会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > モバイルパソコンの比較 > ユーザー購入理由(口コミ)

モバイルパソコン(ユーザー購入理由(口コミ))

あなたが買ったモバイルパソコンの使用目的と、購入となった決め手を投稿してみませんか?

新規登録

新着投稿

Thinkpad X1 Carbon & HP EliteBook 2570p Notebook PC

okame-chan55さん PC歴:中級者 お仕事:会社員
あなたの用途や用件
利用目的:ネット閲覧、文書作成
試用する場所:自宅内部屋移動を頻繁に。月に一度程度外出に携帯予定。
製品スペックの用件:イライラさせない使用感。

製品名 Thinkpad X1 Carbon HP EliteBook 2570p Notebook PC
候補にあげた
理由
【Pros】
・勤務先で貸与されているPCがThinkpadのXシリーズであり、その操作性の良さは長年実感していた。キーボードから手を離さないでマウス操作できることがどれだけ作業効率を高めているか、自宅使用の私物PC(DynebookSS)と比較してもその差は歴然で、ぜひ自己所有したいとかねてから願っていた。
・つい手荒に扱ってしまってもびくともしない堅牢性への安心感
・実際使用する前から知っていた、憧れのブランド(レノボではなくThinkpadが!)
・日本に研究所があるということへの親近感と安心感

【Cons】
・職場では何かあってもITチームに丸投げできるが、自己使用だと日本メーカーのような手厚い補償が無いと不安(東芝はその点とてもよかった。この4年半で2度も快くオーバーホールしてくれた…そもそもそれが必要なほどの不具合を起こしたことはさておき)それにthinkpadはコンピュータに詳しい人が使いこなすという、敷居の高いイメージ(素人さんお断り、みたいな)
・中国企業の製品(ネット上にさまざまな噂が流布されているので、それらの確かな根拠が無くても不安…)
【Pros】
・東京生産という安心感(でもそれを示すロゴが不細工なのが残念)
・Thinkpadに似た(ここがポイント。似て非なるトンデモ製品だった)ポインティングデバイスがあった。

【Cons】
・注文してから届くまで何の連絡もなし。
・届いた商品に何の説明もなし。Webのどこに取説があるのかも分からない。問い合わせ電話が通じる時間が不便、日曜日は対応していない。
・ポインティングデバイスの使用感最悪(店舗に実機を置いていなかったので、カタログで確認して発注した)。やや凹んだ形状で操作性最悪。キャップも簡単に取れてしまう。
・wifiへの接続が不安定(Wifi側の問題でないことは確認済)
・初期不良ではないかとの問い合わせをしたくても問合せ先の電話がフツーに勤労している一般庶民には不親切な時間設定。昼休みは不通、夕方も早くに終わる。
・メールで問い合わせると外国人らしき名前の担当者から返信が来るには来たが、書いてある電話番号がでたらめで、その再確認で1日ロスした。
・ようやくつかまえた日本人のサービス担当者に状況を説明したところ、唖然。
修理できない:安心のためわざわざ追加購入までした保障は「月曜~金曜日の9時~17時の間で、設置場所に赴いて修理する」という内容なのでその時間帯に家にいない私にはまったく無意味と判明。(そのサービス担当も、お客様には使ってもらえそうにないですねと呑気に言われた(怒)。実店舗で購入したのに何の説明もなかった。)
交換も無理:それならば交換を、といってもすでに製造終了しているので代替機が無い。探してみるので時間がほしいとのこと。買ったばかりなのにI?在庫一掃セールで買ったわけじゃないし、こんなんでこの先3年も4年も使っていけるのか!?
クーリングオフしかない:怒り心頭でクーリングオフをすると返答したが、数時間後に連絡があり、購入したのがダイレクトではなく代理店経由なのでクーリングオフできないと一方的に言われた。
代理店といっても、都内大型家電量販店内の、HPブースでHPの人から買ったんですが。何が違うの?説明を求めるも全く要領を得ず。
使えもしないマシンを押しつけられてどうしろというのか、これがHPの回答なのか。この会社の良心はどこにあるのか?

結局この家電量販店に相談し、そこからHPに連絡をしてクーリングオフをしてもらった。しかしHPから送られてきた返送用の段ボール箱には呆れた。精密機器用の箱が届くと思ったら、何の変哲もない茶色の段ボール空箱(しかもノートPC1台入れるだけなのに1辺1m超の大きいもの…)に小さなプチプチシートが1枚放り込んであるだけ。それを届けてくれた宅急便の人も「この会社さん、ちょっと酷いんだよね。この依頼もFAX1枚だったし伝票も用意してないんだよ。」とのこと。

この中から実際に購入した製品は・・・Thinkpad X1 Carbon

Thinkpad X1 Carbonを実際に購入した理由
HPを選んでしまい手酷い目に遭ってから、日本メーカー各社を慎重に検討し直した。
しかし何を見ても「ほんとはThinkpadが欲しいんだよね」と思ってしまうので、自分でもPCの勉強をするつもりの覚悟でThinkpadを購入することを決心(大げさ?)
・素人には難しい各機能の違いや使い勝手を確認したくて電話したところ、こちらの疑問にひとつひとつ丁寧に回答いただき、また適切なアドバイスもあって感服した。その応対が素晴らしかった。
・毎日触れるPCなので些細なことでも不快感を持ちたくなかった。何が譲れないのかと考えたとき…キーボードの操作性と赤ぽっち!ということが明確で、この赤ぽっちの代わりになるものは他社製品にはないことを身を持って実感していた。
Thinkpad X1 Carbonを使用してみた感想
・オーダーしてから進捗の連絡が何度もあり、安心もできたしワクワク感も増長された(笑)
・追加で周辺機器を購入したが、お得なクーポンを組み合わせて注文書を切り直してくれていた。

使用感:最高。何の不都合も不満もなし。
懸念:見た目がカッコよすぎる。これに慣れてしまったらもう他は使えなくなるという危惧がある。

ちょっとした疑問がありサポートに電話したが、待ち時間もなく、すぐに対応してくれた。日曜日も対応しているし、保守期間中は疑問点を気軽に電話で聞くこともできるらしい。…これまで使用した日本メーカーと遜色ない。

ついHPと比較してしまうが、必要なドキュメントがどこにあるか、現在の保守契約の状況等、必要な情報へのアクセスが非常によい。

Thinkpadはネット上にその愛用者のブログ等がありかなり参考になる。
投稿日
更新日 2013年10月20日 10:51
8ポイント

Lenovo Thinkpad Edge E130 & Apple MacBook Air 11inch. & Lenovo ThinkPad X230i

Kazukiさん 男性 PC歴:初心者
あなたの用途や用件
利用目的:ネット閲覧、Word、Excelでの文章・資料作成、メール
使用する頻度、場所:ほぼ毎日、自宅や職場、外出先に持ち運ぶ
製品スペックの用件:重量が軽い、打ちやすいキーボード、長時間バッテリー、映りこみのない液晶

製品名 Lenovo Thinkpad Edge E130 Apple MacBook Air 11inch. Lenovo ThinkPad X230i
候補にあげた
理由
常に持ち運ぶことを前提に軽さが最優先。車でも満員電車でも持ち運ぶため、簡単に壊れては困る。堅牢さが売りのThinkPadは最初から候補だった。
また、公称9時間以上のバッテリーも魅力的だった。
長い文章を打つことが多く、トラックポイントや打ちやすいと評価の高いキーボードを試してみたかったのもある。メインマシンではなく2台目なので、カスタマイズなし3万円台からというコストパフォーマンスも好印象。
iPhoneとiPadを自宅で使っており、iTunesやiCloudなどアップルのサービスを使っているため、アップルのノートを使用してみたいと考えた。持ち運びの際の薄さ、軽さもウリ。
OS Xをきれいな液晶で見たかった。また、アップルストアで実物を見たがキーボードもまずまずだった。起動の早さも素晴らしかった。
多くの人がカフェなどで使う姿を見かけるが、逆に恥ずかしくなるのかもと考えてしまった。
同じくThinkPadを検討。Xシリーズならば、持ち運びも便利。12.5インチの液晶なら作業もしやすいだろうと思った。標準電圧版のCPUで性能も高い分、処理もスムーズなのだろうが、ThinkPad独特のファン音が・・・という意見もあり、自分が音を気にしてしまうために先入観もあった。
予算的にはオーバーだったが、AmazonでアウトレットをLenovoがやっており、SSDやメモリ増設も可能で、かなり心が傾いた。

この中から実際に購入した製品は・・・Lenovo Thinkpad Edge E130

Lenovo Thinkpad Edge E130を実際に購入した理由
やはりクーポン使用、カスタマイズ込で5万円台というのが大きかった。
また、ネット上でメモリやSSDなどへの換装などのメンテナンスが容易な機種だという情報が多かったこともある。実際にLenovoからの納品当日に4GBのメモリを足したが、ネジ3本、わずか3分で終わった。
天板のカラーを青、赤、黒で悩んだが、結局黒にしてしまった。青もよかったなと少し後悔。
Lenovo Thinkpad Edge E130を使用してみた感想
初めてのThinkPadだが、キーボードは打鍵感がしっかりしていて打ちやすい。トラックポイントも慣れれば便利。処理能力はキャッシュ用ドライブのおかげかそこそこ早い。天板に指紋が目立たないのもありがたい。パームレストと天板にあるThinkPadのiが光るギミックもおもしろい。思ったよりも軽く、しっかりしていて持ち運びに不安なし。超低電圧版CPUでも性能的に満足。Windows7の起動をもう少し早くするためにSSDを考えている。
ファンの音だが、結局気になってしまい、TPFanControlで制御。また、長時間のタイプでパームレストが少し熱くなる。納期は多くの方が不満を述べているが、発注から2週間での納品だった。
投稿日
2ポイント

acer Aspire S3シリーズ ノートPC 13.3インチ ライト・ゴールド S3-391-F54D & acer Aspire S7シリーズ ノートPC 13.3型 Core i7-3517U 4GB 128GB SSD 1920x1080 Win8 64bit ホワイト S7-391-F74Q

マロン太さん 男性 PC歴:ベテラン
あなたの用途や用件
利用目的:ネット閲覧、文書作成
使用する場所:毎日職場に携帯する。
製品スペックの用件:本体サイズが、コンパクトです。

製品名 acer Aspire S3シリーズ ノートPC 13.3インチ ライト・ゴールド S3-391-F54D acer Aspire S7シリーズ ノートPC 13.3型 Core i7-3517U 4GB 128GB SSD 1920x1080 Win8 64bit ホワイト S7-391-F74Q
候補にあげた
理由
フュージョンドライブを採用しているため、起動がかなり速いです。MacBook Airより安くて、デザインも優れています。ゴールドのボディーは、高級感があります。
acer Aspire S7シリーズ ノートPC 13.3型 Core i7-3517U 4GB 128GB SSD 1920x1080 Win8 64bit ホワイト S7-391-F74Qは、CPUがi7なので、スペックが高いものを望むなら、こちらもお勧めです。

この中から実際に購入した製品は・・・acer Aspire S3シリーズ ノートPC 13.3インチ ライト・ゴールド S3-391-F54D

acer Aspire S3シリーズ ノートPC 13.3インチ ライト・ゴールド S3-391-F54D を実際に購入した理由
実際に触ってみて、キーボード入力やマウスパッドでの操作が便利で、何よりも起動が速くて軽く、丈夫な作りだったからです。
acer Aspire S3シリーズ ノートPC 13.3インチ ライト・ゴールド S3-391-F54D を使用してみた感想
私は、仕事柄、MacとWindowsPCを使用していますが、フュージョンドライブの性能を十分に発揮できるのは、WindowsPCです。
タッチパッドの操作で、縦横へ動かすことができ、もちろん指で拡大もできます。
投稿日
1ポイント

MacBook Pro Retina 13.3 ME662J/A & ThinkPad X1 Carbon & VAIO Z & ThinkPad T430s

splitさん 男性
あなたの用途や用件
利用目的:ネット閲覧・プログラミング
利用場所:毎日学校に携帯、家のソファや机で利用することもある
スペック用件:画面解像度は最低1440x900、SSD搭載、まともなポインティングデバイス、RAM8GB以上

製品名 MacBook Pro Retina 13.3 ME662J/A ThinkPad X1 Carbon VAIO Z ThinkPad T430s
候補にあげた
理由
OS X(UNIX)環境に興味があった
OS X上のトラックパッドの動作が、Windows上の他社製品に比べて優れている
Retinaも魅力だったが、WQXGAそのままで使えるという情報も魅力的だった
トラックポイント・キーボードなどの入力デバイスが圧倒的に良い
ThinkPadであるということ
上記モデルよりも多少軽い
Quadコア・FHD液晶・高速SSDなど基本スペックが魅力だった
重さとフットプリントの大きさ以外はかなり理想に近かったため

この中から実際に購入した製品は・・・MacBook Pro Retina 13.3 ME662J/A

MacBook Pro Retina 13.3 ME662J/Aを実際に購入した理由
ハードウェアとしては最後までThinkPad X1 Carbonが優勢だったが、OS Xの魅力に負けた
トラックポイントとは別の意味でトラックパッドが優れていたというのは大きい
X1 CarbonはThinkPadとはいえUltrabookなので、ThinkPadならではのポイントが減ってしまったことも大きい。
大幅値引きクーポンの発行時期や、自分は利用できない社販の存在が面倒だったのもThinkPadのマイナスだった
VAIO Zはdiscon間近で価格が上がっていた、入力デバイスが微妙だったというあたりで外れた
T430sは最終的には重さとバッテリ稼働時間のバランスが悪く外れた
MacBook Pro Retina 13.3 ME662J/Aを使用してみた感想
OS X(UNIX)環境はなかなか便利で生活しやすいが、UIが微妙な点もある
エッジが尖っていて痛い
GPUの性能がやはり足りない場面が見られる
わかっていたことではあるが、キーボードはキートップが湾曲していない、キーストロークが薄いなどの理由で使いにくい
林檎マークが無駄に発光するのが恥ずかしい
投稿日
5ポイント

dynabook KIRA V832 & VAIO Pro 13 & FMV LIFEBOOK UH90

漬け石さん PC歴:中級者
あなたの用途や用件
 大学でのプレゼンや文章作成、プログラミング等を行えるノートPCを検討した。自転車と満員電車に揺られながらの携行となるため小型(~13.3インチ)かつ軽量(~1.5kg)、SSDの搭載を必須とした。資料を見ながらの作成が捗るフルHD超の解像度を持つことも条件に加えた。

製品名 dynabook KIRA V832 VAIO Pro 13 FMV LIFEBOOK UH90
候補にあげた
理由
 CPUこそ旧世代のCore i5 3337Uだが、タッチパネル付きの2560×1440の高解像度液晶(IGZOと思われる)、大容量の8GBのメインメモリー、harman/kardon製スピーカーを搭載し、他のUltrabookとは頭一つ抜けている。ハニカムリブ構造を採用したマグネシウム合金製であり、1.3kgと軽量でありながら剛性があった。Office2013だけでなく、Adobeの画像・動画編集ソフトも標準で付属するのも嬉しい所。  約1kgと、同サイズのタッチパネル付きノートPCの中では最軽量。オーダーメイドモデルなら1GB/sを誇るSSDが選択可能。画面を開いた時にキーボード面が傾いて入力がし易くなるだけでなく、熱もこもらない仕掛けを搭載し、使いやすさを追求。色域が優れたトリルミナスディスプレイ、X-realityの補正技術も相まって画面が非常に色鮮やかで綺麗。13時間の長時間バッテリーも魅力の一つ。  Win機では最高解像度であろう3200×1800の液晶を搭載。この数字は個人的にキリが良く、200%に拡大しても文字が潰れない調度良いサイズ。省かれがちなLANポートを搭載し、しかもGbit対応している。SSDはキャッシュとして32GBしか無いが、代わりに500GBのHDDを積む。日本製らしく、筐体の作りがしっかりしていて、特に側面からの眺めが素晴らしい。

この中から実際に購入した製品は・・・dynabook KIRA V832

dynabook KIRA V832を実際に購入した理由
 旧世代CPUだからなのか比較対象より2万円前後安く実質12万円で購入出来た。それでいて性能はむしろ凌駕している。(the比較様の実機レビューを参考にさせて頂きました。)Adobe製画像・動画編集ソフトが付属するのもお得感が強い。
 また、家のPCでPDFファイルやウェブブラウザ、Officeソフトを開いているとメモリを5GB以上使っていたため、標準で8GB搭載していたことも要因の一つ。タイピングが最もし易く感じ、実際キーストロークが1.5mmと最も深かった。
 東芝のモバイルパソコンというと昔はDynabookSS SXの約30万円、R731でも20万弱していた記憶があるため、当機種はかなり割安な印象を受けた。
dynabook KIRA V832を使用してみた感想
 値段でほぼ決めたが、筐体の強度や仕上がりは十分。画質、音質共にノートPCの中ではかなり良い方で、パッケージデザインからもdynabookの質実剛健なイメージが払拭された。だが、画面や天板の隅にロゴが表記されているようにビジネスシーンで使ってもおかしくない。
 性能面も画像の編集ぐらいであれば楽々こなし、バッテリーの持ちも夕方までなら持ってくれた。排熱ファンの音が耳障りであること、Macbookに間違われること(笑)が不満な点だが、精巧に作りこまれたPCだと思う。使っていくうちに良さが分かってくるPCであり、検討中の方は是非一度手に取って頂きたいと感じた。
投稿日
15ポイント

MacBook Air & AcerノートPC 13.3インチ Corei3-2377M 4GB 500GB Win7HP64bit ゴールド S3-391-H34D

投稿者は退会されました(会員No.75)
あなたの用途や用件
利用目的 -- iTunes、ネット閲覧、文書作成、ゲーム
使用する頻度や場所 --毎日、自宅の中だけで使用する
製品スペックの用件 -- 高解像度液晶、重さ1kg以下

製品名 MacBook Air AcerノートPC 13.3インチ Corei3-2377M 4GB 500GB Win7HP64bit ゴールド S3-391-H34D
候補にあげた
理由
カスタマイズして購入できたので、納得の行く高速起動、高速処理、携帯性など言うことなしです。 フュージョンドライブの性能を検証したくて、購入しました。あまり期待していませんでしたが、iMacのフュージョンドライブより快適です。フュージョンドライブは、Windowsに向いているようです。

この中から実際に購入した製品は・・・MacBook Air

MacBook Airを実際に購入した理由
軽くて性能の良いモバイルパソコンが欲しかったので購入しました。
MacBook Airを使用してみた感想
カスタマイズして購入できたので、納得の行く高速起動、高速処理、携帯性など言うことなしです。
投稿日
2ポイント

ThinkPad X220Tablet & EliteBook 2760p Tablet PC

motoakiさん 男性 PC歴:初心者
あなたの用途や用件
利用目的 -- ネット閲覧、文書作成、お絵描き、画像編集
使用する頻度や場所 -- 自宅・出先兼用。移動は自転車メイン
製品スペックの用件 -- ある程度小さいことと、毎日持ち運んでも壊れない堅牢性

製品名 ThinkPad X220Tablet EliteBook 2760p Tablet PC
候補にあげた
理由
ThinkPadのブランド、特にメンテナンス性の高さで。また、当時としては、視野角の広いIPS液晶を搭載していたことから。Tabletなのは単純に好奇心から。 似たような性能で、同じく堅牢性を売りにしていたから。

この中から実際に購入した製品は・・・ThinkPad X220Tablet

ThinkPad X220Tabletを実際に購入した理由
比較先との性能面での区別は難しかったのですが、ただ一点、明らかにキーボードの出来が違ったので、ThinkPadを選びました。
ThinkPad X220Tabletを使用してみた感想
「重いなあ」というのが最初の感想です。それまで東芝のdynabookR730を使っていたのですが、画面サイズは小さいのにフットプリントは同じくらい。光学ドライブ非搭載なのに厚みと重さはX220Tの方が上。
ただ、どちらも「仕事の道具として」よくできていましたね。ThinkPadの伝統と、なにげに東芝も凄かったんだと実感しました。

購入からおよそ2年経過しますが、Windows8に入れ替えて現在も使っています。画面の解像度など、見劣りする部分も出てきましたが、コンバーチブル型であることやメンテナンス性などで、X220Tに代わるものがない以上、まだしばらくは使い続けることになるでしょう。
投稿日
3ポイント

VAIO PRO 13インチ & AirMac 13インチ 2013Mid & VAIO PRO 11インチ

つよまるさん
あなたの用途や用件
利用目的‐‐ネット閲覧、メール、オフィス系ソフト使用
使用する頻度や場所‐‐主にオフィス、時々新幹線内や移動先
製品スペックの用件‐‐重さ2kg以下、13インチ以下

製品名 VAIO PRO 13インチ AirMac 13インチ 2013Mid VAIO PRO 11インチ
候補にあげた
理由
新しいintel第4世代プロセッサーHaswell搭載ということで、電池持ちが良い。
液晶もフルHDで1980✕1080ということで、画面が多少小さくでも作業性が良いため。
東レ製「UDカーボン」を採用し、重さが1kg少々と、持ち運びも便利。
高速SSDを使用している。
新しいintel第4世代プロセッサーHaswell搭載ということで、電池持ちがかなり良い。
SSDを使用している。
新しいintel第4世代プロセッサーHaswell搭載ということで、電池持ちが良い。
液晶もフルHDで1980✕1080ということで、画面が多少小さくでも作業性が良いため。
東レ製「UDカーボン」を採用し、重さが1kg少々と、持ち運びも便利。
SSDを使用している。

この中から実際に購入した製品は・・・VAIO PRO 13インチ

VAIO PRO 13インチを実際に購入した理由
先ず仕事優先での使用を考えた時、MacにWindowsを入れてというのも検討しましたが、OSが2つあるのが不便だと感じ、相当悩んだ結果AirMacを外しました。
VAIO PROの11インチにするか13インチにするかの最終決定打は、高速SSDです。
普通のSSDの2倍のスピード誇る高速SSDは13インチにしか搭載できないとのことで、携帯性や重量で11インチに劣るものの、それでも差は数百グラムということで、VAIO PRO13インチにしました。
VAIO PRO 13インチを使用してみた感想
まだ実際に手元に届いていないが、デモ機を触って確実に「コレだ」という印象を受けました。
軽い、速い、頑丈、そして何よりもカッコイイ。
普段はオフィスで使用するものの、外出先や移動中での仕事上での使用を考えたら、これ以上のものはないと思いました。
投稿日
11ポイント

MacBook Air mid 2012、11インチ & ThinPad x203

kawagucaさん
あなたの用途や用件
利用目的:C言語によるプログラミング、ネット閲覧、文書作成、統計解析(R言語による)
使用する頻度と場所:毎日職場で使用する、職場が週3回移動するので、携帯し、常に使用している。
ネット環境:職場でのWifiとE-mobileのWifiを基本的には利用。有線LANは利用できない環境におかれることが多いため職場の机で利用するときのみ使う。
製品スペックの条件:軽量(重さは1kg以下)、バッテリーが長寿命、ハイスペック

製品名 MacBook Air mid 2012、11インチ ThinPad x203
候補にあげた
理由
これまで、ThinkPad x200シリーズを使用してきたが、文字の見やすさ、インターフェイスの良さ(ハード、ソフト共に)とPCはMacから(OS9時代)から使っていたこともあり、店頭で実機をみて決定。
また、ディスプレイがグレアとノングレアの中間的な印象を受けるところもよい。
移動が多いため、軽さ・バッテリーの持ち時間・スペックも重要視した。
軽さ、バッテリーの持ち時間、スペック。

この中から実際に購入した製品は・・・MacBook Air mid 2012、11インチ

MacBook Air mid 2012、11インチを実際に購入した理由
インターフェイスのよさ。
Windowsマシンを利用してきたが、ヒューマンインターフェイスにどうも合わない、しっくりこない感じがしていた。
Macのハードとソフトのインターフェイスの良さ。
軽さ。バッテリーの持ち時間の長さ。Corei5としてはWindowsマシンより体感速度が速く感じられる。
起動時間の早さ。
MacBook Air mid 2012、11インチを使用してみた感想
軽さには十分満足している。スペック的にも問題なし。
問題点としては、薄さを追求したため仕方がないがキーボードが薄くタッチタイピングが若干困難。
バッテリーが実質5時間程度しかもたないこと。せめて、7時間は欲しい。
これも薄さを追求したためではあるが、USBポートの少なさと幅の広いUSBメモリを刺すと、隣のUSBポートに刺したUSBメモリとぶつかってしまう。
全体的には、非常に満足している。
13インチにしなかったことは正解と考えている。11インチと13インチの差は対したことではないと思われるが、実際使用してみると、11インチだとすぐに鞄から取り出し使うことができるが、13インチでは携帯する気も若干うせてしまう。
投稿日
2ポイント

ThinkPad X220 & FMV LIFEBOOK SHシリーズ & 東芝 dynabook Vシリーズ

LIPさん 男性 PC歴:中級者 お仕事:会社員
あなたの用途や用件
利用目的:文章作成(ワード、エクセル)、ネット閲覧
使用する頻度や場所:毎日使用で基本は自宅、ただ外に持ち運ぶ機会も多い
製品スペックの用件:文章作成がしやすい、頑丈なボディで壊れにくい
予算:10~15万円
※購入したのは2年前で製品の情報が少し古いです。後継種を購入する際の参考にしてもらえればと思います。

製品名 ThinkPad X220 FMV LIFEBOOK SHシリーズ 東芝 dynabook Vシリーズ
候補にあげた
理由
堅牢なボディに、作業効率を考えたキーボード、静かで温度上昇も低い、まさに質実剛健なモバイルパソコン。文章作成の機会が多いので、トラックポイントも魅力。 薄型ノートパソコンでありながら、光学ドライブを搭載できる点が優秀。また光学ドライブ使わない時は別のアイテムを搭載できる、マルチベイ構造に魅力を感じる。 スリムなボディに、軽量な本体、スタイリッシュなデザインが魅力。バッテリー駆動時間も長く、外出先でも長時間使用できる。ボディには独自のバスタブ構造や、ハニカムリブ構造を採用し、軽量・薄型ボディながら、高い堅牢性を持つ。

この中から実際に購入した製品は・・・ThinkPad X220

ThinkPad X220を実際に購入した理由
一番重視したのは、文章作成のしやすさ。打ちやすいキーボードに、思考を妨げない静音性、ホームポジションを維持しながらマウスカーソルを操作できるトラックポイントなど作業性の高さが購入の決め手です。また持ち運ぶ機会も多いので、NASAでも使用されると言う堅牢なボディに魅力を感じました。加えて、他の2機種に比べて一回り小さい12.5型のサイズは、外出先で場所を取らずに作業できるので私にはベストなサイズでした。
ThinkPad X220を使用してみた感想
作業性に関しては期待通りで、とても快適に文章を作成できます。長時間の作業でも指が疲れず非常に重宝しています。また購入から2年経過しましたが、パソコンの動作は相変わらず軽快、まだまだ現役で仕事をしてくれそうです。不満と言う不満も見当たらず、本当によくできたパソコンだなぁ、と日々関心させられます。今は後継機のThinkPad X230になっているようですが、自信を持っておススメします!
投稿日
5ポイント