会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  プリンタ/複合機の比較 > MG7130のレビューEP-806Aのレビュー > 頂上対決 MG7130 vs EP-806A

頂上対決!キヤノン ピクサス MG7130 vs エプソン カラリオ EP-806A

更新日:2013年12月11日

はじめに

このページでは、キヤノンとエプソンの中でも売れ筋の家庭向け複合機プリンターの比較を行います。

比較するのは、キヤノン ピクサス MG7130と、エプソン カラリオ EP-806Aです。それぞれのメーカーのイチオシの製品です。印刷が綺麗で、コストパフォーマンスが良く、後々「こんな機能があれば良かった」と後悔しない機種です。年賀状作りにもおすすめです。

比較する2機種
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

Amazonで購入する Amazonで購入する

写真印刷の比較

写真印刷は、両機種とも綺麗です。

搭載しているインクは下図の通りです。MG7130は、グレーインクを搭載している点が特徴です。モノクロ写真や、低彩度のカラー(黒や白に近い色)の再現に優れています。

EP-806Aは、ライトシアン、ライトマゼンダのインクを搭載している点が特徴です。肌色や、青い空など低彩度のカラーが綺麗に印刷されます。

インクの比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

染料:シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック、グレー
顔料:ブラック

染料:シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック、
ライトシアン、ライトマゼンダ

 

次に、実際に印刷した写真を見比べてみます。なお、多くの方は設定を変えずに印刷すると思うため、ここではデフォルトの設定で印刷しています。デフォルトの設定では、両機種とも画像が補正されます。

用紙については、各メーカーの最高級グレードのL判用紙を用いています。MG7130は「プラチナグレード」で、EP-806Aは「クリスピア」です。

下記に印刷した画像を掲載しますが、スキャナで読み取っている上に、ご覧になっている液晶ディスプレイの色再現性や調整によって、色が変わって見えます。実際の写真とは異なるため、参考適度に見て下さい。

どちらのプリントも大変綺麗ですが、写真を見比べてみたところ、EP-806Aのほうが、やや補正が強い印象を受けました。

写真印刷の比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

やや明るく補正されています

花びらが鮮やかに、また全体的に明るめに補正されています

森や草などかなり明るめに補正されています

原画よりやや明るめに、また空は鮮やかに補正されています

原画よりややコントラストが高くなっていますが自然です

原画よりコントラストが高く、少しきつめです。

原画より明るいです

原画より明るいです。また空が鮮やかです

原画よりややコントラストが高いです

肌が鮮やかに健康的な色です

ほぼ補正がなく原画に近いです。また黒つぶれが少ないです

東京タワーが鮮やかです。やや黒つぶれしている部分があります

文書印刷の比較

文字を中心とした文書の印刷は、キヤノン MG7130のほうが綺麗でした。

MG7130は、黒色の文字の印刷に顔料インクを用いているため、はっきりと色も濃く印刷されています。一方、EP-806Aは、染料インクの黒インクを用いているため、やや色が薄くぼやけた感じで印刷されています。

下図は実際に印刷された文書ですが、こちらもスキャナで読み取っているため、実際のプリント文字とはやや異なります。

文書印刷の比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

印刷スピードの比較

印刷スピードを比較してみた結果、L判写真ならEP-806A、A4文書ならMG7130の方がやや速かったです。

まずメーカーが公表しているL判用紙1枚あたりの印刷時間を比較してみると、MG7130は18秒であるのに対し、EP-806Aは14秒と、EP-806Aの方が速いです。

当サイトでの実測でも、L判の写真の印刷はEP-806Aのほうが速かったです。

しかし、A4の文書の印刷を実測した結果は、MG7130のほうが速かったです。

尚、この結果は当サイトでの実測値であり、印刷するデータや印刷の設定によって結果は異なります。


印刷スピードの比較
機種 キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A
メーカー公表値 L判(写真印刷) 18秒 14秒
実測値 L判(写真印刷) 19秒 17秒
A4用紙(文書印刷、カラーあり) 7秒 8秒
A4用紙(文書印刷、モノクロのみ) 4秒 8秒


スキャナ性能の比較

スキャナの性能およびソフトの設定項目などに、差はほとんどありませんでした。

両機種ともに、センサーにはCISを搭載し、最大スキャン解像度は2400dpiです。

ソフトも、両機種とも、スキャン対象に合わせて自動で補正してくれる機能を搭載しています。また、自分で細かく補正内容を設定することも可能です。

下図が実際のスキャン画像です。両方とも「雑誌」を選択してスキャンしています。EP-806Aのほうがやや鮮やかに補正されていますが、文字の見やすさなどは両方とも同じです。


スキャナ画像の比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

※ScanGearの基本モード【雑誌カラー】でスキャン

※「ホームモード」で原稿種を雑誌にしてスキャン 

サイズの比較

サイズは、エプソン EP-806Aのほうがコンパクトです。

高さ、横幅、奥行きと、いずれもEP-806Aのほうが短いです。特に横幅は、EP-806AはMG7130よりも76mmも短いです。

ただし、スキャナ台カバーを開いた状態では、MG7130のほうがやや低かったです。

レーベル印刷の比較

レーベル印刷は、MG7130のほうが様々な印刷に対応しています。

MG7130は、写真を右上と左下に2枚掲載できるなど、写真の載せ方や、文字の入れ方の種類が多彩です。一方、EP-806Aは写真を1枚掲載し、その上に文字を入力するといった単純な印刷しかできません。

MG7130は、レーベル印刷用トレイが給紙トレイの裏側に収納されています。給紙トレイを取り外してからでないとレーベル印刷用トレイを取り出せません。一方、EP-806Aもレーベル印刷用トレイは給紙トレイの裏側に収納されていますが、給紙トレイを取り外さなくてもレーベル印刷用トレイを取り出すことが可能です。


レーベル印刷の比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A


給紙方法の比較

給紙方法は、EP-806Aのほうが給紙方法が多彩です。

EP-806Aは、背面にも給紙トレイがあります(ただし手差し1枚のみ)。ここに厚手の紙をセットすることが可能です。また、2L判やL判を、前面の上段トレイにも下段トレイにもセットすることができます。そのため、例えば上段トレイにL判を、下段トレイに2L判をセットすることができ、写真印刷を主にする方には便利だと思います。

一方、MG7130には背面トレイがありません。また前面の下段トレイには2L判やL判をセットすることができません。


給紙方法の比較
機種 キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A
画像
対応用紙 前面トレイ 上段 2L判/ハイビジョン以下 2L判/ハイビジョン以下
前面トレイ 下段 A4、A5、B5、レター、リーガルサイズ、封筒など大きいサイズの用紙 L判からA4まで全て
背面トレイ なし 手差し1枚のみ
最大給紙枚数 A4用紙 最大125枚 最大100枚
はがき 最大40枚 最大20枚(上トレイ)
最大40枚(下トレイ)

排紙トレイの比較

印刷を実行すると、両機種とも排紙トレイが自動で出てきます。

また、EP-806Aのみ、電源を切ると、排紙トレイが自動で収納されます。


排紙トレイの比較
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

自動で出てくる

自動で出てくる。収納も自動

モバイル&クラウドサービスの比較

モバイル&クラウドサービス機能は、EP-806Aのほうができることが多いです。

モバイル&クラウドサービス機能とは、スマートフォンから印刷したり、インターネットを経由して印刷したり、クラウドサービス(FacebookやEvernoteなど)の画像を印刷したりする機能です。

スマートフォンから印刷できるアプリとして、キヤノンではPIXUS Print、エプソンではEpson iPrintを提供しています。Epson iPrintは、PIXUS Printよりもできることが多いですし、インターネット経由での印刷にも対応しています。

スマートフォンアプリのトップメニュー
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

 

クラウドサービス(FacebookやEvernote)内の画像などを印刷する機能として、キヤノンでは新PIXUSクラウド リンクを提供しています。エプソンではEpson iPrintの中に、同様なサービスが統合されています。ただし、対応しているサービスは、それぞれのメーカーでやや異なります。

画像などの印刷に対応したクラウドサービス
キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

また、エプソンだけ持っている機能として、パソコンから詳細な設定をしつつインターネット経由で印刷できるリモートプリントドライバーや、エプソン 複合機プリンターでスキャンしたデータを、遠隔地のエプソンプリンターで印刷できるメールdeリモート印刷があります。

下の表に、両社が提供するモバイル&クラウドサービスをまとめます。

モバイル&クラウドサービスの比較
  キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A
ローカルネット経由 インターネット経由 ローカルネット経由 インターネット経由
パソコンから印刷 メールからプリント
新PIXUSクラウド リンク(※1)
メールプリント
リモートプリントドライバー
スマートフォン
から印刷
PIXUS Print メールからプリント
新PIXUSクラウド リンク(※1)
Epson iPrint メールプリント
Epson iPrint
プリンターで
スキャンして印刷
× メールdeリモート印刷
※Google クラウドプリントなど他社が提供するサービスは掲載しておりません
※1 Facebookなどのクラウドサービス内の写真のみ印刷できます

まとめ

人物の写真を中心に印刷するなら、エプソン カラリオ EP-806Aが良いと思います。写真だけでなく、テキスト文字中心の文書の印刷も多く印刷するならキヤノン ピクサス MG7130が良いと思います。

設置場所の面では、EP-806Aのほうが幅を取りません。ただ、スキャナ台を開いたときはMG7130のほうが高さを必要としません。

年賀状の印刷は、人物写真を補正するなどしてより綺麗に印刷して送りたい方はEP-806Aを、裏面も宛名も両方綺麗に印刷したい方はMG7130が良いと思います。なお、人物写真を綺麗に印刷したいなら、インクジェット写真用の年賀はがき(60円)を使用することをおすすめします。10円高いですが、見た目はかなり違います。

スマートフォンやタブレットから印刷したい人は、EP-806Aのほうが良いと思います。


キヤノン ピクサス MG7130 エプソン カラリオ EP-806A

 

 

PR:プリンターの設定に困ったら、下記のような製品もあります。
ESET Smart Security プレミア安心パック