会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ガジェットの比較 > ユーザー購入理由(口コミ)

ガジェット(ユーザー購入理由(口コミ))

あなたが買ったガジェットの使用目的と、購入となった決め手を投稿してみませんか?

新規登録

新着投稿

ASUS VX239H-J [23インチ ブラック] & アイオーデータ DIOS-MF241XB [23.6インチ ブラック] & EIZO FlexScan EV2450-BKR [23.8インチ ブラック]

ハムさん
あなたの用途や用件
製品スペックの用件
・狭い部屋なので25インチ以下。
・出来れば知っている有名メーカー。
・今使っているテレビがVA方式ですぐに画面が白っぽくなるのでIPS方式が欲しい。
・今使ってるテレビがHDで画面が狭いのでフルHDがいい。
利用目的
・PS3で使うのがメインで、ノートパソコンもHDMIでたまに使えれば。
使用する頻度や場所
・自分の部屋に置きます。
予算
・最初はテレビを買おうと思いましたが6万くらいかかるので半額以下に抑えたい。

製品名 ASUS VX239H-J [23インチ ブラック] アイオーデータ DIOS-MF241XB [23.6インチ ブラック] EIZO FlexScan EV2450-BKR [23.8インチ ブラック]
候補にあげた
理由
人気の製品は3万前後が多かった中、この製品は1万8000円と安く、IPSよりも性能が良いらしいAH-IPS方式だったので選びました。 売り上げランキングが一位で価格も1万7000円。売れているから良い製品なのかなと選びました。 評価も口コミ件数も多くて、それだけ良い製品みたいでした。価格は4万円と高めでしたが選びました。

この中から実際に購入した製品は・・・ASUS VX239H-J [23インチ ブラック]

ASUS VX239H-J [23インチ ブラック]を実際に購入した理由
いつもは普通のテレビでゲームをしていてモニターに詳しくないので、いきなり高い製品を購入するのも怖かったので有名メーカーで価格と口コミのバランスが良いVX239H-Jにしてみました。
同価格帯やそれ以下の製品はたくさんありましたが、逆に安すぎるのも不安でした。デザインもVX239H-Jが一番凝った造形をしていて気に入りました。
ASUS VX239H-J [23インチ ブラック]を使用してみた感想
組み立ては簡単でした。テレビと違って画面周辺の淵は狭くて、台座も円形でかなりスタイリッシュです。
モニター本体を支える部品がかなり細いのでカッコはいいのですが、少しグラグラするのとミシミシと安っぽい音がします。
実際にPS3をやってみると、映像はフルHDなので鮮明でとても美しいです。
IPSとAH-IPSの違いは知りませんが、VA方式のテレビよりもどんな角度から見ても綺麗に見えます。
やっているゲームがRPGメインなので、表示や入力の遅延に関しては僕はわかりません。
音はスピーカーがちっちゃいせいかチープに聞こえます。せっかく映像が綺麗なのだからヘッドホンでプレイしたほうがいいと感じました。
テレビと違って設定画面の操作はちょっとやりにくかったです。
今使ってるテレビもそんなに古くはないし安くもないのに、たった1万8000円のモニターのほうが美しいのは驚きでした。
もしもテレビの買い替えを検討している人がいたらPCモニターも候補に入れたほうがいいと思います。
投稿日
2ポイント

Aterm MR04LN+BIGLOBE LTE・3G & Aterm MR04LN+OCNモバイルONEプリペイド容量型

らんだむばじうさん
あなたの用途や用件
利用目的:外出時の通信環境を改善すること
頻度や場所:外出時に常備
要件:現在利用中のスマホより快適に使えるモバイル通信で、セキュリティなどの観点からクレジットカード不要OKのもの。

製品名 Aterm MR04LN+BIGLOBE LTE・3G Aterm MR04LN+OCNモバイルONEプリペイド容量型
候補にあげた
理由
地理的にDoCoMo回線である必要性が高く、今も毎年のように流出事件がある中、別途手数料を支払ってでもクレジットカードは不要な方が良いと考えているので、選択肢は最初からかなり絞られていました。
OCNモバイルONEプリペイド1GBも購入して双方の実効速度などを多少確認した結果、利用条件や支払い方法などを総合的に考慮して、こちらに決定しました。
手続きの簡易さと、条件次第ではプリペイドの方が自分の使い方に合うかも知れないと考えたことから候補に。
何れはスマホも含めて乗り換えるつもりであることと、試しに1GB分を購入してほんの少し実測したところ、BIGLOBEの方が速かったので、使用中止予定。

この中から実際に購入した製品は・・・Aterm MR04LN+BIGLOBE LTE・3G

Aterm MR04LN+BIGLOBE LTE・3Gを実際に購入した理由
ルーターの選択に際しては、MR04LNが実効速度で普段使いに問題ない程度のスペックを持つと思われた点と、デュアルスロットに対応してコンビニなどでプリペイドSIMを購入して予備回線として使える点が大きな要因です。
また、大容量バッテリーがAmazonなどで販売中であることも選択を後押ししました。
Aterm MR04LN+BIGLOBE LTE・3Gを使用してみた感想
手持ちのスマホが旧型なのに全部入りに近くてアンテナ感度などに無理があるらしい所為か、荷物が増えたことを加味しても、今迄より快適になりました。
投稿日
0ポイント

富士通 Arrows M02 & ASUS ZenFone2 Laser & ソニー Xperia J1 Compact & FREETEL SAMURAI MIYABI

ガイさん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
ガラケーを既に持っているので、データ通信用のサブ機としての購入。
持ち歩くことも多くなるので、防水は出来れば欲しい。また片手操作がしやすい機種、5インチ前後が個人的な上限

製品名 富士通 Arrows M02 ASUS ZenFone2 Laser ソニー Xperia J1 Compact FREETEL SAMURAI MIYABI
候補にあげた
理由
MIL規格をパスしているので薄くても堅牢そう
性能は高くないが昨今の並程度はクリアしていると思う
値段もASUSと大差ないのでコスパもよさそう
ASUSのメーカー自体パソコン系での信頼性があるので。また店頭で触った感触も良好。個人的には手袋したままタッチ操作を受け付けるのが良かった
今回の選択肢での基準はこれ
バッテリー交換出来そう(公式サポート外だが物理的には出来るように見えるので)
防水ありながら小型
値段は高めだがパワーもありそう(CPUが2Ghz超えで単純なクロック数ならArrowsより遥かに高い)
富士通とASUSが3万前後に対し2万強と圧倒的な安さ
かといって劣るわけではなくむしろ内蔵ストレージ32GBという武器もある
バッテリー交換が出来る

この中から実際に購入した製品は・・・富士通 Arrows M02

富士通 Arrows M02を実際に購入した理由
まずXperia、パワーがあるのはいいのですが値段が5万くらいになってしまうので見送りました。
ASUSは、個人的に好きなメーカーではあるものの防水ないけど富士通と比べそんなに安くはないので落としました。
残るFREETELと富士通で1万の価格差はありますが、メーカーの信頼性と堅牢性を考慮した結果Arrowsにしました。
富士通 Arrows M02を使用してみた感想
性能的にはミドル以下というかエントリークラスのようですが、割とキビキビと動きます。
ゲームもある程度はこなせます。例えばMHエクスプロアくらいなら問題なく動作します(不具合はありますがソフトの問題だと思う)。低クロックながらクアッドコア+2GBメモリが効いていると思います。
解像度はそこそこですが個人的には過不足ないと思います。画質は割と良好です。ネットはもちろん、動画も綺麗に楽しめます。
バッテリーも及第点です。3日持つ、というのは暇つぶし程度の使用頻度ではあります。それでも、ガッツリゲームとかをやっても1日は持ちます。

難点としては、内蔵ストレージがやや少ないことですね。カタログでは16GBですが合計が8.4GB、またmineoの端末なのですが独自アプリの分も入れると空き容量6GB強になっています。MHXRで1GB食うので重いアプリの大量インストールには不向きでしょう。
もちろんAndroidのバージョンにもよるのですが、8GBだと空き容量が僅かしかないかもしれません。このあたりは最低限16GB確保すべきと感じました。SDカードスロットがあるので、内蔵ストレージは最低限で足りなければ補って下さい、ということでしょう。

防水あり、最低限の性能を満たした上で比較的安価なので、SIMフリー端末の入門機として最適だと思いました。国内メーカーだとどうしても高価になりがちですが、構成を絞ってコストダウンをしたのは好感が持てます。
投稿日
3ポイント

ASUS ZenFone2 Laser & HUAWEI P8 Lite & 富士通 arrows M02

おじさんさん 男性 お仕事:自営業
あなたの用途や用件
ガラケーからの初めてのスマホです。
通話メインの使用になりますので、格安スマホと呼ばれている2~3万の機種を大手キャリア以外で検討しました。
私と同じようにPCしか触った事がなくスマホを扱えるか不安に感じている方の参考になれば幸いです。

製品名 ASUS ZenFone2 Laser HUAWEI P8 Lite 富士通 arrows M02
候補にあげた
理由
スマホの知識がありませんのでネットのレビュー記事だけが頼りでした。
ASUSはPCでも有名ですし、コスパが良いという記事を多く見かけました。
全体的な印象としては性能面ではP8 Liteのほうが上という記事が多かったです。 国産はソニーを始めとして高価な機種が多い中、比較的安いです。

この中から実際に購入した製品は・・・ASUS ZenFone2 Laser

ASUS ZenFone2 Laserを実際に購入した理由
ASUSというブランドと丸みを帯びたデザインが好みでした。
ASUS ZenFone2 Laserを使用してみた感想
●デザイン
柔らかいシルエットです。下部にはZEN BOOKのような加工がされていてシンプルながら質感は良いです。
裏はさらさらした素材で艶はありません。シボ・ヘアライン加工もなくノッペリしています。写真で見るより安っぽく感じました。色は白・黒・赤の3色から選べます。

●大きさ・持ちやすさ
写真で見た限りでは大きく感じていましたが実物はすごくコンパクトでした。
千円札を用意してみてください。その千円札より縦横1cm程度小さいです。
裏が少し膨らんだデザインは持ちやすくていいのですが、その代わりに他の機種よりもやや厚さがあります。

●操作性
コンパクトとはいっても片手で全てを操作するのは難しいです。
画面上部には指が届かず、無理に操作すると持ち方が不安定になり危険でした。
素直に左手で持って右手で操作したほうがいいと思います。

●文章入力
PCのようにローマ字入力も出来ますが、ガラケーの操作感に近く
さらにそれを進化させたような「フリック入力」が非常に便利です。
何回もボタンを押す必要がないので早く文章を打てます。

●性能・動作
PCと違って聞いたことのない名前のCPUですが一通り操作した限りでは滑らかに動いてくれました。
画像が多いサイトではスクロールの際にわずかにカクつきます。安い機種ですので不満はありません。

●カメラ
カメラに詳しくないので下手なことは言えませんが、PCに取り込んでみても非常に高画質で美しいです。
この機種はカメラ性能をアピールしているだけに1300万画素あり、撮影モードも豊富です。
注意点としては、カメラモード時は高画質な映像をリアルタイムで画面に映し続けるので電池の減りが凄まじいです。

●電池の持ち時間
短時間の通話がメインでたまにメール、というガラケーと全く同じ使い方をしてみましたが、一週間も持ちました。
スマホは電池が持たないという印象が強かったので驚きました。
逆に通話をしていない間もずっとネット等をやって画面を点灯させていると電池はどんどん減っていきます。
特にゲームはCPUに負荷が掛かり電池の消費が激しいので、やりすぎると1~2日しか持ちません。


◆月額料金
ガラケー使用者の大半の方がスマホは高いと思っているはずです。
私の場合はドコモから楽天モバイルに乗り換えて、一番安いベーシックプランで契約しました。
端末代は一括で支払いましたので、月額基本料金はたったの1400円です。

◆ネット速度
料金が安い代わりに速度が一番遅いプランで、わずか200Kbpsです。
ニュースサイト等のテキストメインのサイトとメールであれば意外にもそれほどストレスなく閲覧できました。
しかし、画像が多用されているサイトや動画サイト、アプリダウンロードは無理と考えてください。遅すぎます。
外でPCと同じ感覚でネットを使う場合は、やはり高速プランで契約する必要があると思います。
自宅にいるときは自宅のwi-fiに接続すれば、PCと同じように高速ネットが可能です。


■初めてのAndroid
Windowsしか操作したことがない私にとってAndroidは見た目・操作感が全く違うので戸惑いました。
操作につまづく度にひとつひとつネットで調べて解決していきました。
最初こそ苦労はしますが、使っていく内に徐々に直感的に操作できるようになります。
「あ、これがPCでいうデスクトップ画面か」「なるほど、これがPCでいうプログラム一覧で、これがコントロールパネル」
こういう感じです。2~3日で慣れてPCと同じように操作できるようになりました。
単純に電話をするだけでしたら、ホーム画面の通話アイコンをタップするだけですので
迷うことなく誰でも簡単に操作できます。その点は安心してください。

■不満点
ZenFone2 Laserは端末の上部分にイヤホン端子、下部分に充電用の端子があります。
これでは手に持ってイヤホンで音楽や動画を楽しむ際に上からコードが垂れてくる事になり、見た目がスマートではないと思いました。
普通に考えれば、普段使わない充電用の端子を上に配置すると思いますが、設計上の事情なのかもしれません。

■まとめ
慣れてしまえば画面が大きくわかりやすいですし
月額料金も大手キャリア以外で探せば、ガラケーとほぼ同額で利用できます。
通話メインであれば、ZenFone2 Laserのような安い機種でもストレスなく、電池持ちも良いです。
ガラケーから乗り換えを検討されている方は何の心配もしなくていいと思います。
投稿日
3ポイント

EPSON EP-807AB & キヤノン ピクサス MG7530 & EPSON EP-808AR

かめそんさん
あなたの用途や用件
利用目的:レポート印刷,資料印刷
製品スペック:両面印刷,自動電源ON

製品名 EPSON EP-807AB キヤノン ピクサス MG7530 EPSON EP-808AR
候補にあげた
理由
 型落ちで安くなっていた。自動で電源がONになり,排出トレイも自動で出てくる。 同じく安売りしていた。NFC機能に対応しているから,Wi-fiを使わなくていい。私の家はWi-Fiが安定していないので,NFCのみで印刷が出来るのはかなり魅力的。画素数はこちらの方が上。 購入した商品の新型。店員に聞いたところ,ほぼ変わってないとの事でした。NFCの機能が使える様になっている。

この中から実際に購入した製品は・・・EPSON EP-807AB

EPSON EP-807ABを実際に購入した理由
まず,新型と比べたところ,特に変わった部分がなく,NFC機能は魅力的だが,その為だけに1万円弱多く払うのは無駄に感じた。また,キヤノンの方が画素数は綺麗だが,私の家では写真を印刷することがまずないので,不必要だと考えた。
EPSON EP-807ABを使用してみた感想
自動でスリープモードにさせる設定が出来るのですが,スリープにさせる際かなりうるさい。よって,その機能がすぐに切った。自動でONになる機能はかなり便利。画素数に不満な点はない。ただ,使い始めて半月経つが既に初めに入れたインクが切れる寸前。新しいインクは買っとくべき。
投稿日
2ポイント

BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Z & ASUS 『Gamingモニター 』 24型フルHDディスプレイ

パルさん 男性 PC歴:初心者 お仕事:学生
あなたの用途や用件
利用目的 PCゲーム

使用する場所 自宅

スペック FPSが120HZか144HZであること

製品名 BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Z ASUS 『Gamingモニター 』 24型フルHDディスプレイ
候補にあげた
理由
インターネット上でなかなかの評価だった

FPS等様々な快適にゲームをプレイするための機能が備わっていたから

三年保証
自分が要求しているスペックを満たしている

中心にエイムポインターがおけるというハードウェアチートまがいのことができる

この中から実際に購入した製品は・・・BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Z

BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Zを実際に購入した理由
まず個人的な意見ですがBenQは純粋にFPS楽しみたい人、ASUSはどんな手を使ってでもFPS無双したい、と言う方にお勧めです私は純粋に戦場を楽しみたいのでブレ軽減や視認性の高くなる機能が付いているBenQにしました。
ASUSの中心にポインターが出てくる機能は凸砂やクロスヘアの出ていないゲームでは無双できると思います、
またそのようなゲームでのBOT撃ちなどの練習時に出すと上達が早くなると思います。
それ以外の機能はほぼ変わらないのにこちらの方が1万円ほど安かったのも理由の一つです。
BenQ Gamingモニター (24インチ/144Hz/HDMI搭載) XL2411Zを使用してみた感想
このモニターを使ってからいかに自分のモニターがへなちょこだったか、そしてゲーミングモニターがいかにPCゲームをする時に重要かを認識することができました!
まず目や体が疲れません。今までは2時間ほどやっているとずっと同じ姿勢でいるためか体が痛くなったり目に違和感を感じたりしていましたがこのモニターのちらつき防止のフリッカーフリーバックライトと自由に角度を変えられる機能のおかげで体に負荷をかけずにできるように、
そして144HZや暗い場所の視認性アップのおかげか室内にいる相手や角待ちしている敵との打ち合いで負けることも少なくなり、まさにストレスフリーでFPSが出来る様になりました!
投稿日
0ポイント

iiyama X2382HS-GB1 & dell 極薄ペゼルUシリーズ U2414H

投稿者は退会されました(会員No.357)
あなたの用途や用件
利用目的:趣味でのペイントソフトを使ったデザイン。主にブログ用イラスト等
使用する場所:自宅
必要スペック:22-24インチ程度で2万円以下

製品名 iiyama X2382HS-GB1 dell 極薄ペゼルUシリーズ U2414H
候補にあげた
理由
正直言いまして液晶ディスプレイの知識が全くなく、せいぜいTNかIPSか程度しかわかりません(情けなや)
したがって、完全に「評判いいから選んだ、オススメされてたから選んだ」という感じです。
こちらの比較サイトのトップでコスパが良いという記事があり、
ユーザーレビューでも評価の高い投稿があったので購入しました。
送料税込み2万円以下というのも大きいです。

ちなみに記事で紹介されていた製品は生産終了し、新モデルがあったので
新モデルを購入しました。値段は同じです。
比較的価格が近く(5000円差)デザインが優れていること。
iiyamaよりもオシャレさでは上で一応大手のdellということで
比較対象となりました。

この中から実際に購入した製品は・・・iiyama X2382HS-GB1

iiyama X2382HS-GB1を実際に購入した理由
知識がない分、評価に頼るしかなく
見た目はdellのほうが好みだったのですが、不具合報告が多く
不安に感じた為、安心と信頼を優先してiiyamaを購入しました。
iiyama X2382HS-GB1を使用してみた感想
普段使用しているノートと比べて、同じ解像度ですが非常に映像が美しく
イラスト制作用として非常に作業が捗ります。
2万円でこれだけキレイだと高価格モデルは一体どれだけキレイなのかと恐ろしく感じます。
そもそもノートと比べるほうがおかしいのかもしれませんが。

とりあえず、私のように何もわからない人間であれば
格闘ゲームのようなシビアな性能を求める方でない限り
価格も安いですし、このモデルを購入して間違いないかなと思います。

見えない部分ですが、裏は変な出っ張りがあったり
お世辞にも美しいデザインとは言えません。
正面も至って平凡、ややチープに感じる方もいるかもしれません。
投稿日
2ポイント

ワイモバイル & NTTドコモ

かめそんさん
あなたの用途や用件
例:ネット閲覧、電話、メール、LINE
使用する頻度や場所:ほぼLTE回線を使用し,データ通信量は10日で2.1GB使った。自宅及び,外出先でも使用。

製品名 ワイモバイル NTTドコモ
候補にあげた
理由
基本料金が魅力的に感じたのは事実だが,決め手となったのはNEXUS5が実質無料で手に入ることだった。また,端末保障(月540円)がしっかりとしている部分も魅力的に感じた。 家族の回線がドコモだったため,初めはドコモと契約をしていた。普段使っているときは意識したことがなかったが,電波は常に安定していたと思う。

この中から実際に購入した製品は・・・ワイモバイル

ワイモバイルを実際に購入した理由
nexus5が実質無料で手に入るというのは,とても魅力的だと思います。また,softbankの回線を使っていますので,不安に感じることはありませんでした。料金についても最初の2年間はドコモより安くなります。しかし,二年後からは料金が上がり,3GB定額でいうとドコモとほぼ同じになります。また,学生の方に限ってですと,ワイモバイルでは月額に対する学生割りがありませんのでドコモより高くなると考えた方が良いと思います。
ワイモバイルを使用してみた感想
LTE回線については,特に違いは感じていません。両社を比べて明らかに異なる点は「通信制限」です。ドコモでパケ・ホーダイに加入していれば,一ヵ月で規定のデータ量を超さなければLTE回線をいつでも使うことが出来ます。しかし,ワイモバイルで「定額のプラン」に加入した場合,LTE回線を使う条件として,先ほど挙げたドコモの条件に加え次の条件も科せられる。「直近3日間で1GBをつかった場合,次の日はLTE回線が使えない。さらに,1日で1GBを使ってしまった場合,次の日から三日間はLTE回線が使えない。(ただし,両者とも使い物にならないほどのかなり遅い回線は使える)」私自身,ドコモと契約していた時は,三日間で1GBなど使ったことがなかったので特に厳しく感じませんでしたが,バージョンのアップデートをする際は注意が必要です。アップデートで簡単に0.8GBほど使うときもあります。(4.2⇒5.01)なぜなら,直近三日間で0.2GBと使ってしまうと,規制で外ではオフラインとしては使えますが,ネットなどは使いものにならなくなります。バージョンのアップデートはwifiを使って行うことをお勧めします。ワイモバイルの良い点は店舗がいつも空いているという事です。逆にドコモはほぼ混んでいますので,30分とか待たされます。ワイモバイルに限ったことでは無いかもしれませんが,店舗によって特典が異なります。全くない店舗があれば,二万円キャッシュバックという店舗も見かけました。少しでも得をしたいと考えている方は,周辺の店舗に片っ端から電話を掛けてみて下さい。特に,電化量販店内にある店舗はポイント還元という形で特典を付けている場合が多く見られました。
投稿日
更新日 2015年03月16日 14:37
5ポイント

BenQ RL2460HT & iiyama GB2488HSU-B1

uzumushiさん
あなたの用途や用件
利用目的:多岐に渡るが、今回メインに据えた用途は格闘ゲーム
使用頻度:ほぼ毎日
製品スペックの要件:格闘ゲームでの利用に耐えうる低遅延

製品名 BenQ RL2460HT iiyama GB2488HSU-B1
候補にあげた
理由
格闘ゲーム向け、と謳われている
それに見合った低遅延
HDMIパススルー
144Hz
低遅延
友人から良い評判を聞いて

この中から実際に購入した製品は・・・BenQ RL2460HT

BenQ RL2460HTを実際に購入した理由
価格が安い
今回、格闘ゲームをメインの利用目的としているため、144Hzは不要と判断
HDMIパススルー出力による遅延ゼロキャプチャ
BenQ RL2460HTを使用してみた感想
格闘ゲーム目的ならば、文句なくコストパフォーマンスは高い
とはいえ、プロゲーマーJustin Wongが監修した「格闘」モードは、結局のところ設定の手間が省けるという程度のモノなので、その部分に過度な期待をするのは禁物
また、今回購入の際には全く考慮の拉致外であったのだが、発色も良好だった
加えて、スタンド部に目盛が刻まれていて、縦置き・横置き切り替え時に元の高さに正確に戻すことができる
全体として、しっかりと纏まった印象を受けた
不満は特にないが、HDMIパススルー出力はHDCP無効でないと利用できないので注意されたし
BenQの宿命なのか、ディスプレイ本体に着いている操作ボタンが非常に使い辛い
当方は「格闘」モードで概ね満足したので大きな問題にならないが、複数の用途で使う場合などは注意が必要か
投稿日
2ポイント

みおふぉん(音声通話機能付きSIM) ミニマムスタートプラン & mineo(デュアルタイプ)+1GBプラン

nobさん 男性 PC歴:初心者 お仕事:会社員
あなたの用途や用件
月額の料金を節約したい!
通話が少ないのでキャリアのカケホーダイはいらない!
月々のモバイルデータ使用量が1.5GBぐらい!
以上のことから格安SimにMNP!

製品名 みおふぉん(音声通話機能付きSIM) ミニマムスタートプラン mineo(デュアルタイプ)+1GBプラン
候補にあげた
理由
価格と実績、DOCOMO回線であること
余ったクーポンを繰り越せるのも良かったため
今まで使っていたのがauのiphoneだっため、そのまま機種を使えそうだったのと
新品のXPERIA ZL2が¥30,000で購入出来るのも魅力的だった。

この中から実際に購入した製品は・・・みおふぉん(音声通話機能付きSIM) ミニマムスタートプラン

みおふぉん(音声通話機能付きSIM) ミニマムスタートプランを実際に購入した理由
結局、mineoではIOS8に対応できないのと、みおふぉんの方が、ほぼ同じ金額でデータ通信が2倍の2GBあったこと
速度切替アプリがあったのも良かったため
みおふぉん(音声通話機能付きSIM) ミニマムスタートプランを使用してみた感想
機種はDOCOMOのZ1(SO-01F)を購入して問題なく使えています。速度切替アプリが便利です。ただ、ライトユーザーでメールやLINEぐらいしか使わない人には、クーポンが余ってしまいますね。
追記
MVNOユーザーでもドコモIDは取れるので、「dマーケット」、「dビデオ」や「dブック」など、主要なサービスが使えます。
電話料金を節約したい人は、「楽天でんわ」や「G-CALL」などを使えば 20円/30秒 が 10円/30秒になりますよ。
投稿日
更新日 2015年01月21日 11:40
7ポイント