔の近くにくるため、うるさく感じたというのもあります。机の下に置けば騒音は多少軽減されるでしょう。

また、今回、騒音値が高めでしたが、これは給気ファンの近くで測定したためというのも原因の1つです。他のPCの騒音値とかなりの差がありますが、数値ほど体感での差はないです。

パーツの温度のチェック

CPUの温度を計測し、パーツが冷却できているかをチェックしました。あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。テストは上と同様に行いました。

テストの結果は、他のパソコンと比較して普通の温度だと思います。尚、Inspiron 620(sなし)はハードディスクの温度が高めでしたが、Inspiron 620sは給気ファンの近くにHDDがあるため、温度は高くありませんでした。


Inspiron 620s のCPU温度。HWMonitorのソフトで測定

消費電力のチェック

次は、消費電力をワットチェッカーで測定した結果です。

テストの結果は、全体的にデスクトップPCにしては低い消費電力です。Core i3-2100は消費電力が低めのCPU(65W)であるためです。尚、Inspiron 620sはCore i5-2300も選択できますが、このCPUは95Wであるため、消費電力はもっと上がると思います。


Inspiron 620sの消費電力。各状態においてワットチェッカーで測定

  1 2 次へ
  目次