ASUS、有機ELディスプレイを搭載し9万円台のVivoBook 15 OLED K513EAを発売

更新日:
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
メモリ 8GB DDR4-3200
ストレージ PCIe SSD
液晶サイズ 15.6インチ
液晶種類 FHD 有機EL 光沢
質量 約1.9kg
バッテリー 約4.7時間
価格[税込] 9万円台~
有機ELディスプレイを搭載し9万円台~

ASUSから、有機ELディスプレイを搭載しながら、9万円台からと価格が安い、VivoBook 15 OLED K513EAが発表されました。

既存のVivoBook 15 K513EAをベースに、ディスプレイやストレージ構成を変更した機種のようです。

色域が広く、色鮮やかな表示で、画像や映像を楽しむことができます。 画質にこだわる方の日常使いのPCとして、おすすめです。

ただし、価格を抑えるために、いつくか省かれている部分もあります。

公式サイトはこちら

 

 

製品の特徴

有機ELディスプレイを搭載

VivoBook 15 OLED K513EAは、その名の通り、OLED(有機EL)ディスプレイを搭載しており、この点が最大の特徴となっています。

有機ELディスプレイにより、一般の液晶ディスプレイよりも深みのある黒を表現することができ、コントラスト比が1,000,000:1とメリハリのある表示が可能です。また、100% DCI-P3クラスと色域が広く、PNTONE認証も受けているので、画像や映像を正確な色表現での色鮮やかに表示することができます。ワンランク上のディスプレイで、写真や、動画を楽しむことができるでしょう。仕事用として、鮮やかな表示で画像や映像を見せる必要がある場面で使用しても良さそうです。

ただし、解像度は一般的なノートPCと同じFHD解像度です。

有機ELディスプレイを搭載

 

9万円台からと安い

VivoBook 15 OLED K513EAは、Core i5-1135G7搭載モデルであれば9万円台、Core i7-1165G7搭載モデルでも10万円台で購入することができます。

4K解像度ではなく、FHDではありますが、有機ELディスプレイを搭載した機種としては安いです。

おそらく、価格を抑えたVivoBook 15 K513EAをベースとしています。

 

メモリは8GBのみ

VivoBook 15 OLED K513EAは、メモリが8GBで固定されています。

複数のアプリを同時に立ち上げて使うような場合には、メモリがやや不足する可能性もあります。16GBぐらいのメモリ容量があれば、有機ELディスプレイを活かして、画像編集などのクリエイティブな作業な作業をライトに行ったりする場合でも快適に使えたかもしれないので、やや残念です。

なお、VivoBook 15 K513EAや、下の画像にある海外モデルのVivoBook 15 OLED K513EAを見ると、オンボード+スロットメモリの構成のものもあるようです。

海外モデルのメモリ構成

 

2.5インチベイもありそう

メモリ構成と同じように、VivoBook 15 K513EAや、海外モデルのVivoBook 15 OLED K513EAを確認すると、VivoBook 15 OLED K513EAには、2.5インチベイもありそうです。

ただし、国内で販売されるモデルは、PCIe SSDのみを搭載しているので、2.5インチ用のスペースが有っても、マウンタやケーブルが付属しているかは不明です。これらが揃っていたら、2.5インチSSDを増設して、デュアルストレージ構成で使うのもいいかもしれません。

海外モデルのストレージ構成

 

国内販売モデルにはdGPU搭載なし

海外版のVivoBook 15 OLED K513EAには、GeForce MX350などの外部グラフィックスを搭載したモデルがあるようですが、国内で販売されるモデルはCPU内蔵グラフィックスのみです。

外部グラフィックスを搭載したモデルもあれば、有機ELディスプレイを活用して、クリエイティブな作業にも使用でき、活用できる範囲が広がったかなと思います。

海外モデルのグラフィックス構成

 

3列テンキー付きのキーボード

VivoBook 15 OLED K513EAは、3列テンキー付きのキーボードを搭載しています。標準的な4列テンキーではありませんが、数字の入力も比較的しやすいです。

下の画像は、英語キーボードですが、国内で販売されるモデルには日本語キーボードを搭載しています。エンターキーが黄色く縁取りされており、アクセントとなっています。

バックライトは付いていません。

おそらく、VivoBook 15 K513EAが搭載するキーボードと同じだと思うので、詳細については、こちらのレビューもご覧ください。

キーボード

 

インターフェイス・ウェブカメラ

インターフェイスは、下の画像の通りです。

USB3.0、USB2.0 x2、USB-C(データ転送のみ)、HDMI、microSDカードリーダーを備えています。USB-Cポートを備えているものの、Power Deliveryや、DisplayPort、Thunderbolt 4に対応していないのは残念です。せめて、Power Deliveryに対応していれば、USB-Cアダプターを使用して本体への給電ができたので、便利だったと思います。

インターフェイス

 

ウェブカメラは、約92万画素の標準的なカメラです。IRカメラや、指紋認証リーダーは搭載していないので、顔認証や指紋認証は使用できません。

 

購入先

ASUSから発売された、VivoBook 15 OLED K513EAは、下記のASUS Storeから購入することができます。

ASUS Store

 

関連ページ