会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  プリンタ/複合機の比較 > EPSON > モバイル&クラウドサービス

エプソンのモバイル&クラウドサービス

更新日:2013年12月10日

モバイル&クラウドサービス一覧

エプソンでは、様々なデバイスで、どこからでもプリントできるサービスを提供しています。

ただし、サービス名が色々ありすぎて分かりにくいため、各デバイス毎に使えるプリントサービスを下の表に整理します。

各デバイス毎に使えるアプリ・プリントサービス
  ローカルネット経由で印刷
インターネット経由で印刷
CD添付ソフト メールプリント
リモートプリントドライバー
Google クラウド プリント
Epson iPrint
AirPrint(iOSのみ)
メールプリント
Epson iPrint
Google クラウド プリント
メールdeリモート印刷
※スマートフォンは、AndroidおよびiOSの両方に対応しています。またタブレットも含みます
※赤字はエプソン社が提供するアプリ・サービス
※メーカーサイトに掲載されているサービスのみ記載しています。サードパーティ製のソフトでも印刷可能です

 

この中で、メールプリント、Epson iPrint、リモートプリントドライバー、メールdeリモート印刷は、エプソン社で提供しているサービスで、これらの総称をEpson Connectと呼んでいます。

スマートフォンから印刷する場合は、Epson iPrintを使用しておけば間違いないと思います。ローカルネット(家庭内LAN)経由でもインターネット経由でも印刷することが可能です。Windowsパソコンから遠隔地のプリンターで印刷したい場合、リモートプリントドライバーがおすすめです。割り付けや印刷部数など細かい設定が可能です。

以下、各サービスの詳細を説明します(一部サービスの説明は省きます)。

目次

メールプリント

メールプリントを使用すれば、プリンターへメールを送るだけで印刷することができます。メール本文に記載した文書および添付したファイルを印刷可能です。

外出先からでも印刷でき、Windows、Mac、Android OS、Linux、携帯電話などOSやデバイスを選びません。ただし、メールクライアントによっては不具合が出る場合もあるようです。

仕組みとしては、まずEpson Connectサービスにプリンターを登録し、メールアドレスを1つ取得します。そのメールアドレス宛にメールを送信すると、エプソンのサーバ上にメールが届きます。メールプリントに対応したプリンターは、定期的にサーバ上に印刷ジョブがあるか問い合わせます。ジョブがあれば印刷データをダウンロードして印刷します。

ファイアウォールは、プリンターからエプソンのサーバ方向へ5222番のポートを開けておく必要があります。家庭用のブロードバンドルータのファイアウォールでは、外方向へのポートは全て空いていると思うので、特に設定を追加する必要はありません。企業用のファイアウォール(ルータ)を導入していたり、家庭用ルータでも内→外方向への通信をほとんどブロックしている場合は、5222番ポートを開ける必要があります。

設定方法は次の通りです。製品に添付されるCDよりインストールを行います。



メールプリントの設定手順(Epson Connectへのプリンターの登録手順)

 

メールプリントを利用できるようにすると、下図のような管理画面にアクセスすることができ、各種設定変更や、ログの確認なども行うことができます。


メールプリントの印刷設定画面


プリンターメールアドレス設定画面

 

対応ファイル形式や対応プリンター、詳細については、「メールプリント(エプソン公式ページ)」をご覧ください。

Epson iPrint

Epson iPrintは、App StoreやGoogle Playからアプリ(無料)をダウンロードして使います。

Epson iPrintを使用すれば、iOSやAndroid OSのデバイスから、各種プリントを実行できるようになります。

Epson iPrintでやれることは下図の通りです。レーベル印刷、手書き合成シート印刷、3Dフレーム Printなど他のメーカーと比べて、やれることが多いです。


Epson iPrintのメニュー画面

例として、写真を印刷するときの手順を掲載します(下図参照)。


Epson iPrintでの写真印刷

 

印刷設定も細かく変更できます。


Epson iPrintでの写真印刷

トリミングして印刷(一部のみを切りだして印刷)することも可能です。


Epson iPrintでの写真印刷

 

インターネットを経由して印刷するときは、Epson iPrint上で、「リモートプリンターの追加」の設定を行います。上の「メールプリント」の項目で取得したメールアドレスを入力するだけで設定は完了します。


リモートプリンターの設定

詳細については、「Epson iPrint(エプソン公式ページ)」をご覧ください。

リモートプリントドライバー

リモートプリントドライバーは、Windowsパソコンから遠隔地のプリンターへインターネット経由で印刷指示を行えるソフト(ドライバー)です。

印刷したいファイルを添付してメールを送る「メールプリント」と比べて、細かい印刷設定が可能です。パソコンからインターネット経由で印刷したい場合、通常であればこちらを使用したほうが良いと思います。リモートプリントドライバーが使用できない環境の場合はメールプリントを使うと良いと思います。

ドライバーのインストールは、下記ページより行います。
http://www.epson.jp/connect/remoteprint/

下図は、ドライバーインストール&設定後、Microsoft Wordからリモートプリンターを選択したときの画像です。


Wordのプリンター選択画面

 

プリンターのプロパティを開くと下図のような設定が可能です。用紙の選択や、割り付け、部数、拡大/縮小などを行えます。




リモートプリンターのプロパティ画像

メールdeリモート印刷

メールdeリモート印刷は、エプソン 複合機プリンターから遠隔地のエプソン プリンターで印刷できるサービスです。原稿をスキャナ台に載せ、スキャンデータを遠隔地のプリンターへメールを送って印刷します。仕組みはメールプリントと同じです。

特徴はFAX感覚で使用できるという点です。

写真を印刷するときは、スキャン画像よりも、ファイル画像のほうが綺麗に印刷できるため、利用できるシーンは限定的かなと思います。

ただし、文書を印刷するときは、FAXより印字が断然綺麗であるため、利用価値が高いです。

なお、他社にもメールを受け取るだけで印刷できるプリンターがあります。エプソン プリンターから、このような他社プリンターへメールを送っても、印刷できる場合があります。ちなみに、エプソン EP-806Aからキヤノン MG7130へ、メールdeリモート印刷を実行してみましたが、正常に印刷できました。


メールdeリモート印刷の操作画面

 

 

【以上のサービスを利用できるプリンターのレビュー】
エプソン カラリオ EP-806Aの実機レビュー