会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  無線LANの比較 > 速度で選ぶ無線LANルータ

速度で選ぶ無線LANルータ

更新日:2012年01月14日

ブロードバンド時代を生かす高速無線LANルータ

最大100Mbpsの通信が可能なブロードバンド時代に、最大54Mbpsしかでない無線LANでは、十分な速度を生かしきれません。また、ハイビジョンテレビを視聴したり、家庭内のNASへアクセスしたり、LAN経由でバックアップしたりする場合、高速な無線LANのほうが十分に性能を発揮できることでしょう。

このページでは、通信速度が速い無線LANルータを紹介していきます。

無線LANの規格

無線LANの速度は、規格によってほぼ決まります。 無線LANの規格は以下をご覧下さい。

規格 速度(理論値)
IEEE802.11n (11n) - 最大450Mbps 450Mbps
IEEE802.11n (11n) - 最大300Mbps 300Mbps
IEEE802.11n (11n) - 最大150Mbps 150Mbps
IEEE802.11g (11a 54Mbps
IEEE802.11g (11g 54Mbps
IEEE802.11b (11b 11Mbps

速度が速い無線LANを選ぶには、最大450Mbpsと製品に記載されているかどうかを確認します。

2.4GHz帯と5GHz帯

無線LANは規格によって周波数帯が異なります。11gと11bは2.4GHz帯を用い障害物に強いのですが電子レンジなどノイズの影響を受けやすいという特徴があります。11aは5GHz帯を用い障害物には同周波数帯を使用している機器がすくないため電波干渉が少なく通信がスムーズですが障害物には弱いという特徴があります。

ここで11nは2.4GHz帯でも5GHz帯でも使用できます。ご自宅の環境によって2.4GHz帯の方が速かったり、5GHz帯のほうが速かったりするので、できれば、2.4GHz帯でも5GHz帯の両方で使える無線LANルータを選びましょう。

有線LANの速度

無線の速度ばかりに気を取られて有線LANの速度は忘れがちですが、ここもチェックしておきましょう。安価な無線LANルータは100Mbpsにしか対応していません。

11nの無線LANルーターの場合、実測値でも無線速度が100Mbpsを超える場合があります。また、自宅内でNASなどを設置しており、有線LANでデータの送受信を行うことがある場合、100Mbpsでは遅く感じてしまいます。

速度を気にするなら1000Mbps(1Gbps)に対応した製品を選びましょう。

以上を踏まえて、下記ページより無線LANルーターをお選び下さい。NECまたはバッファロー製品の人気が高いです。

無線LANルーターの比較(無線450Mbps)

スポンサードリンク