会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > New Inspiron デスクトップ (3668)

デル New Inspiron デスクトップ (3668) の実機レビュー

更新日:2017年3月6日

奥行きが短い!

New Inspiron デスクトップは、エントリー向けのミニタワー・デスクトップパソコンです。

奥行きが短いことが特徴で、デスクの上に置いたときに圧迫感が無く、パソコンの前のスペースが広くとれるため、資料を広げたりすることも可能です。

従来モデルでは搭載できなかったSSDを選択できるようになり、作業がより快適になりました。

CPUは、スタンダードなCore i5-7400を搭載しています。

メーカー直販サイト:
inspiron-3668-desktop(2017/1/20発売)


※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

New Inspiron デスクトップ (3668) の基本スペック

New Inspiron デスクトップ (3668) の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2017年3月2日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第7世代インテルCore プロセッサーのCore i5-7400です。
グラフィックカード
CPU内蔵またはGeForce GT 730 です。本機は後者です。
メモリ
8GBです。
 
ハードディスク/SSD
HDDまたはSSD+HDDのモデルがあります。本機は128GB SSD+1TB HDDです。
光学ドライブ
トレイロード式内蔵DVDスーパーマルチドライブです。
電源
240W電源です。
 

特徴1 - SSD搭載モデル登場

従来モデルのInspiron 3650は、SSDを搭載したモデルがありませんでしたが、今回、SSD搭載モデルが登場しました。

Core i5-7400 + SSDの構成なら、一般的なユーザーが行う作業であれば快適にこなせるでしょう。


SSDを搭載可能なモデルが登場

特徴2 - 奥行きが短いミニタワー

本製品は、奥行きが短いミニタワーパソコンです。

一般的なミニタワーパソコンと比較したのが下の図です。奥行きがかなり短いことが分かります。


一般的なミニタワーPCケースとの比較

 

奥行きが45cmしかないテーブルに置いても、圧迫感が少ないです。奥行き60cmのテーブルなら、PCの前で資料を広げたりすることもできます。


奥行きが45cmしかないテーブルに置いても、圧迫感が少ない

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake」のCore i5-7400を搭載しています。スタンダードなCPUで、多くの作業を行うことが可能です。


CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

SSDを搭載できるようになりました。ただし、容量が128GBと小さいのが残念です。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)

本製品で計測したベンチマーク

本製品でのベンチマーク結果です。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i5-7200U
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

約128GB SSD

静音性、内部温度

動作音は比較的静かです。エンコード時でも当サイトの計測では約33dBしかありませんでした。

パーツの温度も低めです。エンコード時で約60度でした。

外観のチェック

外観のチェックです。

フロント面はやや丸みを帯びています。光学ドライブはスリムタイプで、通常の光学ドライブよりアクセス速度は遅いです。表面は光沢感があり、指紋がやや目立ちます。

 

フロント面下部には大きな吸気口があります。

 

天面です。

 

側面です。奥行きが短いことが分かります。

 

ゴム足は小さいですが、4つ付いています。

 

背面です。

 

GeForce GT 730を選択した場合の映像出力ポートです。

ケースの内部とエアフローのチェック

ケース内部とエアフローです。

ケースファンは、背面側のみです。

 

ドライブベイの画像です。

上段には3.5インチベイと、5.25インチベイ(スリムタイプの光学ドライブが接続されています)があります。

下段には2.5インチドライブベイが2つあります。

 

メモリスロットは2つです。

 

最大240Wの電源です。

まとめ

以上が、New Inspiron デスクトップ (3668)のレビューです。

奥行きが短いためテーブルに置いたときの圧迫感が少なく、机によってはPC本体の前を作業スペースとして活用することができます。

SSDも選択できるようになり、快適に作業ができるようになりました。

ただし、デルにしては価格がやや高めです。もう少し価格が下がれば良いのになと思います。また、パーツの選択肢も少ないです。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:
inspiron-3668-desktop(2017/1/20発売)
※なお、リンク先のページに3668の文字は入っていないですがレビュー機と同じ製品です