HP Pavilion 550シリーズ の展示機レビュー

更新日:2015年5月27日

2015年5月27日、日本ヒューレットパッカードから、Pavilion 550シリーズが発売されました。今回、展示会にて実機を確認して参りましたので、簡易的にレビューします。

本製品の特徴は次の通りです。
(1)センターラインを特徴とする新デザイン
(2)3.5インチベイが2つに増加
(3)高いコストパフォーマンス

 

旧モデルのPavilion 500からデザインを刷新し、センターラインが特徴のフロントデザインに変わりました。色はフロント面はブリザードホワイトとなっており、凹ませて作ったドットテクスチャ―処理と、少しツヤのあるメタルコーティングが施されています。

 

中央の黒いラインには、光学ドライブおよび、ヘッドホン、SDカードスロット、USBポートが配置されています。光学ドライブはスリムタイプのものになっており、5インチベイは廃止されています。

 

側面はシンプルなブラックです。

 

背面も、旧モデルのPavilion 500シリーズとほぼ変わりありません。

ストレージを格納する3.5インチベイが1つから2つへ変わったようですが、ケース内部を開けられなかったため、今回は内部がどのように変わったのか確認できていません。

 

最後に仕様を掲載します。

CPU性能は良いです。グラフィックスはローエンドであるためゲームには適しません。価格は59,800円~と安価です。

  HP Pavilion 550-040jp/CT
チップセット インテル H87
プロセッサー 最大Core i7-4790
メモリ 最大16GB
グラフィックス AMD R7 240
ストレージ HDD:最大3TB
SSD:最大512GB
光学ドライブ 最大ブルーレイドライブ(スリム)

 

詳細はこちら
メーカーサイト:HP ダイレクトプラス