会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ガジェットの比較 > ユーザー購入理由(口コミ)

ガジェット(ユーザー購入理由(口コミ))

あなたが買ったガジェットの使用目的と、購入となった決め手を投稿してみませんか?

新規登録

新着投稿

iiyama Prolite X2377HDS & EIZO FORIS FS2333 & 三菱電機 Diamondcrysta WIDE RDT234WX

ぽんこつんさん 男性 PC歴:ベテラン お仕事:プログラマ
あなたの用途や用件
利用目的:仕事用とゲーム
使用する頻度や場所:自宅で毎日10時間以上
製品スペックの用件:IPS液晶、毎日使うから省エネLEDパネルとエコモード、仕事に使うからノングレア、ゲームやるからオーバードライブとアス比固定拡大

製品名 iiyama Prolite X2377HDS EIZO FORIS FS2333 三菱電機 Diamondcrysta WIDE RDT234WX
候補にあげた
理由
IPS液晶、LEDパネル、エコモード、ノングレア、オーバードライブ、アス比固定拡大、ダイナミックコントラスト、スピーカーと豊富な機能が全部付いてる。
そして安い。
安心と信頼のナナオちゃん。
こっちはX2377HDSの同等の機能にさらに、画面回転とHDMIが2つ付いてくる。
どうせ液晶アーム使うから画面回転はどうでも良いけど、HDMI2つは魅力的。
一昔前と比べたら随分安くなったとはいえ、まだまだお値段がお高いです。
こっちも同等機能で画面回転はないけどHDMI2つ付き。
DVDとか見る時に高画質化してくれる超解像技術とかついてる。

この中から実際に購入した製品は・・・iiyama Prolite X2377HDS

iiyama Prolite X2377HDSを実際に購入した理由
最終的には安さを優先しました。
iiyama Prolite X2377HDSを使用してみた感想
普段はエコモードで使用していますが、エコモードだとダイナミックコントラストは使えないみたいです。
別にその機能はどうでも良かったので問題なし。
付属のスピーカーはゴミ。安いノートPCみたいな音質です。
液晶に付いてるスピーカーなんてこんなもんだと諦めてます。
アス比固定拡大があるのは便利です。
640x480解像度のゲームとかも4:3で拡大してくれます。
スムージングが非常に綺麗です。

最悪だったのは、入力信号の切替。
AUTOモードなら自動で入力信号を切り替わりますが、2台のPCの電源が付いていた場合は手動で信号を切替ないといけません。
ワンタッチで切り替えれないので、OSDメニューで切り替えないといけません。
MENUボタンを1回押す、音量+ボタンを4回押す、MENUボタンを1回押す、音量+ボタンを1回押す、MENUボタンを1回押す、音量+ボタンを複数回押して入力信号を選択、MENUボタンを1回押す、EXITボタン3回押す
これで切替完了です。かなり面倒です。

この入力信号の切替以外は機能的には満足しています。
価格を考えれば大満足です。
ただ、一台のディスプレイを複数のPCやゲーム機で使いまわしをしようと考えてる方にはお勧め出来ません。
投稿日
6ポイント

EIZO AAAA & iiyama BBBB & 三菱 CCCC

masterさん 男性 PC歴:中級者 お仕事:SE
あなたの用途や用件
※この投稿は管理者によるサンプルです。
※候補に挙げた製品は実際には存在しないため、ご注意ください

利用目的:仕事用(文書作成や表計算を使用)
使用する頻度や場所:ほぼ毎日
製品スペックの用件:IPS液晶。眼が疲れないほうが良い。

製品名 EIZO AAAA iiyama BBBB 三菱 CCCC
候補にあげた
理由
眼が疲れにくい、ちらつきが少ないことで評判だから。 価格が安い。品質もまあまあ。 ブランド力。PinP機能も便利そう。

この中から実際に購入した製品は・・・EIZO AAAA

EIZO AAAAを実際に購入した理由
店頭で確認したら、一番見やすいと感じたから。また、ちらつき低減機能が付いているのもポイント。
EIZO AAAAを使用してみた感想
非常に見やすい。ギラつきザラつき、チラつきなど感じない。
投稿日
1ポイント

brother HL5340D & OKIデータ C301DN

ぽんこつんさん 男性 PC歴:ベテラン お仕事:プログラマ
あなたの用途や用件
自宅で資料の印刷や小冊子を大量作成するためにレーザープリンタを探していました。
とにかく大量の白黒印刷をするため、カラー印刷の機能は二の次で白黒印刷を重点において探していました。
本体15000円以下、ランニングコスト、自動両面印刷、この点を重視して最終的に2つに候補を絞りました。

製品名 brother HL5340D OKIデータ C301DN
候補にあげた
理由
本体価格が安く、自動両面印刷対応、最大印刷枚数も多く、トナー代金も安い。
コストパフォーマンスは最高です。
正し、カラー印刷機能はなく白黒印刷しか出来ません。
本体価格が安く、自動両面印刷対応、カラー印刷も出来る。
5年間無料保障も付いてくるので安心して使える。

この中から実際に購入した製品は・・・brother HL5340D

brother HL5340Dを実際に購入した理由
決め手は最大印刷命数でした。
C301DNの方は、カラー印刷も出来る分、黒トナーの容量が少ないためせったくのレーザープリンタなのに、頻繁にトナーを交換しないといけません。
交換作業がめんどくさいのと、普段殆どカラー印刷を使用しないためHL5340Dを選びました。
たまにしか行わないカラー印刷は、他に所有しているインクジェット複合機で印刷しています。
他にインクジェットプリンタを所有していなかったら、C301Nを選んでいたかもしれません。
brother HL5340Dを使用してみた感想
初めてのレーザープリンタなので他と比較は出来ませんが印刷速度が速くて満足しています。
ただし、自動両面印刷をすると紙が反るので小冊子が作り辛いです。
一度、雑誌か何かで挟んで反りを戻してからホッチキスでとめています。
投稿日
4ポイント