デル、第12世代Coreを搭載した新シャーシのAlienware Aurora R13 / R14を発売

更新日:
CPU 12th Core i9 / i7 / i5
4th Ryzen 9 / 7 / 5
GPU RTX 3090 24GB
RTX 3080 Ti 12GB
RTX 3080 10GB
RTX 3070 8GB
RTX 3060 Ti 8GB
RTX 3060 12GB
GTX 1660 Ti 6GB
Radeon RX 6600 XT 8GB
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD / SSD + HDD
価格[税込] 21万円台~
機能とデザイン性の両方が向上

デルから、デザイン性の高い、高級ゲーミングデスクトップの最新モデル、Alienware Aurora R13 / Ryzen Edition R14が発売されました。

従来からの近未来的なデザインを踏襲しつつも、クリアーサイドパネル構成が登場し、さらにかっこいいシャーシとなりました。エアフローや静音性も向上しています。

インテルモデルでは、最新の第12世代Coreを搭載していることも、大きな特徴です。

 

製品の特徴

新ケースの特徴

Alienware Auroraシリーズは、近未来的なデザインのケースが特徴となってきました。

Alienware Aurora R13 / R14では、従来からの特徴を活かしつつ、改善が施された、新ケースとなっています。シャーシのカラーは、下の画像のような、ルナライト(シルバーホワイト)と、ダークサイド オブ ザ ムーン(ダークグレー)の2色です。インテルモデルのAlienware Aurora R13では、この2色から選択でき、Ryzen搭載のAlienware Aurora Ryzen Edition R14は、ダークサイド オブ ザ ムーンのボディカラーのみとなっています。

以下に、この新ボディの特徴を紹介します。

左:ルナライト、右:ダークサイド オブ ザ ムーン

 

エアフローと静音性が向上

下の新旧ケースのサイドからの画像でも分かるように、新ケースでは内部が随分スッキリとしています。というのも、内部容積が50%増加し、スペースが広くなったので、ゆとりのある配置が可能となっています。

また、旧モデルでは天板方向からの排気となっていましたが、新モデルでは、後方の斜めの部分と、背面の両方にファンが配置されており、排熱性能がアップしています。

このように、エアフローが改善しているので、従来よりもファンの回転数を落とすことができ、静音性も高くなっています。

Alienware Aurora R13 [新モデル]
Alienware Aurora R12 [旧モデル]

 

クリアーサイドパネル採用

Alienware Aurora R13 / R14では、クリアーサイドパネル構成が登場しました。

クリアーサイドパネル構成を選択すると、CPUキャップと、ファンにAlienFX照明が備わり、下の画像のようなライティングにより、さらにかっこよくなります。

クリアーサイドパネルは一部の構成で使用可能となっています。カスタマイズ画面の「シャーシオプション」で、「クリアーサイドパネル」となっているか確認するといいでしょう。

左の2台:Alienware Aurora R13(インテルモデル)、右:Alienware Aurora R14(Ryzenモデル)

 

ツールレスで内部へのアクセスが可能

Alienware Aurora R13 / R14は、ツールレスデザインなので、簡単に内部にアクセスすることができます。メモリ・ストレージの増設や換装、グラフィックスカードの交換など、アップグレードも容易に行えます。

 

背面ケーブルカバーも用意 [オプション]

Alienware Aurora R13 / R14には、下の画像のような背面ケーブルカバーも用意されています。マグネット式で脱着も容易です。オプションなので、必要な方はカスタマイズ画面で追加することができます。

背面ケーブルカバーを付けると、どこから見ても、スタイリッシュなデザインとなり、見た目が一段と良くなります。

 

前面・背面

Alienware Aurora R13 / R14の前面と背面は、下の画像のようになっています。

背面には十分な数のポート類を備えていますし、フロントにもUSB3.2やUSB-Cポートが配置されています。

 

第12世代Core搭載

Alienware Aurora R13は、CPUに、いち早くインテル第12世代Coreを搭載しています。

Alienware Aurora R13で選択できるCPUの仕様を簡単に比較すると、下表のようになります。全て末尾がKFとなっており、オーバークロック可能・内蔵GPUなしとなります。

大きな特徴は、Performance Core(パフォーマンスコア)と、Efficient Core(高効率コア)の2種類のコアを搭載していることです。また、DDR5メモリに対応しており、Alienware Aurora R13では、DDR5メモリを実装しています。

インテルにより公表されているベンチマークでは、第11世代Coreはもちろん、Ryzen 5000シリーズを超えるパフォーマンスを記録しているので、高い性能での快適な動作が期待できそうです。

第12世代Coreの仕様比較
  Core i5-12600KF Core i7-12700KF Core i9-12900KF
コア数 10 12 16
P-Core 6 8 8
E-Core 4 4 8
スレッド数 16 20 24
キャッシュ 20MB 25MB 30MB
Base Power 125W
Maximum Turbo Power 150W 190W 241W

 

幅広いグラフィックス性能の選択肢

Alienware Aurora R13 / R14では、下のグラフにあるようなグラフィックスを選択できます。ミドルクラス~ハイエンドクラスまで、搭載するグラフィックスの幅が広いです。

また、Alienware Aurora Ryzen Edition R14では、Radeon RX 6600 XTも選択でき、AMD構成で固めることも可能です。

個人的には、せっかくハイデザインのゲーミングデスクトップなので、RTX 3070以上くらいを搭載し、スペック高めの構成がおすすめです。

3D Mark Time Spy ~ Graphics score ~
RTX 3090 19568
RTX 3080 Ti 18607
RTX 3080 17064
RTX 3070 13393
RTX 3060 Ti 11526
RTX 3060 8650
GTX 1660 Ti 6064
※スコアは別のPCで計測した代表値

 

デルのパソコンをお得に買う方法

以下のリンク先から、DELLのパソコンを購入すると、楽天ポイントがもらえます。どうぞご活用下さい。

 

関連ページ