デル Latitude 10の実機レビュー

更新日:2013年2月3日
前へ 1 2  
  目次  

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

冷却ファンは搭載していないため、負荷をかけても動作音はほとんど聞こえません。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

標準的な温度だと思います。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、タブレットを持つ手が熱くなり不快になります。

今回は本体の裏面を計測しています。

やや負荷をかけると、上部中央部分がやや熱くなってきます。縦向きに持つと気になるかもしれません。ただ表面がマットな素材なせいか、局部的に熱くならず全体に拡散して熱くなっているような気がします。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。非常に低い消費電力です。


外観のチェック

外観です。四隅が丸みを帯びており、持つときに手に突き刺さらず、持ちやすいです。

 

裏面です。マットな素材になっており滑りにくいです。指紋跡も目立ちません。

 

薄さは標準的です。

 

液晶と本体の境目です。

 

ACアダプターです。パソコンのACアダプターと比較すると小さいです。ただし、電源ケーブルが太いです。

 

側面です。標準サイズのSDカードを挿入できる点が嬉しいです。なお、本機はLatitude 10 ですが、Latitude 10 Essentialsにはmini HDMIとmicro USBは搭載されていないためご注意ください。

主な仕様

最後に主な仕様を掲載します。

Latitude 10の主な仕様
  Latitude 10
OS Windows 8(32bit)
液晶 10.1インチ(1366x768)IPS液晶
プロセッサー Atom Z2760(デュアルコア)
メモリ 2GB
内部ストレージ 64GB
バッテリー駆動時間 2セル(30 WHr)リチウムイオンバッテリ(ユーザーで交換可能)
カメラ OUT:800万画素
IN:200万画素
サイズ[mm] 274(W) x 176.6(H) x10.5(D)
主なスロット USB、microUSB、miniHDMI、SDカード
重量 約658g

まとめ

以上がデル Latitude 10のレビューでした。

バッテリを交換できる点が特徴的です。バッテリがへたってきた時に、自分で新しいバッテリへ交換できます。他のタブレットの場合、メーカーに送って交換してもらうか、新しいタブレットを買い替えることになります。また、容量の大きいバッテリへ交換できる点も嬉しいです。

CPU、タブレット、タッチパネルの性能面は標準的でしょう。画面解像度がタブレットにしては低めですが、Windowsのデスクトップ画面で作業を行うことも多い場合、この位の解像度のほうが見やすいと思います。これ以上解像度が高くなると文字が小さくなりすぎて、老眼の方にはきついと思います。

ただ、重量が他社タブレットよりも重いため、もう少し軽ければと思います。

詳細はこちら
メーカーサイト:Latitude 10(個人向け)