マウスコンピューター m-Book Wの展示機レビュー

更新日:2014年4月20日

2014年4月18日(金)、マウスコンピューターのイベントに参加し、m-Book Wの展示機を確認して参りましたので、簡単にレビューします。

 

本製品の特徴は次の4つです。
(1)人気のGeForce GTX860Mを搭載
(2)最大24GBのメモリ
(3)mSATA SSD + 2.5インチ SSD + 2.5インチHDDの同時搭載が可能
(4)17.3型の大画面で、ノングレアの液晶を搭載

特徴の詳細

人気のGeForce GTX 860M搭載

本製品は、GeForce GTX 860M搭載を搭載しています。マウスコンピューターでは、GeForce GTX 860Mを搭載したPCを3機種も用意しており、メーカーも販売に力を入れているグラフィックスです。なお、3機種とは、NEXTGEAR-NOTE i420(13.3型)、m-Book V(15.6型)、そして本製品のm-Book W(17.3型)です。

本製品でベンチマークを実行することはしなかったのですが、別のPCでGeForce GTX860Mでベンチマークを計測したことがあり、「ゲームノートパソコンの比較」および「FF XIV 新生エオルゼア ベンチマークスコア」のページに掲載していますので、参考にして下さい。

最大24GBのメモリ

本製品は最大24GBのメモリを搭載することが可能です。動画編集など、メモリをたくさん使用する方に適しています。

8GBのメモリを3枚挿していますが、おそらく、デュアルチャンネル+シングルチャンネルで動作するものと思われます。

外観

以下、外観をチェックします。

キーボード面です。

 

天板です。

 

なお、m-Book Wのボディは、旧モデルのm-Book Wとほぼ同じです。そのため、外観については「m-Book W(GTX760M)のレビュー」のページも参考にして下さい(ただし、内部については異なります)。

所感

実機を見ての感想です。

比較的高性能なGeForce GTX 860Mを搭載し、価格も比較的安く、コスパの高い製品です。性能と価格に文句はないです。

ただし、液晶にややギラつきを感じます。画面は小さくなりますが、13.3型、GTX 860M搭載のNEXTGEAR-NOTE i420の液晶は見やすかったです

メーカーサイト:マウスコンピューター(m-Book W) icon