ドスパラおすすめPC(2015年夏)

更新日:2015年7月5日

7月3日、ドスパラ最新パソコンの展示会がありました。

展示会の中で、ドスパラおすすめの機種について説明があったため、簡単に紹介します。

GALLERIA ZKR

最初に紹介するのは、話題の高性能のグラフィックカード「Radeon R9 Fury X」を搭載したGALLERIA ZKRです。

Radeon R9 Fury Xは、VRAMにGDDR5ではなく次世代のHBM(High Bandwidth Memory)を搭載し、メモリーバス幅が4096bitもあるグラフィックカードで、4Kゲーム市場や、VR市場向けの製品となっています。

 

性能の割には小型のグラフィックカードです。標準で水冷式クーラーが採用されています。他のメディアの記事を見ると、GeForce GTX 980Tiよりは、ややベンチマークスコアが落ちるようです。

 

まだ先になると思いますが、メーカーさんから実機をお借りして、後日詳細なレビューをする予定です。

GALLERIA ZI

次に紹介するのは、NVIDIAの最上級クラスのグラフィックカード「GeForce GTX 980Ti」を搭載したGALLERIA ZIです。

GeForce GTX TITAN Xよりはややスコアが落ちるようですが、4K液晶でゲームをプレイする方などには良いでしょう。

 

カードのサイズは、Radeon R9 Fury Xに比べるとやや大きいです。

 

FF XIV 蒼天のイシュガルドのベンチマーク結果は次の通りです。4Kでの結果でなくてすみません。。。

 

こちらも、まだ先になると思いますが、メーカーさんから実機をお借りして、4K液晶でベンチマークなどを取ってみたいと思います。

Diginnos Stick DG-STKB(試作機) と Diginnos Mini NUC-B7H

次に紹介するのが、スティック型PCのDiginnos Stick DG-STKBです。なお、試作機であるため製品版とは外観など異なる可能性もあります。

従来モデルはファンレスでしたが、今回のモデルはファンありになりました。これにより、従来製品は、高い負荷をかけるとCPU温度が高くなりクロックダウンしていましたが、新製品ではそれが少なくなったそうです。

 

ただ、スティック型PCは、無線LANの電波掴みが弱かったり、無線LANが途中で切れたり、液晶ディスプレイによっては挿しづらかったり、電源ケーブルが目立ちやすかったりします。 個人的にはそういったトラブル等が少なく、スティック型PCのように省スペースな小型PCもおすすめです。

ドスパラも、小型PCを発売しており、Diginnos Mini NUC-B7Hなら、Core i7-5557Uの高い性能のCPUを搭載し、ストレージもSSD+HDDの構成が可能です。

メーカーサイト

関連ページ

ドスパラの製品レビュー - the比較

ゲームノートPCの比較 - the比較

ゲームデスクトップPCの比較 - the比較