会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > 新しいThinkPad X1 Carbon > まとめ

レノボ 新しいThinkPad X1 Carbonの実機レビュー(2)

更新日:2014年3月6日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

とても静かなPCです。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

温度は一般的な値です。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

表面温度も普通です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。

14型のWQHD液晶を搭載している割には低い消費電力だと思います。なお、電源に接続しているときの消費電力です。バッテリー駆動時の消費電力とは異なります。


外観のチェック

外観のチェックです。

くさび形で非常に薄く、スタイリッシュな外観です。ボディのどの部分も、指紋が目立ちにくいです。

 

天板です。

 

底面です。ゴム足以外はフラットです。

 

底面のカバーを開けたときの画像です。

 

ストレージは、m.2のスロット規格です。2.5インチSSDではないため、換装時は注意しましょう。

 

ACアダプターです。

 

容量は45Wです(20V、2.25A)です。

イーサネット拡張コネクタが搭載されています。付属のイーサネット・アダプターを接続することで、有線LANケーブルを接続できます。

 

側面です。メモリカードスロットがありません。USBポートも少なめです。ただし、miniDisplayPortを搭載しています。

液晶ディスプレイの傾けられる角度は下図の通りです。ほぼ180度開きます。

まとめ

以上が、新しいThinkPad X1 Carbonのレビューです。

14型と大きな液晶を搭載しながら、軽量なモバイルノートパソコン(ウルトラブック)です。画面が大きいためモバイル兼メインPCとしても使えると思います。ThinkPad OneLinkドックに対応しておりポートを拡張できるため、メインPCとして使うときも"ポートが少ない"、"光学ドライブがない"といった不満はありません。

基本スペックだけ見れば非常に良い製品だと思います。

場面によってアイコンが変わるファンクションキー「Adaptive Keyboard」を搭載しています。便利になったり不便になったりしている部分がありますので、詳細は前のページをご覧ください。

キー自体は押しやすいのですが、キー配列が通常のPCとは異なります。その中でも「半角/全角」キーの位置変更が筆者は残念です。また通常「半角/全角」キーがある位置に、入力を取り消す「Esc」キーがあるのも不便です。間違えて「Esc」を押すと、フォーム内に入力していたテキストが全て消える場合があります。

ただ、慣れの問題もあり、キーボード配列にこだわりがなけば、製品自体は良いと思います。

詳細はこちら
メーカーサイト:新しいThinkPad X1 Carbon
※購入時はリンク先のクーポンを忘れずお使いください