会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HP 14s-cf0000

HP 14s-cf0000 の特徴

更新日:2018年10月19日
CPU Core i3-7020U
Celeron N4000
メモリ 4GB
ストレージ 1TB HDD
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 フルHD IPS
質量 約1.50kg
バッテリー 約8時間30分
価格 5万円台~(税抜)
持ち運びもできるエントリーPC

HP 14s-cf0000は、エントリーからベーシックレベルのCPUを搭載した、比較的軽いPCです。

搭載するCPUには、エントリークラスのCeleron N4000とベーシッククラスの第7世代Core i3-7020Uがあります。快適に使用したければ、Core i3の方がおすすめです。

質量は比較的軽めで、約1.5kgです。モバイルPCとしても使用できる質量ではありますが、ストレージがHDDで耐振動性に劣るため、モバイルPCとしての使用はあまりおすすめしません。宅内モバイルとしての使用が適していると思います。

エントリークラスのPCではありますが、フルHDのIPS液晶を備えており、作業がしやすく、視野角も広いです。

また、外資系メーカーの中では、安心して買えるメーカーだと思います。

公式サイトはこちら

HP 14s-cf0000の特徴

エントリークラスのPCとしては軽め

HP 14s-cf0000は、エントリークラスで、かつHDDを搭載しているのに、質量が約1.5kgと、比較的軽いPCです。モバイルPCとしても使用できる質量ですが、ストレージがHDDで耐振動性の面で不安があるため、モバイルPCとしてよりも、宅内モバイルとしての使用をおすすめいたします。

気軽に、宅内のどこででも移動して使用できる、宅内モバイルPCとしての用途に適しています。

 

搭載するCPUの性能比較

HP 14s-cf0000は、CPUとして、エントリークラスのCeleron N4000、またはベーシッククラスのCore i3-7020Uを搭載しています。

どの程度の性能なのか、ベンチマークソフトPassMarkによるベンチマークスコアの比較を下記のグラフに示しています。緑で表示しているCPUが、当機種に搭載しているものです。

目安として、2000以上であればそこそこ快適に使用できると思いますが、Celeron N4000はスコアが1444なので、動作の遅さが気になる場面がままありそうです。

一方、Core i3-7020Uは、Celeron N4000の2倍ほどの性能となっており、重めの作業でなければ快適に使用できる性能となっています。ただし、最近の主流の第8世代Coreプロセッサーと比べると、スペックは高くありません。

用途を限って使用するのであれば、Celeron搭載モデルでもよいと思いますが、筆者としてはCore i3搭載モデルをおすすめします。

CPUの性能の比較
~PassMark~
Core i5-8250U 7665
Core i3-8130U 5069
Core i3-7020U 3354
Pentium 4415U 3150
Celeron N4000 1444
PassMarkによるCPUのベンチマークスコア

 

ストレージはHDD

HP 14s-cf0000のストレージは、1TBのHDDです。通常であれば、写真や動画など保存する場合にも十分な容量です。

ただし、HDDの欠点として、読み書き速度がSSDなどよりも大幅に遅い点が挙げられます。SSDを搭載していれば、CPUの性能が低めでも、読み書き速度でカバーしてくれ、PCの起動などが速まり、体感速度が向上します。しかし、当機はHDDなので、PCの起動時も時間がかかりますし、しばらく使っていると、より動作が遅くなったように感じるでしょう。

また、前述しましたが、HDDはSSDに比べて振動に弱い点もデメリットになります。そのため、モバイルPCとしての使用にはあまり適していない構成です。せっかくの軽量な特徴を生かすためには、SSDモデルもあればよかったのですが、残念です。

ストレージの面から考えても、宅内モバイルに向いた構成となっています。

 

フルHDのIPS液晶

HP 14s-cf0000は、フルHDのIPS液晶を搭載しています。PCのスペックはエントリークラスですが、液晶の品質はいいと思います。それほど処理性能は必要としていないけれど、液晶だけは見やすいものがいいという方におすすめです。また、ディスプレイのサイドのベゼルが薄めなので、すっきりしており、最近のパソコンっぽい印象を受けます。

ただし、表面は光沢となっています。好き嫌いが分かれるところですが、文書作成などをする場合は非光沢のほうが良いです。

フラット形状

 

光学ドライブは無いが、充実したインターフェイス

HP 14s-cf0000は、14型のPCとしては充実したインターフェイスを備えています。

左側面に、USB 3.1 Type-C、SDカードリーダーを備えています。右側面には、LANポート、HDMI、USB 3.1 x2、ヘッドフォン/マイク入力・コンボジャックを備えています。

USB Type-Cポートを備えているので、今後USB Type-C接続の周辺機器を使用するときも問題なく対応できます。SDカードリーダーは、写真や動画を取り込むときに便利です。また、HDMI出力を使用して、最大3840x2160の外部出力が可能です。また、LANポートを備えたPCは減っていますが、有線LANをよく利用する場合にはメリットとなります。

このように、最近増えている構成と比べると、インターフェイスの種類は多いです。ただし、光学ドライブは搭載していません。

インターフェイス構成

 

シンプルデザイン

HP 14s-cf0000は、高級感はないものの、シンプルな構成のPCです。パームレストにはヘアライン加工が施してあり、おしゃれな感じに仕上がっています。

本体の色はピュアホワイトで、ディスプレイのベゼルはブラックです。どこにでもなじむ、白と黒のツートンカラーとなっています。

すっきりしたシンプルデザイン

 

バッテリー駆動時間

HP 14s-cf0000のバッテリー駆動時間は、約8時間30分です。宅内モバイルとして使用するとしても、十分なバッテリー駆動時間だと思います。

また、HPファストチャージを搭載しており、45分で50%チャージできるので、急に持ち出すことがあっても短時間で充電することができます。

 

ライバル機種との比較

最後に、同サイズのエントリークラスのPCである、レノボのIdeapad 330S(14)との比較を行います。なお、レノボのPCは税込み価格なので、税別価格に換算した価格を記しています。

今回は、Core i3-7020UのCPUを搭載したモデルで比較してみます。

HP 14s-cf0000は、軽量であるため、ちょっと別の部屋へ行って使う場合などに便利でしょう。また、速度の遅いHDDではあるものの容量は大きいです。

一方、ideapad 330S(14)のほうが全体的なバランスは良いです。ただ、中国メーカーのレノボが好きではない方は、本製品のほうがいいと思います。

ライバル機種との比較
  [本製品]
HP 14s-cf0000
Ideapad 330S(14)
CPU Core i3-7020U
メモリ 4GB
液晶サイズ 14.0型
液晶種類 フルHD IPS
ストレージ 1TB HDD 128GB SSD
質量 約1.50kg 約1.67kg
サイズ 324x226x19.5-21.5[mm] 323.1x234.8x18.95[mm]
バッテリー 約8時間30分 約12.4時間
価格(税別) 74,800円 51,789円

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
HP 14s-cf0000

関連ページ