会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  プリンタ/複合機の比較 > エプソン カラリオ 2013年発売モデル

エプソン カラリオ 2013年発売モデル

更新日:2013年9月4日

2013年9月3日、エプソンから2013年版複合機・プリンター「カラリオ」シリーズが発表されました。A3印刷に対応したEP-976A3などがラインナップに加わっています。発売は9月19日からです。

下記に簡単に新製品のポイントを説明します。

EP-976A3

2013年モデルから投入された新しい複合機です。A3用紙に対応しているのが特徴です。ただしA3用紙は背面の手差しトレイへセットします。しかも、1枚しかセットできないためご注意ください。

本体サイズがコンパクトですが、スキャナ台はA4サイズとなっています。A3用紙もスキャンできますが、上部、中部、下部と3回に分けてスキャンし、ソフトで合成する方式になるため不便です。

EP-906F

昨年モデルのEP-905Fの後継機となります。ただし、昨年モデルと比べてほとんど変化はありません。

ADF(自動原稿読み取り装置)、FAXの付いた複合機です。

EP-806Aシリーズ(EP-806AW/AB/AR)

昨年モデルのEP-805Aの後継機となります。ただし、仕様を見る限りでは、サイズも機能もほとんど変わりありません。重量がやや軽くなった程度です。今期も主力となる製品です。

EP-776A

昨年モデルのEP-775Aの後継機となりますが、大きな変化はありません。ステイタスLEDが搭載されたことや、赤外線でのダイレクト印刷に対応したこと、重量が軽くなったこと程度です。

EP-806Aシリーズと比較すると、タッチパネルに対応していない点、二段ではなく一段トレイである点、自動両面プリントに対応していない点などが挙げられます。

EP-706A

昨年モデルのEP-705Aの後継機となります。サイズがコンパクトになり、無線LANや前面給紙にも対応しました。

EP-776Aと比較すると、赤外線通信に対応していない点、液晶画面が小さい点などが挙げられます。

PX-436A

昨年モデルのPX-435Aとほぼ変わりありません。型番の先頭が「PX」となっているモデルは顔料インクを用いています。

EP-706Aと比較すると、インクが異なる点、印刷が遅い点、前面給紙に対応していない点、レーベル印刷が出来ない点などが挙げられます。

PX-046A

液晶パネルを搭載していないエントリーモデルの複合機です。ダイレクトプリント機能がなく、パソコンからの印刷しかできません。

EP-306

スキャナ、コピー機能のない単機能プリンターです。

 

2013年9月7日(土)に、エプソンの新製品体験会があるため、後日レビュー記事を掲載します。

 

関連リンク

エプソン ニューリリースページ

Amazon(売れ筋:EP-806AW/AB/AR)

Amazon(A3対応のフラグシップモデル:EP-976A3)