HP Stream 11-y000の展示機レビュー

更新日:2016年9月15日

 

2016年9月15日、HPより、アクアブルーのカラーが色鮮やかな低価格PC「HP Stream 11-y000」が発売されました。

HP Stream 11-y000の特徴は次の通りです。

HP Stream 11-y000の特徴

外観のチェック

HP Stream 11-y000は、トップカバー、ボトムカバー、パームレスト、液晶ベゼルまでアクアブルーで統一されたカラーが特徴のデザインです。

また、ファンレスですので、動作音がしません。

 

パームレスト部分に関しては、横線の模様が入っています。

 

天板は凹凸があり、指紋が目立ちにくいと共に持ちやすくなっています。

 

底面です。

 

インタフェースは、HDMI、USB3.0、USB2.0、microSDカードリーダー、ヘッドフォン/マイクとなっています。

スペック

HP Stream 11-y000のスペックです。

従来モデルのStream 11 は、メモリが2GBしかありませんでしたが、今回から4GBのモデルも追加されました。CPUについてはかなり低性能です。日常的に使うにはストレスを感じると思います。

ストレージも32GBと少ないです。ただし、OneDrive 100GBを2年間無料で利用できるため、こちらをうまく利用するといいでしょう。と言うより本製品は、クラウドストレージの使用を前提として作られたPCでもあります。

重量は約1.13kgと軽いです。小型で薄くもあるので、持ち運びは楽です。

価格は、27,700円~と激安です。

  HP Stream 11-y000
液晶 11.6型ワイド 1366x768ドット
CPU Celeron N3050
メモリ 2GB、4GB
ストレージ 32GB eMMC
光学ドライブ なし
重量 約1.13kg

 

詳細はこちら
メーカーサイト:HPダイレクトプラス