レノボ YOGA TABLET 8 の実機レビュー(2)

更新日:2013年11月13日
前へ 1 2  
  目次  

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、タブレットを持つ手が熱くなり不快になります。

本体の裏面を計測しましたが、低い温度でした。不快になるようなことはありません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。低い消費電力です。


外観のチェック

外観です。

 

Webカメラ、電源ボタンです。

 

ヘッドホン端子です。

 

下図の裏面の緑枠の部分は、凹凸のある素材です。

USBケーブルとUSB電源アダプタの画像です。

主な仕様

最後に主な仕様を掲載します。

  YOGA TABLET 8
OS Android 4.2
液晶 8.0型ワイドIPSパネル
1280x800ドット
プロセッサー MediaTek MT8125 1.2GHz クアッドコア プロセッサー
メモリ 1GB
内部ストレージ 16GB
バッテリー駆動時間 約16時間
カメラ OUT:約500万画素
IN:約160万画素
防水 / 防塵 ×
主なスロット micro USB、micro SD
薄さ 3.0-7.3mm
重量 401g

まとめ

以上がYOGA TABLET 8のレビューでした。

バッテリーシリンダー部分が突起しており、普通のタブレットよりは片手で持ちやすいです。ただし、筆者は手が大きいせいか、シリンダーに指が引っ掛かりにくく、"非常に持ちやすい"とは感じませんでした。"やや持ちやすい"といった感想です。もう少しシリンダー部分が楕円になっていたり、指先部分に滑りにくい加工がしてあったりすれば、さらに持ちやすかったと思います。

Androidタブレットで自立スタンドを搭載しているのは珍しいです。しかも、無段階に角度を調節できる点が嬉しいです。新幹線や飛行機、夜行バスに乗っているときや、寝転がっているときに動画鑑賞する際に便利です。頑丈そうで折れにくそうなスタンドです。

スペック面は標準的です。ストレージ容量が16GBしかありませんが、microSDカードを搭載できるため、容量不足はカバーできるでしょう。

詳細はこちら
販売店:ビックカメラ.com