会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > DELL > Inspiron 15 3000 (3552)

デル Inspiron 15 3000 (3552) の特徴

更新日:2018年8月7日
CPU Celeron N3060
メモリ 4GB
ストレージ 500GB HDD
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 HD 光沢
質量 約2.3kg~
バッテリー 最大7時間
価格 31,331円(税別)~
最安級の15型ノートPC

Inspiron 15 3000 (3552)は、3万円台から購入可能な、15型のノートPCとしては最安クラスのPCです。

入手可能な最安クラスのPCなので、もちろん、性能もそれなりで、決して高性能ではありません。いや、かなり低い性能です。

CPUは2年以上前に発売されたCeleron N3060、ストレージはHDDのみ、ディスプレイはHD液晶です。これらの基本部分はカスタマイズできません。低価格なので、低スペックは仕方がありません。

光学ドライブを搭載しています。

筐体は、オーソドックスなスタイルです。見た目がかっこいいPCではありませんが、良くも悪くも、普通です。

とにかく安いPCを探しているなら、これはおすすめです。ただし、快適さを求めるなら他のPCがよいでしょう。

公式サイトはこちら

Inspiron 15 3000 (3552)の特徴

とにかく安い

Inspiron 15 3000 (3552)は、15型と大型で、光学ドライブも搭載してるのに3万円台で購入できる、とにかく安いノートPCです。

メーカーページでは4種類のモデルがありますが、3年保守付きのモデル、通常モデル、即納モデル、Office付き即納モデルとなっており、PCとしてのスペックはどれも同じです。カスタマイズもできません。

とにかく安いPCが欲しいという場合は、真っ先に候補に入ってくるPCです。ただし、性能も気にするという方であれば、あまりおすすめできません。

 

数年前のCPU

Inspiron 15 3000 (3552)に搭載されているCPUはCeleron N3060で、2016年に発売されたCPUです。もともと、低価格、エントリークラスのCPUだったので、数年たった今は、いくつかあるCeleronのなかでも、特に性能は低めです。

CPUのPassMarkのベンチマーク値を下記の表で比較します。参考のために、Celeron N4000と、2世代前の第6世代Core i3の値も載せています。

PassMarkのベンチマークスコアが2,000程度あれば、Web閲覧などの軽作業を問題なくこなせると、筆者は感じていますが、Inspiron 15 3000 (3552)に搭載されているCeleron N3060は、その半分ほどのスコア値となっています。起動を含めて、PCの作業において、もっさりとした動作にイライラする方は、注意してください。

CPUの比較
  Celeron N3060 Celeron N4000 Core i3-6006U
スコア値 990 1,426 3,111

 

ストレージは500GB HDD

Inspiron 15 3000 (3552)はストレージとして、500GB HDDを搭載しています。SSDは選択できません。

CPUの性能が低くても、SSDであれば体感速度が向上しますが、HDDであるため体感速度はかなり遅く感じると思います。この辺りは安いPCということで、割り切りましょう。

HDディスプレイ

Inspiron 15 3000 (3552)は、HD(1366x768)の液晶を搭載しています。

せっかくの15.6インチの大画面なので、フルHDだとより使い勝手がいいのですが、さすがに3万円台のPCにそこまで求めることはできません。

ただ、Web閲覧などであれば、HDでもそれほど不満を感じることはないでしょう。

 

リムーバブルバッテリー

Inspiron 15 3000 (3552)はバッテリーの交換が可能です。

予備のバッテリーを用意することもできますし、バッテリーがへたってきたら自分で交換することもできます。

最大7時間のバッテリー駆動が可能です。ただし、実際の使用においてはもっと短くなるでしょう。それでも、映画一本ぐらいはバッテリーを気にせず視聴できそうです。

もともと重くてモバイル用途には向いていないので、バッテリー駆動時間がそれほど長くなくても、あまり問題にはならないでしょう。

 

基本的なインターフェイス構成

インターフェイスとしては、HDMI、USB 3.0、USB 2.0 x2、SDカードリーダーを備えています。また、光学ドライブも搭載しています。CPU性能は低いですが、DVD鑑賞ならこなせるスペックですし、データをDVDに保存するといった使い方も可能です。

ただ、兄弟機種で14型のInspiron 14 3000 (3467)にはLANポートもあるのに、より大型のInspiron 15 3000 (3552)にはLANがないのは不思議です。

とはいえ、通常の使用であれば、それほど不足を感じることはないでしょう。ただし、USB Type-Cポートなどはありません。

まとめ

Inspiron 15 3000 (3552)は、非常に安く、15型の大画面のPCを手に入れたい方のための機種です。

徹底的に価格を抑えるために、スペックも抑えられています。

外見はビジネスPCのようですが、かなり低めのスペックのため、ビジネス用途に使用すると作業効率は悪そうです。価格は安いものの、コスパは高くは感じません。

価格と性能のどちらも気にする方であれば、ThinkPad E580や、ideapad 530Sなども比較してみるとよさそうです。

例えば、テンキーを使用してのデータ入力専用など、用途を限って使用するために、とにかく安くPCを入手したい方には、適したPCとなるかもしれません。

 

詳細・購入はこちら

【公式サイトはこちら】
デル Inspiron 15 3000 (3552)

 

 

関連ページ