会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > ホームノートPCの比較 > ユーザー購入理由(口コミ)

ホームノートPC(ユーザー購入理由(口コミ))

あなたが買ったホームノートPCの使用目的と、購入となった決め手を投稿してみませんか?

新規登録

新着投稿

Dynabook PAZ35MB-SNG & Dynabook PAZ35MB-SNA

nsさん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
利用目的…ネット閲覧、文章作成
使用場所・頻度…訪問先企業の事務所に設置、1日4-5時間程度×週2、3日程度
スペック要件…Coreーi3以上、
補足…訪問先企業に用意してもらうPCである為、当方の選択肢がなくDynabook一択で選択、尚officeは別に用意

製品名 Dynabook PAZ35MB-SNG Dynabook PAZ35MB-SNA
候補にあげた
理由
選定の背景上、Dynabookシリーズ一択の機種選定であるとはいえ、別職場や自宅でHP-pavilion、life book、エイサー等使用してきている状況の中で、ノートPCの本家Dyanabookは初めての経験であり、期待と好奇心で臨んだ。 PCを訪問先企業に用意してもらう立場上、CPUの最低条件をクリア―しており、価格最優先で設定した。性能は、メモリー4Gと必要最小限、HDD仕様等々は贅沢は言えす、使用用途からは必要最小限機能である点で妥協。 Core-i5、メモリー8Gと基本性能がアップ。他場面で使用しているPCがこれ位の基本性能なので本音はこちらにしたかった。

この中から実際に購入した製品は・・・Dynabook PAZ35MB-SNG

Dynabook PAZ35MB-SNGを実際に購入した理由
訪問先企業に用意してもらうPCである為、基本性能でクリアーしていれば価格最優先で妥協
Dynabook PAZ35MB-SNGを使用してみた感想
最初のパッと目には高級感はないが安物感もない。本体樹脂表面は光沢でなく細かい筋入りで指紋がつき難そうなのは良し。キーは打つ度にキーの周りがたわむ、これは安物感が否めない。画面はHDで文書作成においては老眼にはこれ位でよいだろう、綺麗さは事務使用上、可もなし不可もなし。HDDなので起動時間があるのは承知の上だったので、こんなものだろうという感じだが、満足感は少ない。全体として、事務作業の最低限の基本性能で選択した故に性能としては満足感は少ないが不満と言えるほどの欠点はない。ただし、このレベルの性能であれば、実際に使っている経験者としては、HPやレノボの方が価格比での満足感は高いだろうな、というのが正直な感想。あとは長期使用感やアフターサービスの比較でどうかというところです。
投稿日
0ポイント

pavilion 15  & ideapad 520

nsさん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
用途:主に、文書作成、ネット閲覧等の会社事務用(事務所内の複数台あるPC入れ替え)
頻度:毎日事務所にて事務処理、時々会議場のプレゼン等
用件:画面(IPS)、CPU(Core i5程度)、メモリー8G程度、予算内ならSSD搭載、等のトータル性能
   重さは、移動機会が少ないため特に重視しない。

製品名 pavilion 15  ideapad 520
候補にあげた
理由
トータルの価格比の性能バランスがいい。機種変わりの時期ということがあって価格のサービスが魅力だった。 何といっても価格比の性能バランスが高いこと。旧IBMの伝統からレノボ製のノートPCのキータッチもよいだろうという期待感。当ホームページの評価情報。

この中から実際に購入した製品は・・・pavilion 15 

pavilion 15 を実際に購入した理由
ideapadの方の見積もりは取らなかったが、中国企業という点を気にする他職員の声を尊重し断念した。逆にHPに対する信頼感として、自宅にある個人用ノートPC(別機種)で使用実績があったことや、事務所のPCの中で1台のPCは1年前に購入した当機種の1代前のpavilionで使用実績があったことが大きかった。また、女性職場ということもあって、外観が無骨でなく見た目がよいという点もプラス印象になった。
pavilion 15 を使用してみた感想
事務使いには十分な性能で不満無し。色はゴールド色が在庫切れでやむを得ずブルー色にしたが、これもすっきり感があって不満なし。使用感としては、画面のきれいさは、この価格でIPSなので、期待通りそこそこにきれいで満足しているが、もしこれでノングレア画面だったらベストだっただろう。キーは軽め、浅めの感触で特にこれといった欠点はなく無難。予想外な点として、普段は使う機会のない機能ではあるが点灯キーだった、予想外だったのでなんとなくうれしかった。なお、機種選択時にSSD付にするかどうかで、SSDの起動速さの快適性を自宅PCで経験しているので迷ったが、事務所用としては1日1,2回程度の起動だからと思って予算上からやめた。これから購入する個人用ならば、迷わずSSD付PCをお勧めしたい。HPには、これからの機種には点灯付キーの性能を落としてもらっていいのでSSD付を標準にしてもらって価格据え置きしてくれるとありがたいと思った。(笑)
投稿日
1ポイント

ThinkPad A485 & ThinkPad P1

らんだむばじうさん
あなたの用途や用件
利用目的:メインノートPC(ネット閲覧,文書作成,音楽動画鑑賞,ゲームなどなど)
使用頻度:毎日
使用場所:基本的には据え置き。必要なら携帯も可能な程度。
要件:今年の最新ノート。第8世代core i7クラスのCPUが望ましい。
メモリ8GB以上でデュアルアクセス構成,可能ならデュアルストレージ。

製品名 ThinkPad A485 ThinkPad P1
候補にあげた
理由
Ryzen搭載ノートが欲しかった。
また、現在メインで使用中のThinkPad P40 yogaを修理する必要が生じたので、代替に足りるだろう機種。
構成は
CPU(APU):Ryzen 7 pro 2700U
RAM:16GB(8GB×2)
SSD:128GB
HDD:1TB
LCD:FHD(非タッチ)
バッテリー:3セル+3セル
15インチ液晶でテンキーなし、かつサイズや重量が魅力的。
性能は十二分に高いが期待され、ストレージの要件も満たします。
同じ筐体だろうThinkPad X1 extremeも候補です。

この中から実際に購入した製品は・・・ThinkPad A485

ThinkPad A485を実際に購入した理由
もともと1台はRyzenノートを使ってみたいと考えていました。
個人的に、AMD APU搭載機の購入はThinkPad Edge E145以来です。
(当初誤ってE135と記載してしまったので訂正です。)
それでなくとも安価なところ、アウトレットで特価品を見つけたので決断しました。
ThinkPad A485を使用してみた感想
更に追記します。
TrackPointが固まる不具合ですが、再現してしまいました。
頻度は1日数時間使用で1~数回だったのが、月単位で発生して
いなかったので、大幅に下がってはいます。
なのでRealtek Dash client serviceは無関係でない筈との
考えは変わっていません。
ですが、現象は再現してしまいました。
この個体特有の問題な可能性もありそうですが、アウトレット品で
無保証なので、買い足しでもしないとこの機種全体に同様の問題が
あるかは断言しかねる状態です。
現在純正アップデータによるインストールは失敗してばかりですが、
UEFIに上記絡みの項目を見た覚えがあるので、有効化してみるかも
しれません。
(OSクリーンインストール時にUEFIを初期化しています。
購入時は上記が導入されていた事からすると、出荷時は有効だったと
考えられるので、試す価値はありそうかと。)
ただこのソフト、機能にロガーを含むとの情報がありまして……
それでなくともLenovo純正ソフト(Vantage関連)はやたらと
カメラにアクセスするとESETが警告している状態でもあり……
(約8時間/日の使用で5~10回以上の頻度で……)
普段使いのデータはほぼ移行して、実質メイン機にしただけに、
戸惑いながら使用しているのが現状です。
P40の方はESETの警告もないのですが……一体??
(米国向けに用立てられた後、新品アウトレットとなった
らしい辺りも、疑心暗鬼になりかけています。)
ただ、ThinkPadは570だったか600無印から使っていて、
かのMwaveを始めとして色々あったので、後継機ではこの
問題もなくなって……くれれば買うのですが、さて?

管理者様へ
困惑のあまり長文になってしまいました。
必要ならご連絡いただければ書き直します。

しばらく使った時点での感想を追記します。
【筐体】普通のThinkPadです。
よく言えば質実剛健、悪く言えばチープな印象があります。
また底面カバーの着脱時に、筐体の爪などを傷めてしまいました。
コストや重量などの問題があるにせよ、かつてのメンテナンス性の
高さが懐かしくなります。
【画面】残像がやや気になります。
元々狭いと思っていた通りの色域も含めて、動画鑑賞には外付けの
ディスプレイが欲しいところです。
【サウンド】ビジネス用にしては、割と頑張っている感じです。
ソフトウェア(ドルビー)のおかげ程度ではありますが。
どのみち、音楽鑑賞用途には外付け機器がほぼ必須でしょう。
【性能】おおむね静音で性能も良く、ほぼ満足しています。
(無線LANへの不満はintel 9260に換装して解決しました。)
Ryzen絡みか負荷の掛かり方や冷却ファンの動作に違和感もあります。
【不具合】TrackPointが時折固まる不具合がありました。
一瞬~数秒ですが、動作が重くなればマルウェアを疑えと言われる中で、
これはどうかと思いました。
ただ、プライマリのM.2 SSDを240GB品に換装して、Windows10 1809を
クリーンインストールして、一通りの更新を行ってからは再現していません。
違いといえば、Realtek Dash client serviceが未導入なくらいですが、
これが悪さをしていたようです。
全体的に、MSやLenovoを通じて提供されるドライバー他のソフトウェアに、
未完成感があります。
(再起動するとパフォーマンスモードの設定が起動しないことも多い等々。
……サービスの起動順などが影響しているかもしれませんが、それほど多くの
ソフトを入れたわけでもありませんので。)

換装したパーツ
・プライマリ128GB M.2 2242 PCIe SSD -> THN-RC10Z2400G8(TS
・セカンダリHDD 1TB -> CT2000MX500SSD1JP
・無線LANモジュール RTL8822BE -> intel Wireless-AC 9260

※SSDはそれぞれ純正ユーティリティをインストールしてファームウェアを
最新版に更新しました。
crucialのユーティリティは東芝のSSDも認識しましたが、東芝の方は
自社製品しか認識しないようです。
ただ、crucialのユーティリティを起動すると、ESETが警告を出します。
(ヘルプ用のブラウザが引っかかっているようです。)
ともあれ、いずれのユーティリティーもファームウェアのアップデートに
用いるだけで、普段は常駐させていません。

--- ここからは当初の感想です。 ---
無線が弱いだろうことはわかっていました。
納品タイミング的に、ちょうどOSの大型アップデートが最初の作業でしたが、その最中に
無線が「インターネット接続なし」になりました。
(負荷が軽くなってから一度切断して再接続で復帰しました。)
他の機種はつながっており、ページの更新やメールの受信などもできたので、この本体の
問題だろうと考えています。
ただ、諸事情でその時点でのMSやレノボの更新を全て行った後、一度初期化しましたが、
その後は一度も接続が途切れてはいません。
ですが、ThinkPad P40 yogaやXPS 13 2in1に比べ、Flashの読み込みが遅いです。
ただ、無線性能が気になる場合は、有線LANにすれば問題なくなると思います。
USB接続の無線子機を使う手もあるでしょう。
(現状そこまでする必要を感じておらず、試していませんが。)
全体的に最初はもっさり感がありましたが、一度初期化して再セットアップした後は、
ほぼ違和感ありません。
また、特に静音性が、これまでのところ素晴らしいと感じています。
ファンが高速で回ったのは、OS大型アップデート~BIOS含むレノボ更新の間に一度だけ
あったのみで、P40なら気になる音量でファンが回る負荷でも静かなものです。
(まだ高負荷状態が持続する使い方をしていませんが。)
総じて、まだ使い始めて数日ですが、快適にメインで使える機種だと感じています。
今のところメインはP40のままですが、今後SSDを240GB以上のものに換装するなどして、
長く使いたいと思っています。
投稿日
更新日 2019年01月25日 23:40
1ポイント

マウス m-Book B507H & HP Pavilion 15-cs0000

藤井さん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
「用途はネットとオンデマンド動画、CD・DVD鑑賞くらい」
「10年くらい使いたいからスペックはある程度高い」
「ディスプレイは15.6型で視覚野が広い」
「今使っている外付けHDD(1TB)は使用継続」
「CD・DVDドライブはなくても可」
「自宅内の数部屋に持ち運んで使用する」

製品名 マウス m-Book B507H HP Pavilion 15-cs0000
候補にあげた
理由
https://www.mouse-jp.co.jp/m-book/mbb2/
必要条件を超えるスペック(インテルCorei7-8550U、SSDが512GB)がありながら、予定予算に収まっていた
http://jp.ext.hp.com/notebooks/personal/pavilion_15_cs0000/

「不要な内蔵HDが付いてくる」「ディスプレイが光沢」
「SSDの容量256GBで、マウスm-Book B507Hの半分しかない」
などの理由から選びませんでしたが、デザインはよいと思います。

この中から実際に購入した製品は・・・マウス m-Book B507H

マウス m-Book B507Hを実際に購入した理由
自分にとって必要十分なスペックを上回りながら、比較的安価だった。
マウス m-Book B507Hを使用してみた感想
負荷がかかる作業の際にはやや高い音が出ますが、
気にならなくなりました。

スピーカーは底面に付いてるので、音楽鑑賞には
向きません(音がくぐもって聞こえます)。
ブルートゥースの外付けスピーカーなどを持っている
人にはマイナスポイントにならないでしょう。

公式サイトでは特に触れていませんが、
ディスプレイを開いたときに、ヒンジ部分が筐体を
持ち上げる仕様になっています。
これにより、キーボードがやや斜めになり、
ややタイピングしやすくなります。
特定の角度にしかできない、というものでもなく、
開く角度は自由に調整できます。

注文後、steamというゲームの配信サービスを知って、
ゲームを数本インストールしましたが、問題なく遊べます。
(レトロゲームだからかもしれませんが)

SSD搭載のパソコンは初めてですが、起動が早いのはやはり良いです。
投稿日
3ポイント

Lenovo ThinkPad E480 & Lenovo ideapad 330S

さいころさん 男性 PC歴:ベテラン
あなたの用途や用件
利用目的 -- ネット閲覧、文書作成、プログラミング
使用する頻度や場所 -- 自宅(家の中で持ち運べれば良い)
製品スペックの要件 -- FHD液晶、14インチ程度、8世代Core iシリーズ、メモリ8GB以上、ストレージ250GB(CドライブはSSD)以上

製品名 Lenovo ThinkPad E480 Lenovo ideapad 330S
候補にあげた
理由
これまで長年ThinkPadを使ってきて、そのデザインや機能性等に信頼がある。
このE480という機種は、ThinkPadのエントリーモデルでありながら、デザインやキーボードの打ちやすさ等しっかりとThinkPadらしさがあり、コストパフォーマンスは非常に優れている。
E470以前と比べたら分解はしにくくはなったがそれでも分解することは可能で、今の時代では珍しくメモリを交換・増設したり、ストレージを交換したりすることができ、拡張性が高い。
他のノートPCにはあまりないと思われる注目ポイントとして、2.5インチSATAストレージとM.2 SSDを2つとも搭載することができる。
今までideapadは購入したことがなかったが、そのコストパフォーマンスの良さはThinkPad以上に高いかもしれない。
E480より若干軽く、スタイリッシュなデザインが特徴である。

この中から実際に購入した製品は・・・Lenovo ThinkPad E480

Lenovo ThinkPad E480を実際に購入した理由
一番の理由としては、ThinkPadへの信頼の高さである。
長年ThinkPadを使ってきた身としては、やはりThinkPadというブランドに愛着がある。
その他、330Sのほうが安価だがE440のほうが機能性が優れていると感じた点がいくつかある。
1つ目のポイントとしては、デュアルストレージ構成である。SSDは起動や読み書きを早くするために搭載したいが、価格がHDDに比べて高価なため、容量が大きいSSDを導入するのには躊躇いがある。しかし、デュアルストレージ構成だと、OSやよく使うファイルを保管するために使うCドライブは、容量が小さいSSDで、動画や音楽といった大きいファイルは大容量のDドライブに保管するといったことができ、効率的かつ経済的にデータを保管でき、起動も素早くできる。
2つ目のポイントとしては、メモリを増設することができる。最近のノートPCではメモリが基盤に直付けされていることが多いが、E480は2枚メモリを挿すことができ、どちらも交換が可能である。そのため、注文するときよりも安くメモリを増設することができるほか、メモリ不足を感じたら増設するといったことが可能である。
Lenovo ThinkPad E480を使用してみた感想
これまでのThinkPad Eシリーズは、角が丸まったデザインでTシリーズやXシリーズとはデザインで差がつけられている印象があったが、今回のE480からは角ばっておりデザインでは他のThinkPadシリーズと遜色ないように感じた。
また、ボディの質感だが天板は金属感のある素材となり高級感がある。
ベゼルは左右はなかなか狭いと思うが、画面下側のベゼルは少し広いため、もう少し狭くしてボディサイズが小さくなればいいのにと感じた。
ディスプレイも見やすく、180度開けるためThinkPadの他のシリーズとの差が縮まったように感じた。
キーボードが打ちやすい(バックライトキーボードを選択できるようになった)という点は以前のEシリーズと変わっていない。
USB Type-Cも1ポート(普段は電源供給用)だがちゃんとあるため、USBドックを使ってディスプレイやUSB機器を一気に繋ぐといったことができ、便利である。
一つ残念な点が、E470まではフルサイズのSDカードが使えたが、E480からはmicroSDスロットになったことである。カメラをよく使う人は不便に感じるかもしれない。
普段持ち運んでいるX1 Carbonと比べてしまうと、大きさがほぼ同じであるだけにE480が重く感じてしまうが、価格や用途を考え、割り切って使おうと思う。
総じて、ThinkPad E480は家庭内で使用するなら非常におすすめの機種である。
投稿日
更新日 2018年09月26日 19:13
4ポイント

macbook pro & Huawei mate book pro

中原の主さん 男性 PC歴:中級者 お仕事:教師
あなたの用途や用件
最近ビデオ編集の業務が増えてきたので思い切って映像系に強いノートブックを購入することに

グラフィックカードが装着
メモリ16ギガ以上
CPUCOREi7
が基本条件

製品名 macbook pro Huawei mate book pro
候補にあげた
理由
タッチパッドがついており、ビデオ編集やその他の編集作業に強そうだということ。
知り合いや家族がほぼすべてアイフォーンとアイパッドなので、iosで編集したほうがエアドロップなどでの連携が便利そうであったため。
スタイリッシュで高性能なモバイルWINDOWSノート。
実機を触って、その工作精度に驚いた。SSDやCPUのスペックも十二分。グラフィックも別添えで協力。

この中から実際に購入した製品は・・・macbook pro

macbook pro を実際に購入した理由
値段が手ごろな中古品が出ていたので買ってしまった。
周りのみんなとエアドロップで共有できることが決め手になった。
macbook pro を使用してみた感想
前の機種と変わらない操作性。
やはりグラフィックの性能は強く、普通のビデオ編集には全く問題がない。
ただWINDOWSのソフトが使いたいときもあり、古い人間には物足りない時があるのも事実。
投稿日
2ポイント

ASUS GL703VM-EE062T & ASUS GL702ZC-R7

ガイさん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
利用目的:ゲーム(MHFやDDONなど)
使用する場所:自宅内のみ
スペック要件:要求ゲームの快適動作

製品名 ASUS GL703VM-EE062T ASUS GL702ZC-R7
候補にあげた
理由
以前の機種からGPUとSSDが順当にスペックアップ
(SSD256GB+HDD1TB、GTX1060)
リファビッシュで10万以下
リファビッシュ13万だが性能は全体的に上昇
(Ryzen7 1700、メモリ16GB、SSD256GB+HDD1TB、RadeonRX580)

この中から実際に購入した製品は・・・ASUS GL703VM-EE062T

ASUS GL703VM-EE062Tを実際に購入した理由
今回は以前の機種の故障からくる緊急だったのであまりお金を出せなかったことと、現状でも性能には概ね問題はなかったのでコスパ重視になりました。
ASUS GL703VM-EE062Tを使用してみた感想
同じ17.3インチのASUSゲーミングなのでほぼ同じかと思いましたが、良くも悪くも微妙に違っているように思えました。
キーボードは割と良好ですしこちらも同時押しにきちんと対応しています。
ただネックなのがタッチパッドです。偶にうまく反応してくれないことがあります。可能ならマウスなどを使ったほうがよいと思います。
DVDドライブは付いていませんが、高性能GPU搭載のため熱を少しでも緩和すると考えればこのあたりは仕方がないと思います。

スペック的な恩恵はあまり感じないというか、GTX1050でも不足はなかったのでこれは当然でしょう。が、今後を考えればGTX1060が推奨ラインになっているゲームも多いので色々試せそうです。
実は一番恩恵を受けたのはSSDの容量アップだったりします。128GBだと余裕がなく、例えばPSO2は70GB近く取ってしまうのでこれだけで厳しくなります。
もちろんもっと上のものもありますし、HDDに逃がせばいいというのももちろんありますが、メインのゲームを入れてなお半分を超える余裕があるのは嬉しいところです。
投稿日
0ポイント

ideapad 520 & ThinkPad E580

ナビさん 男性 PC歴:中級者
あなたの用途や用件
利用目的 -- ネット閲覧、動画・音楽再生、文書作成
使用する頻度や場所 -- 自宅の中だけで使用
製品スペックの用件 -- 第8世代Corei3以上、15インチ FHD IPS 液晶、出来れば光学ドライブ付き

製品名 ideapad 520 ThinkPad E580
候補にあげた
理由
第8世代Corei5・8GBメモリでDVDドライブ付き、コスパがとても良かった。 第8世代Corei5搭載でM.2 SSDと2.5インチストレージのデュアルドライブが可能。

この中から実際に購入した製品は・・・ideapad 520

ideapad 520を実際に購入した理由
どちらも自分の用途には必要十分の性能と価格でしたが、ideapad 520ならプラス1万しないくらいで、メモリが4GBから8GBになって、光学ドライブもついてきて、コスパが良かったのでこちらの製品にしました。
ideapad 520を使用してみた感想
今までは、Core2Duo・WindowsVistaのPCをWindow10にアップデートしたりメモリ増設したりと、何とか使っている状態で、突然電源が落ちたりとトラブルが増えてきていた状態からの乗り換えなので、ideapad 520は当たり前ですがとても快適です。

<CPU>Core i5-8250U
<メモリ>8GB
自分の使用目的には必要以上で快適です、これから長く使えそうです。

<ストレージ>
HDDドライブなのでSSDに比べると起動に多少時間はかかるようですが、以前のPCより早いし、基本タブレットメインでPCはその母艦という使用形態なので起動時間は問題ありません。

<液晶>
液晶も見やすいです、以前他社のノングレア液晶搭載PCを使用した際は白く曇ったような感じで細かい文字や画像処理がとてもやりにくかったです、そのPCの液晶が特別ダメだっただけかもしれませんがノングレア液晶に良い印象がありませんでした、ideapad 520は反射や映り込みも少なくて小さな文字も見やすくて普通に良いです。

<キーボード>
購入前よりあまり良いレビューがなかったので心配していましたが、確かにエンターキーや矢印の上下キーあたりがくっついていて最初は打ちにくいと感じました、でも慣れればそんなに気になりません。

<外観>
カラーはアイアングレーです、あまり期待していませんでしたが、金属ボディーで縁の部分がダイアモンドカットでキラッとしていて意外と質感もよく、とても気に入りました

<総合>
第8世代Corei5・8GBメモリ・15.6型 FHD IPS液晶 (1920x1080) 、DVDドライブ付きで7万円代、コスパ最高です!
投稿日
3ポイント

LAVIE Note NEXT & VAIO S15

まぐろさん 男性 PC歴:初心者 お仕事:デスクワーク
あなたの用途や用件
利用目的:自宅での作業、ネット閲覧、動画・音楽編集
使用場所:自宅のみ
スペック:ssd搭載、メモリ8GB以上、ドライブ内蔵、13インチ以上

製品名 LAVIE Note NEXT VAIO S15
候補にあげた
理由
自分の希望通りにカスタマイズ可能で、価格も許容範囲。 持ち運んでいるPCがVAIOで使い慣れている。ストレージが豊富。

この中から実際に購入した製品は・・・LAVIE Note NEXT

LAVIE Note NEXTを実際に購入した理由
実機に触ってみて、使い心地が悪くなかった。フルスペックで構成しても、他社と比べて割安だった。ベゼルが狭いデザインが良かった。
LAVIE Note NEXTを使用してみた感想
諸々の作業をしてもストレスがなく、非常に使いやすい。
投稿日
1ポイント

HP ProBook 650 G1 & TOSHIBA Dynabook Satellite B654/L

レビュアーさん PC歴:ベテラン
あなたの用途や用件
小説執筆
ネットサーフィン
ネットショッピング

製品名 HP ProBook 650 G1 TOSHIBA Dynabook Satellite B654/L
候補にあげた
理由
「HPのパソコンはデザインが良い」とこのサイトで知ったから、デザインの美しいパソコンが欲しくて選びました。
こちらも3万円台であり、自分の要求する条件を満たしているからです。
しかし、TOSHIBAのパソコンは既に一台所有しているため、今回は別のメーカーにしようと思い、避けました。

この中から実際に購入した製品は・・・HP ProBook 650 G1

HP ProBook 650 G1を実際に購入した理由
中古で3万円台だったことが理由です。
ノートパソコンの機能としては、解像度がフルHD(FHD、1920*1080)以上であること、テンキー内蔵タイプであること、無線LANが使えることが条件でした。
スペックがIntel Core i5 第四世代であることも自分の要求するスペックであるからです。
HP ProBook 650 G1を使用してみた感想
キーピッチが18.5mmと少し小さく、キーストロークは1.7mm程度です。
以前のTOSHIBAのパソコンはdeleteキーがテンキーの上だったのですが、このパソコンはbackspaceキーの上です。
そのため、よく打ち間違えます。
ノートパソコン自体の薄さは気に入っているのですが、キーボードになかなか慣れません。
この点が残念でした。今度買うときは、キーボードにも注意を払います。

解像度がフルHDなのはとても良いです。
画面を広く使うことができるので、複数のウィンドウを並べれます。
この解像度に慣れてから、以前のTOSHIBAのパソコン(解像度はHD)を見ると、「画面がこんなに拡大されている。使いにくい」と感じてしまうほどです。
解像度は高いほうがいいですよ。

本体は非常にデザインが美しいです。MacBookを触ったことがありますが、このパソコンはそれに劣らず「Windows搭載のMacBook」って感じです。
デザイン、気に入りました。

因みにi5の第四世代を選んだのは、なんとなくです。
実際、第三世代と第四世代はあまり体感差がありません。どちらもプロセスルールは22nmですし、少し性能が向上しただけです。
もう少し予算があれば、プロセスルールの変わった第五世代(14nm)に手が届いたのでしょうが、私にはこれで十分です。
最近の第八世代は第七世代と比べてかなり性能差があるようです。
自分に合うパソコンを見つけてください。
投稿日
更新日 2018年01月23日 21:18
0ポイント