会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  無線LANの比較 > 価格と機能のバランスで選ぶ無線LANルータ

価格と機能のバランスで選ぶ無線LANルータ

更新日:2012年01月14日

オーバースペックにならないように製品を選ぶ

2012年01月04日現在、無線LANルーターを大きく分類すると、次の3つに分けられます。

無線450Mbps、有線1GBの製品 無線300Mbps、有線1GBの製品 無線300Mbps、有線100Mの製品
無線:最大450Mbps
有線:最大1Gbps
無線:最大300Mbps
有線:最大1Gbps
無線:最大300Mbps
有線:最大100Mbps
無線、有線とも高速だが、価格がやや高い 速度と価格のバランスが良い。これでも十分 有線速度が遅い。非有線LAN環境なら問題ない

一番左の無線速度が最大450Mbpsの製品は、まだ子機が対応していない場合が多く、製品の価格もやや高いです。

価格と性能のバランスの良い無線LANルーターを選ぶなら、真ん中、もしくは一番右の製品が良いと思います。真ん中の製品と、一番右の製品の違いは、有線LANが最大1Gbpsか100Mbpsかの違いです。

自宅でNASなどを使用し、有線LANでデータをやりとりしている場合は、真ん中の製品が良いと思います。大きなファイルをコピーしたりするときに、有線LAN速度が明らかに違います。

有線LANでデータをやりとりすることがない場合は、一番右の製品で十分です。

メーカーとしてはNECの無線LANルーターの評判が良いですが、やや高い傾向があるため、バッファローの無線LANが無難なのではないかと思います。その他のメーカーでも最近はかなり安定してきているので、特に問題はないと思います。

スポンサードリンク