LIFEBOOK WS1/T(SH90/T)の展示機レビュー

更新日:2015年1月20日
実機でのレビューを公開しました。
↓↓↓
富士通 LIFEBOOK WS1/Tの実機レビュー

2015年1月20日、富士通から、モバイルノートパソコン、LIFEBOOK WS1/T(SH90/T)が発表されました。展示会にて実機を確認して参りましたので、簡易的にレビューします。なお、試作機でのレビューです。製品版とは外観等異なる可能性があります。

※カスタムメイドモデル(直販サイトのモデル)はWS1/T、カタログモデル(量販店のモデル)はSH90/Tという名称になっています。

特徴

本製品の特徴は次の4つです。
(1)モバイル・マルチベイ構造
(2)長いバッテリー駆動時間
(3)選べる液晶ディスプレイ(カスタムメイドモデルのみ)
(4)選べるバッテリー(カスタムメイドモデルのみ)

特に、(1)のモバイル・マルチベイ構造である点が特徴的で、光学ドライブを取り外し、増設バッテリーやカバー(軽くなる)を代わりに装着することが可能です。

(3)については、WQHD光沢タッチパネルWQHD非光沢 非タッチパネルフルHD非光沢 非タッチパネルの3種類から選択可能です。どれを選ぶかによって、解像度やタッチパネルの有無などだけでなく、重量やバッテリー駆動時間も変わります。重量を軽くしたいならタッチパネル非対応の液晶が良いですし、バッテリー駆動時間を長くしたいならフルHDの液晶を選ぶと良いです。

(4)については、4セルと6セルバッテリーが用意されています。

改善された点

また、旧モデルと比較して次の点が改善されました。
 (1)フルHD 非光沢 非タッチパネル液晶が選択できるようになった
 (2)クリックボタンがタッチパッドから独立し押しやすくなった
 (3)キーボードの構造やデザインを見直し、打ちやすくなった
 (4)NFCに対応

特に、(1)のように、フルHD 非光沢 非タッチパネル液晶を選択できるようになったのも嬉しいです。元々WQHD液晶しかありませんでしたが、一般的な用途でそこまで高解像度である必要はないと考えますし、フルHDのほうがバッテリー駆動時間が長くなります。また非タッチパネルであるため、重量も120g程度軽くなります。

また、(2)に書いたように、クリックボタンがタッチパッドから独立したことにより、クリックしやすくなったのも嬉しいです。

外観

外観を確認していきます。外観は旧モデルのWS1/Mより改善されている点もありますが、大きくは変わっていません。

まずは、タッチパッドの画像です。クリックボタンが独立しています。またNFCが搭載され、NFC機器との連携が可能になりました。

 

背面から見ると、バッテリー部分が出っ張っています。個人的にはフラットにして欲しいです。

 

光学ドライブを取り外したときの画像です。

 

展示機はWQHDのタッチパネル液晶です。視野角はIPSパネルほど良くありませんが、TNパネルよりは良いです。

 

キーボードです。旧モデルのキーストロークは0.8mmでしたが、新モデルのWS1/Tでは1.2mmに改善されました。

 

指紋センサーも搭載されています。

 

天板は光沢です。

 

側面です。VGAやLANポートも搭載されており、ビジネス用途でも便利です。

仕様

最後に仕様を掲載します。

メモリを8GB以上搭載できる点、SSDを選択できる点、非光沢液晶を搭載できる点などから、個人的にはカスタムメイドモデルがおすすめです。

バッテリー駆動時間重視なら、フルHD液晶、6セルバッテリーを選択すると良いですし、重量重視なら、非タッチパネル液晶、256GB SSD、4セルバッテリーを選択すると良いです。

  カスタムメイドモデル
LIFEBOOK WS1/T
カタログモデル
LIFEBOOK SH90/T
OS Windows 8.1 Update 64bit
Windows 8.1 Pro Update 64bit
Windows 8.1 Update 64bit
液晶サイズ 13.3型ワイド
液晶種類 WQHD(2560x1440)光沢 タッチ対応
WQHD(2560x1440)非光沢 非タッチ
フルHD(1920x1080)非光沢 非タッチ
WQHD(2560x1440)光沢 タッチ対応
プロセッサー Core i5-5200U、 Core i7-5500U Core i5-5200U
メモリ 4GB、8GB、12GB 4GB
ストレージ 500GBハイブリッドHDD
500GB HDD、1TB HDD
256GB SSD
500GBハイブリッドHDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
ブルーレイディスク
DVDスーパーマルチ
バッテリー 4セルバッテリー
6セルバッテリー
6セルバッテリー
バッテリー駆動時間
(ベイバッテリーなし)
最大 約16.5時間 約14.0時間
重量 最小 約1.26kg 最小 約1.47kg

所感

旧モデルのWS1/Mから正常進化したモデルだと思います。モバイルマルチベイ構造により、その日の用途によって、重量を軽くしたり、光学ドライブを内蔵したり、バッテリー駆動時間を長くしたりすることが可能です。

旧モデルではクリックボタンが押しにくいなと思っていましたが、今回独立したことにより非常に押しやすくなりました。

また、フルHD 非光沢 非タッチパネル液晶を選択できるようになった点も嬉しいです。この液晶を選択すれば、WQHD 光沢 タッチパネル液晶と比べて、重量は軽くなり、バッテリー駆動時間も長くなります。

LTE対応モデルが出ないかなと期待していたのですが、そこまではありませんでした。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:富士通WEBMART

以下は、構成が決まっている代わりに、特別に安くしてもらった製品です。上のリンク先のモデルと比べてみて下さい。

the比較限定モデル
WA1/R 限定特価 WA1/R 限定特価