パソコン工房 Lev-15FX076シリーズ の実機レビュー(2)

更新日:2016年7月21日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

普通の動作音だと思います。

【新】騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB



【旧】騒音値の計測結果
計測機器:GS-04、部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

エンコード時のCPU温度はやや高めです。GPU温度は問題ない範囲です。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

パームレスト部分の温度は上がりにくく快適です。キーボード部分の温度は、高い負荷をかけると、他のノートPCよりもやや熱くなり、常時指が触れるところではないとは言え、少し気になります。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。

ゲーミングノートパソコンとしては普通の消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

派手ではなく、かといって安っぽくもないデザインです。パームレストはマットで肌触りが良く、好きな素材です。

 

天板もマットな素材です。

 

スピーカーの画像です。普通のノートPCよりは良い音ですが、すごく良いというわけでもないです。

 

天板を閉じたときの画像です。

 

右側面です。LANはもちろん、VGAポートもあります。

 

左側面です。最近、光学ドライブを搭載していないゲーミングPCが増えていますが、本製品は光学ドライブを搭載しています。

 

背面です。HDMIやMini DisplayPortなどがあります。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

底面です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。CPUとGPUの冷却ファンは独立しています。

 

メモリスロットは2つです。

 

今回搭載されていたハードディスクです。

 

M.2スロットです。

 

ACアダプターは薄型です。

まとめ

以上が、パソコン工房 Lev-15FX076シリーズのレビューです。

GeForce GTX 965Mを搭載しながら、9万円台(税抜)から購入することが可能です。他社のGTX 965M搭載機と比べると、非常に安いです。

PCIe-NVMe SSDを搭載可能で、2.5インチストレージも同時搭載可能です。

キーボードも比較的打ちやすく、またパームレストはマットで肌触りの良い素材であるため、手のひらを置いたときに気持ちがいいです。

液晶はフルHDで、低すぎず高すぎない解像度ですが、視野角や色域が悪い点はやや残念です。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:パソコン工房(Lev-15FX076シリーズ) icon