マウスコンピューター m-Book Wの実機レビュー(2)

更新日:2014年7月9日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

普通の動作音だと思います。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

エンコード時はやや高めの温度かなと思います。その他は普通の温度です。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

高い負荷をかけても、表面温度は低めです。作業中に不快に感じることもありません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。

高めのスペックのPCであるため、ノートパソコンの中では消費電力は高めです。


外観のチェック

外観のチェックです。

CLEVOのベアボーンを使用しています。プラスチック感はありますが、ボディを触っても指紋跡は目立たず、汚れも目立ちにくい材質・カラーです。

 

天板です。ヘアライン加工が施されています。

 

天板を閉じたときの画像です。

 

ステータスLEDの画像です。

 

スピーカー、電源まわりの画像です。

 

アクセスランプの画像です。

 

底面です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。HDDの厚さは7mmでしたが、9.5mm厚のストレージも入ります。

 

ACアダプターの画像です。薄型です。

ACアダプターの詳細は次の通りです。120Wの容量です。

 

側面のポートです。ポートの種類は豊富です。

 

液晶が開く角度です。

まとめ

以上が、マウスコンピューター m-Book Wのレビューです。

人気のGeForce GTX 860Mに、17.3型の大画面を液晶を搭載し、マウスコンピューターの中でも人気の高い製品です。ゲームはもちろん、その他の作業も快適でしょう。

ディスクも複数搭載可能で、高速かつ大容量のストレージ環境を作ることが可能です。

液晶画面にややギラつきを感じます。ただ、ゲーム中はほぼ気になりませんし、作業中も気にならない人がほとんどかと思いますが、液晶の見やすさにこだわる人は注意しましょう。

詳細はこちら
メーカーサイト:マウスコンピューター(m-Book W) icon