ドスパラ Diginnos DG-CANPCの実機レビュー(2)

更新日:2016年11月22日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし動作音が大きいと、気になって作業に集中できなかったり、周りの人に迷惑になったりします。

動作音は、他のデスクトップPCと同等程度です。


【新】騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB



【旧】騒音値の計測結果
計測機器:GS-04、部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB

【PCの状態】
左から1番目の図:アイドル時(何も操作していない状態)
左から2番目の図:動画再生時(解像度:720x480で実行)

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度も普通です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低めの消費電力です。


外観のチェック

外観の画像です。

 

天面です。

 

天面のWebカメラは角度を変えることが可能です。

 

スピーカーは、おまけ程度の音質ですので、あまり期待しないように。

 

底面は滑らないようになっています。

 

ポート類です。

 

ACアダプターです。

まとめ

以上が、ドスパラ Diginnos DG-CANPCのレビューです。

缶ジュースのような形状でかわいらしく、リビングに置いても違和感がありません。

CPU性能は悪くもなく、Web閲覧や動画視聴(フルHD程度)なら問題ないでしょう。

ただし、ストレージが32GBと少ないです。microSDカードを併用したり、ローカルディスクにはあまりファイルを保存しないようにしたり、定期的にテンポラリファイルを削除するようにしたりしましょう。メモリも4GBとそれほど多くはありません。

メインパソコンとしては物足りないですが、ビデオ配信サービス用のパソコンや、ブラウザでWeb閲覧のみするパソコンなど、用途を限定した使い方であれば問題ないと思います。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:ドスパラ(DG-CANPC)