会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > g6-1100(AMDモデル) > まとめ

HP Pavilion g6-1100(AMDモデル)の実機レビュー(2)

更新日:2011年08月08日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

g6-1100(AMDモデル)の動作音(静音性)のチェック結果です。もし、動作音が大きいと、気になって作業に集中できなかったり、周りの人に迷惑になったりします。

下記の3つの状態で計測した結果、いずれの結果も、他のPCより低い騒音値でした。静音性は高いです。


騒音値の計測結果

左図:アイドル時の騒音値 (何も操作していない状態)
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の騒音値(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の騒音値(x264、解像度1280x720でエンコード)
部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB、 測定機器:GS-04

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

下記の3つの状態で計測したところ、いずれの結果も、他のノートPCより低い温度でした。放熱面も問題ありません。


各パーツの温度の測定結果

左図:アイドル時(何も操作していない状態)の温度
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の温度(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の温度(x264、解像度1280x720でエンコード)
測定環境:室内温度 約26℃、 測定ソフト:HWMonitor Pro

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

下記の3つの状態で計測した結果、いずれの状態でも低い表面温度でした。他のPCと比較してもかなり優秀な数字だと思います。


表面温度の計測結果

左図:アイドル時(何も操作していない状態)の表面温度
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の表面温度(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の表面温度(x264、解像度1280x720でエンコード)
測定環境:室内温度 約26℃、 測定機器:赤外線温度計TN006

消費電力のチェック

g6-1100(AMDモデル)の消費電力のチェック結果です。もし、消費電力が高いと、電気代が高くなるのと、節電に反します。尚、1日平均3時間程度パソコンを使用する方は、消費電力が1W違うと、電気代は2円/月ほど違います(電気の契約内容にもよります)。

下記の3つの状態で計測した結果、全体的に消費電力は低かったです。


消費電力の計測結果

左図:アイドル時 (何も操作していない状態)の消費電力
中央図:バイオハザード5ベンチマーク実行時の消費電力(解像度:1280x720、テストAで実行)
右図:TMPGEnc Video Mastering Works 5 でエンコード時の消費電力(x264、解像度1280x720でエンコード)
測定機器:ワットチェッカー TAP-TST7

外観のチェック

g6-1100の外観のチェックです。

 

パームレストは傷がつきにくく、光沢仕様の「HP Imprint」テクノロジーを採用しています。色がグレーであるためか、意外に指紋は目立ちませんでした(下図)。

本体の厚さは普通でしょう(下図)。

AMDのシールが貼られています(下図)。

ヒンジは、液晶が後方へロールダウンするような形状になっています(下図)。

天板もHP Imprintデザインです(下図)。Imprintではありますが模様は入っていないです。

 

上位版のHPのノートPCは、電源を入れると天板のHPロゴが光りますが、本機は光りません(下図)。

 

g6-1100の側面です(下図)。安価なPCですが、必要十分なポートは搭載されています。ただし、LANは、100Mbpsまでの速度しか出ないため、自宅LANをギガビットLAN環境で揃えている人は注意が必要です。

 

液晶画面は、下図の角度まで開きます。

まとめ

以上が、HP Pavilion g6-1100のレビューでした。

CPU:AMD A4-3300Mと、GPU:Radeon HD 6480Gを統合したAPUを搭載し、非常にコストパフォーマンスの高いPCです。インテルのCore i3-2310Mよりもやや劣る性能ではありますが、ネットや動画鑑賞などの用途であれば問題なくこなせるでしょう。GPUを統合していると言っても、3Dゲームをサクサク動かせるほどの処理性能はありませんので注意しましょう。

本機は負荷をかけても、静音性が高く、表面温度も低めであったため、比較的快適に作業できるでしょう。安価なわりには、使いやすいPCだと思います。

ただ、タッチパッドは指が滑らず使いにくいので、マウスでの操作をおすすめします。キーボードは薄っぺらくシャカシャカしていますが、慣れれば問題のない範囲だと思います。LANカードも最大100Mbpsなので注意しましょう。

詳細はこちら
HPダイレクト:g6-1100(AMDモデル)